7月20()の報道ステーションはおもしろかったですね。なでしこジャパンが都庁を表敬訪問したときに石原慎太郎都知事があいさつする様子を異例の長さで放映したからです。報道ステーションは時間をかけても放映する価値があると判断したのでしょう。
どういう様子だったかというと、中日スポーツの記事を引用します。
 
「中日スポーツ」2011721 紙面から
石原都知事「なんで銀座でパレードをやらないんだっ! ボケなすだよ。何もねぇんだな。バカばっかり。政府もバカ、都もバカ、JOCもバカ。メディアも何で書かねぇんだよ。パレードをやれば盛り上がってね。気が回らないバカというか。選手たちに顔向けできないよ」
 
こういう調子でなでしこジャパンの監督や選手の前でまくし立てたわけですから、これは確かにニュースバリューがあります。
どういうニュースバリューかというと、石原都知事はもうろくして、老害をふりまいているということです。今からこれでは4年間の任期が案じられます。
 
パレードをやらないのはけしからんという石原都知事の主張が正しいとしても、なでしこジャパンを祝福する場でそれを言うべきではありません。都のスタッフの問題でもあるわけですから、人のいないところでスタッフを叱ればいいわけです。そんな判断もできなくなって、感情のままに行動するというのはゆゆしき事態です。
報道ステーションにおいて都知事は「パレードなんて当然やるもんだと思ってたよ」ということも言っています。ということは、都のスタッフに指示しなかった自分にも責任があります。ひと言「パレードはやるんだろうな」と言えばよかったのです。自分の責任を棚に上げて人をののしるというのも、やはり老害のひとつの現われでしょう。
 
とはいえ、石原都知事の人気はなかなか衰えません。
この人気はイタリアのベルルスコーニ首相の人気と似ています。
ベルルスコーニ首相は、少女売春を初めスキャンダルのデパート状態で、離婚した奥さんからも罵倒され、みずからは暴言・差別発言を吐きまくっていますが、それでも長年首相を務めていられるのはやはり人気があるからです。
石原都知事とベルルスコーニ首相に共通しているのは、「わがままで偉そう」というところです。そして、「わがままで偉そう」というのは要するに父親のイメージなのです。
 
たいていの父親は会社でつらい思いをしているので、その分、家では「わがままで偉そう」にふるまいます。中にはそうでない父親もいますが、少数派です。
国家権力と国民の関係は、父親と子どもの関係に似ています。ですから、国民の多くは、石原都知事やベルルスコーニ首相のような「わがままで偉そう」な権力者を見ると、自分の父親を連想し、親しみを感じます。一方、立派な権力者を見ても親しみは感じません。
 
ということは、くだらない人間ほど政治家として成功する傾向があるということになります。
確かにそうですね。