149778_m


10月18日、小室圭氏は赤坂御用地を訪れ、秋篠宮夫妻に結婚のあいさつをするとともに、眞子さまと3年ぶりに再会しました。
松野博一官房長官はこの件について「末永いご多幸と皇室の一層の繁栄をお祈り申し上げたい」と語りました。
眞子さまと小室氏の両人はもちろん、両家、宮内庁、政府のすべてが二人の結婚を認めたことになります。

もともと結婚は「両性の合意のみ」に基づくものですが、皇族の場合はそうではないという説がありました。しかし、ここに至ると制約はありません。
小室氏については、なんだかチャラい感じだとか、弁護士でなくてパラリーガルとはなんじゃとか、ちゃんと稼いでいけるのかとか、いろいろ言われてきましたが、眞子さまが小室氏を選んだ以上、もはやなにも言うべきではありません。

ところが、いまだに二人の結婚を祝福せず、逆に反対し、妨害しようとしている人がいます。
それも、ネット上ではやけに声が大きく、多数派です。

小室圭氏と眞子さまの結婚はどうしてこれほど評判が悪いのでしょうか。
私は前回の「眞子さま・小室圭氏への異様な攻撃の背景」という記事で、皇室と一般国民の格差婚であることから下の立場の小室氏は差別され、皇族もまた神聖であるがゆえに「上への差別」を受けているのだというふうに説明しました。
「下への差別」と「上への差別」ということで、うまい説明かと思ったのですが、あまり説得力がなかったかもしれません。
そこで、今度は別の角度から説明したいと思います。


小室家はごく普通の庶民の家庭です。もしかすると年収は日本の平均よりも低かったかもしれません。
天皇家と比べると「家柄が悪い」ということになり、そのためこの結婚をよく思わない人がいます。
小室氏の父親が元皇族、元華族、大企業の重役、高級官僚、学者などであれば問題はなかったはずです。

しかし、「家柄」にこだわる人はそんなに多くないかもしれません。
逆に、自分たちと同じ庶民が“お姫さま”を射止めたということで喜んでいいはずです。
台所で灰をかぶっていた女性がお城の舞踏会に行ったことで王子さまの心を射止めて結婚したというシンデレラの物語といっしょです。
つまり小室氏は男版シンデレラです。

もっとも、シンデレラは物語の中の存在ですが、小室氏は現実の、しかも自分と同じような存在です。
自分と同じような存在が“お姫さま”をゲットしたわけです。

日本は同調圧力のきわめて強い社会です。
先日、ノーベル物理学賞を受賞した真鍋淑郎氏が「日本では人々はいつも他人を邪魔しないようお互いに気遣っています。彼らはとても調和的な関係を作っています」「アメリカでは自分のしたいようにできます。他人がどう感じるかも気にする必要がありません。私のような研究者にとっては、アメリカでの生活は素晴らしいです」と語ったことから、改めて日本社会の同調圧力に注目が集まりました。

同調圧力とは「出る杭は打たれる」ということでもあります。

小室氏は眞子さまと婚約したことで「出る杭」になりました。
「出る杭」でも、たとえば将棋の藤井聡太三冠のように才能があって出たのならたたかれません。賞賛されます。
小室氏はとくになにかの才能があったわけではなく、たまたま身近に眞子さまがいて、イケメンであることを利用してうまく立ち回って(と思われています)、眞子さまをゲットしたわけです。
その結果、小室氏は将来の天皇陛下である悠仁さまの義兄という立場を手に入れました。
これは「出る杭」の中でも飛び切り出た杭なので、集中的にたたかれたわけです。

小室氏はニューヨークでは髪型をポニーテールにしていて、この姿が報じられると猛烈にたたかれました。結果、赤坂御用地を訪れるときは髪を切っていました。これなど日本社会の同調圧力の強さを見せつけた例です。

