村田基の逆転日記

進化倫理学の威力を試すブログ

中学生がサッカーの練習をしていたらボールが人の家の庭に入ってしまい、それがきっかけで中学生の親が殴られて意識不明の重体になるという事件がありました。日本社会の不寛容さを象徴するような事件です。
 
私が子どものころは、野球のボールがよく人の家の庭に入ってしまい、気安くボールを取らせてくれる家もありましたが、怖くて誰も行けないという家もあり、そのときは泣く泣くボールを諦めなければなりませんでした。
この事件も、きっかけはそのようなことでしょう。ボールをけり込んだ中学生に悪意のないことは明らかなので、容疑者の男がそれを理解すればよかったのですが、目先だけを見ていると、ボールが侵入してくるわ、中学生が侵入してくるわで、許せないという気持ちになったわけです。これはなわばりを守ろうという本能からきているので、ある程度やむをえないことではあります。平手で殴ったというのは行き過ぎですが、こうしたなわばり争いは動物の世界ではよくあることです。
しかし、動物のなわばり争いは一過性のもので、あとを引くことはありません。ところが、道徳を持つ人間はそうはいきません。
「向こうが悪い。悪いことをしたら謝るべきだ」というのが道徳的思考のひとつです。
で、中学生の親は向こうに謝らせようとし、向こうもまた同じことを考えていて争いになったというわけです。
 
ここで、道徳のふたつの利用法について述べておきましょう。
トラブルが起こったとき、謝ってことを収める。これはよい道徳の使い方です。
一方、「お前が悪いから謝れ」というのは、逆にトラブルを起こしてでも自分が優位に立とうとすることで、これは道徳の悪い使い方です。
世の中にはこのふたつの区別のついていない人が多くて、たとえば小さい子どもに「ごめんなさいは?」とむりやり謝らせている母親がいますが、これは完全に間違っています。そして、こういう親に育てられた子どもは大きくなると、機会があれば人に謝らせようとします。たとえば、クレイマーといわれるような人がそれです。
そして、この事件の加害者も被害者もそうした思考法の持ち主だったのでしょう。
 
ともかくこの事件は、道徳が招いた悲劇だといえます。道徳がなければこんなことにはならなかったのですから。
この事件に関して、被害者が悪いとか、中学生が悪いという議論もあります。しかし、そうした議論もまた道徳が招いた混迷なのです。
道徳は誰かに「悪」のレッテルを張って攻撃する道具であって、道徳によって問題を根本的に解決したり、世の中をよくすることはできません(「悪」のレッテルを張った人間を黙らせることで一時的に問題が解決したように見えることはありますが)
 
ともかく、この事件を見れば、道徳がむしろ問題を引き起こすということがよくわかるでしょう。
これからは「脱道徳」の時代です。
 
【中3男子を平手打ち、抗議に来た父親に「死ね」と殴る蹴る】
  サッカーボールが自宅アパートの敷地内に入ったことに腹を立てて中学3年の男子生徒(14)を平手打ちし、抗議に訪れた生徒の父親・武田悦生さん(47)にも暴行を加えて意識不明の重体にさせたとして、千葉県警成田署は30日夜、傷害容疑で成田市の無職・川島一高容疑者(35)を現行犯逮捕した。殴る蹴るの暴行を数十回繰り返した容疑者は「(父親は)謝りに来たと思ったのに抗議で、腹が立った。殺すつもりだった」と供述している。
 成田署によると、川島容疑者は30日午後8時15分頃、自宅アパート敷地内で、同アパートの別棟に住むスポーツ店経営の武田さんに殴る蹴るの暴行を加え、重体にさせた疑いで逮捕された。武田さんは病院に搬送されたが、外傷性クモ膜下出血で意識不明。
 武田さんの長男が同日正午過ぎ、隣接する駐車場から、川島容疑者宅のある棟の高さ2メートル50ほどの壁にサッカーボールを当てるパス練習をしていた際、ボールが誤って壁を越え容疑者の自宅の敷地内に入った。それを目撃した同容疑者は、拾いに来た長男に「何やってんだ」と注意。長男は「すいません」と謝ったが、容疑者は「ニヤついてんじゃねえ」と平手で殴った。
 長男から事情を聞いた両親は午後8時頃、長男を連れて容疑者宅を訪ねた。武田さんが謝罪した上で抗議をすると、容疑者はいきなり殴打。地面に倒れた武田さんに対し「お前なんて死ねよ」などと言いながら、足の裏で背中を踏みつけるなど、殴る蹴るの暴行を数十回繰り返した。母親の「やめて下さい」という叫び声に気付いた数人の近隣住民が現場に駆け付け「それ以上やったら死んじゃうよ」と訴えても聞き入れず、武田さんに意識があることを確認すると、さらに暴行を加えた。長男が通報し、現行犯逮捕となった。
 調べに対し「謝りに来たと思ったのに、オレに謝れと言ってきたから腹が立った。殺すつもりでやった」と供述しているため、県警は傷害から殺人未遂容疑に切り替える方針。川島容疑者は190センチ近い長身でガッチリした体格。アルバイトをしても1~2日しか続かず、両親の援助を受け生活していた。
 武田さんの父・孝一さん(74)によると、武田さんは成田市サッカー協会の理事や中学校のPTA会長も務めており、人望も厚く、これまで川島容疑者を含めて他人とトラブルになったことはなかったという。

