村田基の逆転日記

進化倫理学の威力を試すブログ

吉野家のCMで、仲村トオル部長がケータイをいじっている部下に「食うときはちゃんと食え」と説教するやつがあります。これ、共感する人が多いでしょうね。丼が目の前に出されているのにまだケータイをいじってるやつ。横にいて、イラッとしてしまう気持ちはよくわかります。
しかし、ケータイを取り上げてパチンと閉じてまで食べさせるのはどうなのでしょうか。
いや、私は断言しますが、仲村部長は間違っています。
 
なぜ仲村部長は間違っているのか説明しましょう。
仲村部長と部下は仕事で外歩きをしているようですが、食事をするときはいわばプライベートタイムです。得意先といっしょに食事をしているなら、ケータイをいじるのは失礼ですから、仲村部長から注意されて当然です。しかし、あのCMの場面なら、どんな食べ方をしても誰にも失礼になりません。
そもそもあの部下は、きりのつくところまでケータイをいじってから、ちゃんと食おうと思っていたのです(たぶん)。一方的にケータイを閉じられるのはすごい不愉快です。
まあ、カッコいい仲村部長から注意されるのは、少しうれしかったりするかもしれませんが。
 
仲村部長は「食うときはちゃんと食え」のあと、「食うっていうのはそういうものだ」といいますが、これは理由がないといっているのと同じです。
ケータイを見ながらダラダラ食べているやつより、集中して食べているやつのほうに好感が持てるということは一般的にありますが、どんな食べ方をするかは個人の自由ですから、とりわけ会社の上司が注意とか命令とか強要をしてはいけません。
 
 
私は吉野家の牛丼は大好きです。なにしろ吉野家の株主ですので、半年ごとに300円の優待券が10枚届くので、その分食べています。
このところ吉野家の株価は低迷しています。一方、ライバルであるすき家のゼンショーはけっこう好調です。この違いはなんなのか。私は今回のCMを見てわかった気がしました。
吉野家は、牛丼は男がガッツリと食べるものだと思っているのです。
すき家は違います。女性でも入りやすい店づくりをして、牛丼のミニサイズもありますし、牛丼ライト(ご飯の代わりに豆腐と野菜が入っていて低カロリー)というのもあります。
すき家は、女性がケータイをいじりながらダラダラと食べるのもありだと思っている気がします。
吉野家は吉野家らしさで勝負するという考え方もありますが、それで業績が低迷してはだめでしょう。昔、ビール業界で生ビールブームというのがあり(瓶詰の生ビールのことです)、各社が生ビールを売り出す中で、キリンビールだけは「ビールはラガーだ」という価値観に固執して、シェアをへらしてしまいました。「牛丼は男らしくガッツリと」とか「ビールはラガーだ」とかいうのは、自分の価値観にこだわっているだけで、お客様のためにという商売の基本から外れている気がします。
 
あと、このCMには、最近の草食系男子に対する批判的な視線もあるような気がします。いろいろと問題の多いCMです。

まだまだ続く嵐のような公共広告機構(AC)のCM。最近は「日本の力を、信じてる」というやつが目立ちます。「信じてる」「信じてる」と繰り返されると、「お前、ほんとは信じてないだろ」といいたくなります。
そこへ殴り込んできたのがサントリーです。昔、サントリーがビール業界に殴り込んだとき、「『純生』の挑戦」といわれましたが、それに続く第二の挑戦ではないでしょうか。
「上を向いて歩こう」と「見上げてごらん夜の星を」のふたつのバージョンがあって、有名人が少しずつ歌い継いでいくというやつです。過去サントリーのCMに出演した人が総勢71人も出ているそうです。まったく商品の宣伝をしないCMなので、とくに印象的です。
 
サントリーのCMは昔からセンスがいいので有名ですが、このCMをつくるに当たっては、宣伝部でこんなやりとりがあったのではないかと勝手に想像しています。
「ACは『がんばろう』とか『団結力』とか『日本の力を信じてる』とかやってるけど、なんか違うんじゃない」
「うん、違うと思う。あれ、むしろ不愉快だよな」
「今は励まされても力は出てこないと思うんだ」
「そうだよ。今ほんとに日本人が必要としているCMを俺たちでつくろうじゃないか」
ということで、「上を向いて歩こう」と「見上げてごらん夜の星を」という哀愁に満ちた曲が選ばれたと思うのです。
 
落ち込んでいる人を励ませば元気になるというのはまったくの誤解です。むしろマイナスになります。
落ち込み方が少しの場合は、励ましたってたいしたことにならないので、今までそれで通ってきただけです。
しかし、深く落ち込んでいる人の場合は、そうはいきません。これは神戸震災のときにかなり知られるようになったと思います。また、うつ病の人を励ましてはいけないというのも今は常識になっています。
心理学で「喪の仕事」という言葉があります。肉親と死別したときなど、悲しみを受け止めていく心の作業がどうしても必要であり、これを中途半端にするとかえってよくないとされます。
たとえば失恋して悲しみに暮れているときは、中島みゆきの曲でも聞いて、思いっきり悲しみにひたったほうが早く立ち直れます。そういうとき、いっしょに悲しみに暮れてくれるのはいい友人です。励ましてくれるのはよくない友人です。
 