小室氏がたたかれたのは、天皇家と比べて「家柄が悪い」ということもありますが、それよりも飛び切りの「出る杭」になったためだと理解したほうがよさそうです。


ヤフーニュースでは小室氏関係のニュースには異様に多くのコメントがつき、そのほとんどすべてが誹謗中傷です。
アメリカ大統領選挙でトランプ大統領が「選挙が盗まれた」と言っていたころ、陰謀論に乗せられた愚かなコメントがあふれましたが、そのころとなんとなく似ています。ただ、今回のほうがコメント数ははるかに多くなっています。
そして、たたかれるのは小室氏だけでなく、眞子さま、秋篠宮家、さらには天皇家にまで及ぶようになりました。

「小室さん、秋篠宮ご夫妻にあいさつ 眞子さまと3年ぶり再会」という記事についたコメントをいくつか引用してみます。

秋篠宮家はこの結婚を止めることは出来ず、多くの国民から皇室を敬う気持ちを奪った。皇族の者としての危機感が余りにも無さすぎる。これが皇室の終わりの始まりになるかもしれないと言うのに···
   ※
日本の皇族は終わりましたね。
これからも皇族必要ですか?
時代は変わっていきます。
今、考える必要があると思います。
必死に働いても給料が安く結婚出来ない、子どもを持てない、自分1人生きるのも大変。そんな時代に皇族に多額の税金を使うのはおかしい気がします。
   ※
一般民間人と同格化した価値観や品格で「国の象徴」として諸外国と交流されては国益を損ねます。
事実、秋篠宮家の言う自主性や皇族としての自覚の無さはすでに国益を損ねています。
国民はそれを憂慮し皇室の存続を懇願し声を上げ続けてきましたが結局は無視されました。
国民の総意の上に基づかない天皇は憲法第一条を完全に崩壊させます。
   ※
あと1週間ちょっとしかない。敬愛される皇室終了のカウントダウンが始まった…

国民の意見は丸無視のご一家。
何度でも言いますが、ロイヤル特権でズルしまくりの男との結婚は今でも反対です。
今後もずっとそうやってズルするんでしょ? 税金原資で。
我々国民はそんなことのために皇室制度を支えているのではない。
そんなに皇族の在り方が分かってないなら、本当に一家もろともお辞めください。
   ※
なんだか「秋篠宮家」自体が、皇室のお荷物になっていく感じですね。国民の象徴として、老若男女問わず、殆どの国民から祝福された、今の令和天皇・皇后のご成婚の時を、懐かしく思い出します。宮内庁の人員が 1,000名以上と聞いて、驚かされました。何をやってるのか解からんし、大した仕事もしないのに「国家公務員」扱いで、悠々自適の生活。まずは、この騒動を引き起こした大元である、彼らの大幅人員削減からでも着手しないと駄目でしょうね。あと、警備費など、この先も無駄に税金を垂れ流しするのではなく、国民に対して「お金の流れ」をきっちりと説明して頂きたいです。

もとは小室氏への敵意からだとはいえ、秋篠宮家や天皇制への敵意も相当なものです。
昔は反天皇制を主張するのは左翼と決まったものですが、こうしたコメントをするのは左翼でもなく、右翼でもないはずで、ごく普通の人なのでしょう。

「税金が使われている」ということにひじょうにこだわっているのは、生活保護バッシングに共通したものを感じます。
こうしたコメントをする人たちにとっては、天皇家は「税金で生活する人たち」であって、生活保護受給者と同じようなものなのかもしれません。
生活保護といっても「最上級生活保護」ですが。

小室氏を「出る杭」としてたたいていた人たちには、天皇家も「出る杭」と見えたのでしょう。


このように天皇家を攻撃していると、どうなるでしょうか。
佳子さま、悠仁さま、愛子さまは、恋愛結婚ができなくなります。見合い結婚も困難になるでしょう。
そして、佳子さま、悠仁さま、愛子さまらは、国民に対して不信感ないし恐怖感を持つようになるに違いありません。
これは天皇制の実質的な崩壊です。
今、結婚に反対している人たちはそこまで考えているでしょうか。