2011610602  スポーツ報知)

5月31日は世界禁煙デーだそうで、この機会に私の禁煙体験を書いてみます。
私は20代の終わりごろ、ロングホープを1日3箱吸っていました。これだけの本数になると、のどは痛いし、のべつ吸ってなくてはいけないし、うまいと思える瞬間は少ないし、いいことはなにもないので、禁煙しようと思いました。
禁煙は動機づけがたいせつです。喫煙は肺がんやその他のガン、心臓病、動脈硬化などのリスクを高めること、喫煙者の肺は真っ黒であることなどの知識を頭に叩き込み、健康のためということをメインに禁煙にチャレンジしました。
 
しかし、なかなかうまくいきません。いろいろ試行錯誤したあげく、結局禁煙に成功したのですが、なにが決め手になったかというと、動機づけの変更でした。
 
1日3箱というとかなりの金額になります。計算すると、1年間のタバコ代がほぼ1カ月分の給料に匹敵しました。当時の私はかなりの薄給であったわけですが、1カ月分の給料が煙になって消えていると思うと、実にばかばかしい。私はそんなにケチなほうではないと思いますが、この金額をつねに意識することで禁煙に成功したのです。
 
常識的には健康とか命のほうがお金よりもたいせつだということになりますが、禁煙の動機づけとしては健康とか命はだめなのです。
その理由は簡単です。「太陽と死はじっと見つめることができない」(ラ・ロシュフコー)という言葉があるように、われわれは死をいつも意識から排除しているのです。喫煙は死亡率を高めますよといわれると、そのときはそうかと思いますが、それをいつも意識していることはできないのです。
一方、タバコにかかる金額はことあるごとに意識することができます。
 
1日3箱吸ってる人はあんまりいないかもしれませんが、今はタバコ代が高くなっているので、自分の年間のタバコ代を計算し、さらに10年分のタバコ代、一生のタバコ代なども計算して、それを意識しながら禁煙にチャレンジするといいのではないでしょうか。
 
それから、禁煙は失敗しても後悔せず、何回でもやればいいものだということです。
世の中には1回でも禁煙に失敗すると、意志が弱いとか、だめじゃないかとかいう人がいます。こういう人は他人が成功するのを見たくないので、足を引っ張ろうとしているのです。こういう人は無視して、1回の禁煙は1回の成功だと思って、何回でも禁煙を繰り返して、だんだんとニコチン依存のレベルを下げていくつもりでやったほうがいいと思います。

右や左の労働者諸君! 今日も元気で政治をやってるか!(寅さん風)
 
最近の政界のトピックで大笑いだったのは、海水注入中断をめぐるドタバタ劇でしょう。もともと55分の中断自体がどうでもいいような話で、それをむりやり大ごとにもっていったら、中断そのものがなかったという事実が発覚。いったいなにを騒いでいたのだろうということになってしまいました。
どちらにせよ、被災者支援や被災地復興とは関係のない話で、こんなことにエネルギーや時間を費やすのは愚の骨頂です。
もちろんこれは政界だけのことではありません。政治に関心のある一般の人も同じように騒いでいたわけです。
 
政治的人間というのは、自分は政治に関心のない人間よりも上等な人間だと思っています。しかし、テロ、革命、戦争はすべて政治的人間が引き起こすのです。震災後の今も、復興より政局に血道をあげています。政治的人間はむしろ世の中を悪くしている張本人なのです。
 
しかも、政治的人間というのは年中怒ったり憂えたりしているわけで、怒っているときは血圧だって上がるでしょうし、憂えているときは内臓の働きが悪くなるに違いありません。つまり、不健康な人間なのです。
周りの人間にとっても迷惑です。政治的人間に政治談議をふっかけられたとき、異論をとなえると怒りの火に油を注ぐことになるので、適当に話を合わせなければなりません。
 