今回の大震災にあった日本人はまだまだ悲しみに暮れています。ですから、サントリーのCMは私たちの「喪の仕事」を助けてくれます。
ACの広告は私たちを励まそうとしているようです。
ですから、サントリーはいい友人ですが、ACはよくない友人です。
 
私はテレビで見たある場面が忘れられません。母親が行方不明になった小学生くらいの少女がガレキの海に向かって「お母さーん!」と叫ぶのです。居合わせた人はみんななにもいわずに泣いていました。そんなときに励ましの言葉などありません。
私はこの場面を思い出すたびに今でも涙がにじみます。
日本人はまだまだ「喪の仕事」をしなければなりません。

「統一選、民主敗北」というのが朝刊の見出しでした。民主党が負けるのは納得ですが、そうすると自動的に自民党が勝つことになってしまい、これは納得がいきません。
自民党はなにか自己改革をしたかというと、まったくなにもやっていない。ただ民主党の敵失を攻めているだけです。これでまた自民党が政権に復帰したら、文字通り元の黙阿弥です。
 
私の人生は、物心ついてからというもの、細川政権の一時期を除けば、つねに自民党政権とともにありました。私の政治的人生は最悪でした。
自民党政権下では、国民や知識人やマスコミがどんな議論をしても、それが政策に反映されるということがまったくありません。たとえば八ツ場ダム、川辺川ダム、諫早湾干拓、それに原発もそうですが、官僚と族議員が粛々と建設を進めていきます。外交、防衛も既定路線を進んでいくだけで、たとえば冷戦が終わっても安保体制が見直されることもありません。
その点、民主党政権下では議論が政策に反映される可能性があるだけましです。たとえば、鳩山政権は普天間問題で迷走しましたが、自民党政権下では悪いまま固定されて、迷走することすらなかったのです。
 
夕刊紙は「菅即退陣が民意」という見出しをつけていました。こういう論調は多いですね。ですが、次の首相を誰にするかという案もなしに菅首相退陣をいうのはいかがなものでしょうか。なんか、見合いで断り続けて、どんどん見合い相手のレベルが落ちていくバカ女、バカ男を連想してしまいます。わが身を振り返って妥協することも必要ですし、相手を育てていく努力も必要です。
 
都知事選は石原慎太郎の勝利でした。これでまた次々とおかしな発言をしてくれるでしょうから、ブロガーとしてはネタができてうれしいような。
石原知事はディーゼル車規制と東京マラソンぐらいしかまともな政策をやってないような気がするのですが、それでも人気があります。なぜ人気があるかというと、いかにも権力者然としたところがあるからでしょう。菅首相にはそれがありません。
民衆は権力者らしい権力者を好むもののようです。そして、もっとも権力者らしい権力者といえばヒットラーでしょう。ヒットラーはドイツ民衆の圧倒的な支持を受けました。
 
私は、民主主義的な人間は、権力者らしい権力者を好まないものだと思っています。

ブログを始めてちょうど1週間になりました。毎日更新するという目標は達成できていますが、ちょっと方向性の見えないブログになっているのではないかと反省もしています。
 
始めるときは、「科学的倫理学」をベースにさまざまな問題を切りさばいていこうということで、はっきりした方向性がありました。たとえば死刑制度などについても書く用意をしていたのです。
しかし、ブログを始めたのが震災後という時期です。これは圧倒的に大きな要素です。今この時期に死刑制度の是非など論じるのはどう見てもKYでしょう。アクセスも伸びるとは思えません。そこで、みんなの関心のある震災や原発関係について書き、また、常識に挑戦するような書き方ではなく、いやし系の文章を書くよう心がけました。
ということで、なんだか方向性のないブログになってしまったのです。
どうして震災後のこの時期にブログを始めたのかというと、もともとブログを始めようと心の準備をしていて、ちょうど整ったのがたまたまこの時期だったということです。
間の悪い話です。
 
それに私自身、「科学的倫理学」を世の中に広めていくことについて、まだ気の迷いがあります。「科学的倫理学」が正しいことについては圧倒的な確信があるのですが、これは天動説に対する地動説みたいなものなので、今は宗教裁判こそありませんが、まともに世の中に訴えるとそうとうな反発を買うのではないかという気がしています。その一方で、すごく歓迎されるのではないかという気持ちもあり、突入して市街戦になるか、花とキャンディで迎えられるか、判断しかねているところです。
もっとも、正しいことなら訴えていくしかないので、これは私の性格の弱さというしかありません。
 
