私は政権交代の果実を得るまで民主党政権を支えていくべきだと思っていますが、菅さんに首相の資質があるかというと、それはまた別問題です。
私は菅さんに会ったことがあります。会ったといっても、雑誌の1時間ほどの対談にライターとして同席しただけですが、1時間見ていれば、だいたいどんな人間かわかります。
随行の議員が「菅さんは記者のつまらない質問にもいちいち答えるので困る。無視してしまえばいいのに」とこぼしていたのを覚えています。だから、避難所を視察したときも、「無視するんですか」と声をかけられて戻ってきてしまうのです。小沢一郎は記者の質問など平気で無視していますが、あの対極のタイプです。
私は菅さんのほかにも小泉純一郎、麻生太郎、鳩山由紀夫、岡田克也、石原伸晃など多数の政治家を同様に間近に見ていますが、首相にもっとも必要な資質が危機に際して動じない精神の強さだとすれば、菅さんはそれがもっとも欠けている人間です。些事にこだわり、精神的に不安定なのです。
 
ところが、鳩山政権のあと菅政権を組織したとき、少し菅さんを見直しました。官房長官に仙谷由人、幹事長に枝野幸男を起用したところに人事の妙がありました。
鳩山さんは官房長官に、もう名前も思い出したくないへんな人間(平野博文でした)を配して、人事から失敗してしまいましたが、仙谷由人は精神的にひじょうにタフな人間で、菅さんの欠陥を補うのに向いています。仙谷がタフ担当、枝野が能弁担当というところです。
その後、曲折はありましたが、やはり仙谷と枝野が菅さんをささえる形となっています。
 
さて、菅さんは大震災のような危機対応にはもっとも向かない首相でしたが、経産省や原子力安全・保安院をまったく信じず、東電をどなりつけることで、原発事故への対応は、ほかの誰が首相であるよりもうまくやったと思います。
そして現在は、復興への道筋をつける時期になっています(水素爆発の可能性はまだあるようですが)。この時期は、誰が首相であっても務まります。たとえば、9.11のあとバカなブッシュでも務まったのと同じです。この時期に首相を替えるなんて、よけいな時間を使い、混乱を招くだけです。
 
そもそも、今首相交代をいう人は、今の政治状況がまったくわかっていないと思います。
小泉政権のあと、官邸主導の政治ができる首相でないと務まらなくなっているのです。安倍晋三と福田康夫は精神的にひ弱だったので、だめでした。麻生太郎はひ弱ではありませんでしたが、鈍感力だけの人なので、自民党政権を終わらせてしまいました。
鳩山由紀夫も官邸主導をやるには実力不足で、人事の能力もありませんでした。
 
今首相交代をいう人は誰を念頭に置いているのでしょうか。私が思うに、官邸主導ができるだけの精神的なタフさを持っているのは、今の政界には仙谷由人か小沢一郎しかいません。いや、これには異論があるかもしれませんね。しかし、安倍と福田のつまずきを見れば、よほどの人間でないと務まらないのはわかるでしょう。
 
谷垣禎一は野党の総裁は務まりますが、とても首相が務まるだけのタフさがあるとは思えません。石原伸晃のひ弱さには定評があります。
 
今の菅体制のままで行くのが当面はベストだと思います。