つまり、政治的人間というのは、本人も不幸だし、周りにも迷惑だし、世の中にも悪いという最悪の人間です。
 
政治的人間は国をよくしようと必死ですが、がんばればがんばるほど逆に国は悪くなっていきます。なぜなら国を悪くしているのは自分自身だからです。

昔、新聞の投書欄で、夫を亡くした奥さんの悲しみを訴える文章を読み、今も印象に残っています。その夫は病院食を食べながら、「これ、おいしいからお前もお食べ」といってくれたそうです。
夫の思い出として書いてあるのはそれだけで、どんな職業かどんな性格の人かもわかりません。しかし、そのひと言ですべてがわかるような気がします。
私の勝手な想像ですが、その夫は会社ではあまり出世しなかったのではないでしょうか(会社員だとしてですが)。「おいしいからお前もお食べ」というような人は、人を押しのけるようなことはしなさそうだからです。周りの人から信頼され、必要とされながら、そこそこの地位で終わった人のような気がします。
 
「おいしいからお前もお食べ」ということがいえる人はめったにいないでしょう。私は昔つきあっていた女性から、正反対の父親の話を聞きました。
彼女が子どものころ、父親はいただきもののおいしいお菓子を、彼女と弟がうらやましい思いで見つめているのに、1人で全部食べてしまったそうです。食い物の恨みは恐ろしいといいますが、彼女はいまだに根にもっていました。
もちろんその父親は、つねにそういうふるまいをする人でした。
 
愛情があるかないかは、日々のひとつひとつの行動に表れます。
映画やドラマでは、テロリストやギャングに人質にされた子どもを父親が命がけで救出し、それが愛の証であるかのように描かれますが、ばかばかしいことです。テロリストやギャングと戦うのはならず者にもできます。愛があるなら毎日の食卓のふるまいに表れます。
 
「おいしいからお前もお食べ」というような人は社会の隅に追いやられ、自分のことばかりを考える人が幅を利かす世の中です。このことは「悪人は善人を駆逐する」というエントリー(http://blogs.yahoo.co.jp/muratamotoi/3886993.html)でも書きました。
 
こうした世の中を逆転させるのが私の野望です。

公共広告機構(AC)のCMは日本中の人をうんざりさせました。放映回数が多いからうんざりしたのはもちろんですが、それだけではありません。内容にも問題があったからです。
 
たとえば、ぽぽぽぽ~んの「あいさつの魔法」は、アニメも音楽も楽しいので、よくできたCMだと思います。しかし、「あいさつするたび友だちふえるね」というのは間違っています。そんなことで友だちがふえれば、友だちがいなくて悩んでいる人はいなくなります。
あいさつは、言葉さえ覚えれば誰でもできます。また、人間関係の無用な摩擦を避ける効能があります。しかし、あいさつで友だちはできません。あいさつのあと、自分の気持ちを込めた言葉が出せるかどうかが友だちづくりの決め手です。
「あいさつの魔法」のCMは、子どもたちにあいさつさせようという意図のCMでしょう。しかし、あいさつさせるために、「あいさつするたび友だちふえるね」というのは明らかに誇大広告、嘘の広告です。JAROに通報したい。
 
金子みすゞの「こだま」のCMも評判がいいですね。これはもう金子みすゞの詩の力というしかありません。
しかし、そのすばらしい詩のあとに、「やさしく話しかければ、やさしく相手も答えてくれる」という一行が付け足されています。これはもう芸術に対する冒涜です。たぶん著作権者の了解を得てやっているはずなので犯罪にはなりませんが、本来やってはいけないことです。とくに「やさしく話しかければ、やさしく相手も答えてくれる」というのは、詩が読者に伝えようとしていることを直接言葉にしてしまっているので、最悪というしかありません。
 
評判のいいこのふたつのCMにもこのような問題があるのですから、評判の悪いCMはどういうことになるでしょうか。
私にとってのワーストワンのCMは、『「心」は見えないけれど、「心づかい」はだれにでも見える』というやつです。これがテレビで流れるとうんざりしてしまいます。
その次に、手が妙な動きをする「こどもに、あなたの手当てを」というCMも相当うんざりします。
なぜうんざりするのか。その説明はけっこう困難です。あえていえば、道徳そのものがうんざりするものだから、ということでしょうか。
これはもう少し考えを詰めてから書いてみたいと思います。

このページのトップヘ