民主党政権は未熟だからだめだという人がいますが、未熟を否定する人は永遠に成熟を得ることができません。こんな簡単なことがわからないなんて、「どうかしてるぜ!」といいたくなります。
政権交代して、長年野党暮らしの政党が政権の座につけば、未熟なのは当たり前です。それがいけないというなら、政権交代そのものを否定しなければならなくなります。
それに、私の見るところ、菅政権は震災対策をそこそこやっています。それほど批判されるところがあるとは思えません。
もし政権交代がなくて、自民党政権下で大震災が起きていたら、自民党政府は東電のいうことを真に受けて、原発事故はもっと悲惨なことになっていた可能性が高いと思います。
それに、今の民主党政権を批判する人は、自民党の谷垣氏や石原伸晃氏やその他の古い政治家たちがもっとうまくやってくれると思ってるのでしょうか。
 
どうやら日本国民は政権交代を受け止めるには未熟すぎるのかもしれません。