しかし、匿名ではなく本名で自分の考えを世の中に訴えていくというのは、誰にとってもむずかしいことではないでしょうか。
私は村田基の名で何冊かの小説を出版しましたが、小説というのは「これはフィクションですよ」という逃げ道があります。小説を書いていない時期は、ライターとして雑誌などに物を書いて生活の糧を得てきましたが、これは匿名性の中での仕事なので、ほとんどプレッシャーはありません。
ですから、こんな極小のアクセスしかないブログといえども、村田基という本名で自分の考えを世の中に訴えていくという初めての経験をしていることになります。
この年になって、またよちよち歩きから始めることになってしまったわけです。
ですから、しばらくは自分の考えが世の中にどう受け止められるかを手探りしながら書いていくつもりです。そのため、なんか正体のよくわからないブログになってしまうかもしれません。
気長に見守ってやってください。
 
 
ところで、「科学的倫理学」ってなんだと思う人も多いでしょうね。
「道徳とは利己主義の産物である」
「人間は道徳という棍棒を持ったサルである」
というのが「科学的倫理学」のキャッチフレーズです。私のホームページで概略を説明しています。
 
「思想から科学へ」村田基(作家)のホームページ
 
   
 

夏場の停電はなんとしても避けたいですね。大規模停電はもちろん計画停電であっても、クーラーが止まってのお年寄りの熱中症死や、冷蔵庫が止まっての食中毒など悲惨な事態が起こりかねません。
節電計画において、会社や工場を休みにし、デパートなどの休日をふやすというのは確実な方法です。いくら節電できるか計算ができますし、それを足し算していけばいいわけです。
問題は、一般家庭で使う電力です。いくら節電を呼びかけても、どれだけ節電してくれるか計算が立ちません。猛暑日が続いてクーラー使用がふえると、大規模停電になりかねません。
そこで、私なりのアイデアを提起したいと思います。
 
まずは、関東圏の会社は社員に長期のバカンスを与えてもらいます。普通の夏季休暇は一週間ぐらいでしょうが、思いきって一カ月ぐらいのバカンスにしてもらわないといけません。全部の会社でなくても、二割、三割ぐらいの会社が実行してくれればいいでしょう。
会社を休みにしても社員が東京ですごしていたら、家庭の電力使用量は変わりませんから、社員に関東圏から出ていってもらおうという狙いです。
一家で東京を出て、どこかの行楽地ですごしてもらえば、一世帯の電力消費がゼロ近くになります(冷蔵庫なんかは動いていますが)。一方、客がへって困っている行楽地、観光地がうるおうという一石二鳥の作戦です。
もっとも、一カ月のバカンスをもらっても、行楽地ですごすのは金がかかっていやだという人も多いでしょう。そのために行楽地では格安のバカンスパックを用意してもらいます。豪華な料理を出すのが売りの旅館も普通の食事にして、サービスもほどほどにしてもらいます。長期滞在客で部屋が埋まれば、安くしてもそれなりの利益は出るのではないでしょうか。
バカンスパックの申し込み状況を把握すれば、どれだけ節電できるか計算ができます。
 
もうひとつの提案は、クーラーの使用をへらすために東京で大規模な打ち水をやるということです。
私は京都の生まれですが、昔はどの家も夏の夕方になると家の前の道路に打ち水をしたものです。まだ舗装道路ではなかったのですが、打ち水の効果はてきめんで、たちまち涼しくなりました。
最近は東京でも実験的に打ち水が行われて、効果が確認されています。
昔はみんなクーラーなどなしに生活していたわけですが、今の東京はヒートアイランド現象でクーラーなしの生活はほとんど考えられません。クーラーの使用を控えようとしたら、なんとかして気温を下げなければいけません。となると、物理的に打ち水が唯一の方法となります。
暑い日は、日中何度も打ち水をします。今の地面はほとんどアスファルトとコンクリートですから、何度もする必要があります。家の屋根や壁にホースで水をかけるのもいいでしょう。
 
また、散水車で道路に水をまくというのも効率的だと思います。
私は去年の九月にベトナムのハノイに旅行したとき、暑いのに閉口しましたが、街の中を散水車が走って水をまいているのを見ました。一時間もすれば乾いてしまうのですが、やはりそこは少し涼しくなります。
今の日本には散水車はあまりないかもしれません。そしたらタンクローリーを改造するという手もあるはずです。また、消防車に出動してもらうのもいいでしょう。
 
現在、政府や経済界で練られている節電計画でいちばん不確実な要素が家庭でのクーラー使用だと思うので、そこに焦点を絞った案を提起してみました。
もっとも、「クーラーをやめて扇風機にしよう」なんていう呼びかけがいちばん効果的だったりするかもしれませんが。

このページのトップヘ