まだ震災の被災者への寄付をしていません。神戸震災のときはすぐに寄付したのですが。
寄付をする気にならない理由ははっきりしています。東京に住んでいると、余震、原発、計画停電、物不足などがあって、自分も半分被災者になったような気持ちだからです。7日の夜にも大きな余震があり、また地震酔いが復活してしまいました。
もう少し気持ちが落ち着いてきたら寄付をしたいと思います。
 
ところで、こうした日を送る中で、私はひとつのことに気づきました。
今年は花粉症の症状が出ないのです。
今年は去年よりも花粉の量が2倍から10倍だといわれているので、花粉症になることは覚悟していたのに、これはどうしたことでしょうか。
 
それからもうひとつ妙なことがあります。
私は健康のために週に2回ぐらいスポーツジムのプールで泳いでいるのですが、泳いだあとしばしば鼻炎になり、鼻水が止まらなくてティッシュの山を築いてしまいます。雑菌が体に入るせいか、なにかに対するアレルギーかよくわかりませんが、私は“プール鼻”と呼んでいます。2回に1回ぐらいなるでしょうか。治るのに2日ぐらいかかるので、年中鼻をグズグスいわせている感じです。
震災のあとしばらくプールに行くのはやめていましたが、このところ週2回のペースを復活させました。
ところが、まだ一度も“プール鼻”になっていません。
震災のあと、私は健康になったのでしょうか。
 
ちなみに震災後、私は2キロぐらいやせました。“震災ダイエット”などと冗談をいっています。
 
もちろん震災によって健康になるなどということがあるわけありません。これは要するに、体が危機対応モードになっているということでしょう。いつ危機がくるかわからないというときに風邪など引いていられません。そこでいつもより体が免疫力を高めているのでしょう。
体重がへったのもそのせいかと思われます。気がめいって食欲が落ちたということもありますが、たぶん普段よりよけいにエネルギーを消費しているのです。通常の電源に加えて非常用ディーゼル発電機も動かしている状態といえましょうか(われながらうまい比喩ですね)
 
さっきは「危機対応モード」などというへんな言葉を使いましたが、要するにこれは「気が張っている」という状態ですね。気が張っていると風邪を引かないというのは昔からよくいわれます。
だから、これは健康になったのではなく、むりをしている状態です。早く普通の状態に戻らないといけません。
 
ほかの人はどうなんでしょうか。普通に花粉症になっているのでしょうか。
西日本に住んでる人はまた違うのでしょうね。
 
 
ところで、気が張っていると風邪を引かないということに関連して、私はおもしろい経験をしたことがあります。
昔、京都の実家で父が1人暮らしをしていたころのことですが、いつも父の様子を見てくれている知人から、父の体調がひじょうに悪いので入院させようかという相談の電話がかかってきました。こうなると知人に迷惑はかけられません。私が急きょ京都に向かうことになりました。
ただ、そのとき私は風邪を引いていました。鼻水は出るし、せきも出ます。そんな体調の悪い父に風邪をうつしてしまうと命とりになるかもしれないと思いました。しかし、行かないわけにもいかず、新幹線に乗りました。
そのときはとくに意識しなかったのですが、京都に着くころには風邪の症状はおさまっていました。京都では2泊して、父の様子を見ていましたが、結局入院の必要はないということで東京に戻ることにしました。
新幹線に乗ってしばらくすると、鼻水が出てきました。そして、せきも出てきました。2日間まったく消えていた風邪の症状が復活してきたのです。
ひじょうに不思議な気がしたので、よく覚えています。
 
よく一流の歌手はだいじなコンサートのときは風邪を引かないといわれます。もちろんそうなのでしょうが、そこには風邪を引いても症状が出ないという場合も含まれているのだろうと思います。
 
教育界というのはおかしなところで、子どもに「命のたいせつさ」を教えるべきだという議論がされています。いったいどうやって教えるのでしょうか。ご自分は「命のたいせつさ」を誰かから教わったのでしょうか。
私にいわせれば、「命のたいせつさ」は体が知っているのです。体は自分の判断でちゃんと非常用ディーゼル発電機も稼働させますし、たいせつな人を守るためにせきや鼻水も止めます。
もっとも、せきや鼻水が止まることと、菌やウイルスが出なくなることとはちょっと違います。私の体は菌やウイルスのことまでは知らなかったかもしれません。