コンプガチャに関する報道の中に「射幸心」という言葉が出てきて、少し驚きました。「射幸心」という言葉はもう死語ではないかと思っていたからです。
私はコンブガチャのことはわかりませんが、コンプガチャは射幸心をあおるからよくないということらしいです。
しかし今、テレビを見ていると、射幸心をあおるCMがいっぱい流されています。高田純次の「当たりたいなら買うしかない」という最高6億円の宝くじBIG、木村拓哉の「1等賞金金額競うよりもたくさんの人に1億当たるのどうですか」というドリームジャンボ宝くじがそうです。
公営ギャンブルのCMも目立ちます。桐谷健太、吉高由里子、佐藤健の競馬、オダギリジョー、長澤まさみ、大森南朋の競輪、南明奈の競艇です。
パチンコ・スロット台のCMもよく見ます。
これだけ大っぴらに射幸心をあおっておいて、コンプガチャの射幸心はよくないというのはおかしな理屈です。
 
いや、それなりの理屈はあるわけです。というのは宝くじも競馬、競輪、競艇も公営だからです(パチンコは民営ですが、警察利権と強く結びついています)
つまり公営が射幸心をあおるのはオーケーだが、民営が射幸心をあおるのはだめという理屈になっているわけです。
こんなところにも日本人の官尊民卑が現れています。
 
そういえば、「官尊民卑」という言葉も死語かもしれません。しかし、これが死語になっているのは、その実態が隠されているからです。
 
たとえば、パチンコ依存症のことはよくマスコミで取り上げられますが、競馬、競輪、競艇の依存症のことはまったくといっていいほどマスコミには出てきません。しかし、実際は、競馬、競輪、競艇の依存症はパチンコ依存症と同じように深刻です(金額が大きくなるだけに競馬、競輪、競艇の依存症のほうがより深刻だともいえます)
つまりこれはギャンブル依存症ということでまとめて取り上げるべきなのですが、マスコミは公営ギャンブルに遠慮して、パチンコ依存症だけを取り上げているのです。
 
けしからんのは、日本の公営ギャンブルは異様にテラ銭が高いことです。公営くじは54%、競馬、競輪、競艇は25%が持っていかれます。
パチンコは競馬などよりはかなり低くなっています。そのためパチプロというのが存在します。賭け麻雀で生活するプロも存在します(これは非合法です)。しかし、競馬の勝ちで生活しているプロというのはまず存在しません。
 
さまざまなテラ銭を比較したサイトがあるので張っておきます。
「賭事・ギャンブルゲームの控除率(テラ銭の割合)
 
賭場を営む博徒にはそれなりの職業倫理や商道徳があり、法外なテラ銭を取ることはありません。最高でも5%ぐらいです。しかし、日本の官僚たちには倫理も道徳もないので、ただ自分たちの利益だけを考えます。そのためギャンブル愛好家はむしり取られる一方です。
 
最近、日本でもカジノをやるべきだという声がよく聞かれます。これも官僚など日本の支配層が自分たちの利益だけを考えているからです。
日本にカジノができれば、当然そのために不幸になる人が出ます。
競馬、競艇、競輪、オートレースのために不幸になる人もいっぱいいます。アルコール依存症とギャンブル依存症は人を不幸にする二大アイテムです。
マスコミはパチンコ依存症のことばかり取り上げす、ギャンブル依存症のことを取り上げるべきです。
 
どうせ日本でカジノをやるのなら、いっそのこと暴力団に経営を任せるという手もあります。そのほうが官僚が経営するよりうまくいきそうですし、暴力団対策にもなります。
ま、これはほとんど冗談ですが、官僚がギャンブルを独占経営している害はきわめて大きいので、なんとかしたいものです。