島田紳助さんが芸能界引退表明をしたことをきっかけに、3回連続で暴力団に関して書いてしまいましたが、私は特に暴力団に詳しいわけではありません。ただ、暴力団に対する見方が普通の人とは違うので、普通の人に書けないことが書けるとは思っています。
 
普通の人は、「暴力団は悪い」という前提から考えます。ですから、暴力団とつきあうのは悪いし、島田紳助さんは悪いし、暴力団の取り締まりを強化するのはよい、という考えになります。
私は、「暴力団が悪いわけがない」という前提から考えます。ですから、どうして暴力団は悪いとされてしまったのだろうかと考え、その歴史を調べます。その中で裁判によらずに懲役刑が科せるという「賭博犯処分規則」という法律があったことなどがわかりましたし、そうしたことから誰が「暴力団は悪い」という考え方を広めたのかを推測しました。
 
私が「暴力団が悪いわけがない」と考えるのは、人間はみな同じだと考えるからです。これはごく当たり前のことですが、今の世の中はこの当たり前のことがわからなくなっています。
確かに今の世の中を見ると、悪い人間やよい人間がいるように見えます。しかし、それはもとは同じ人間であったのが、なんらかの原因で悪い人間やよい人間になったわけです。ですから、過去にさかのぼって調べていけば、悪い人間になった原因がわかり、原因がわかれば、悪い人間を直す方法もわかるはずです。
 
私はこうした考え方を「科学的倫理学」と名づけています。
「科学的倫理学」によると、たとえば暴力団の問題はこのように説明できます。
 
学校のクラスで大勢が一人をイジメているとします。その大勢にイジメる理由を聞けば、あいつは汚い、臭い、のろまだ、バカだ、乱暴だ、ずるいなどというでしょう。その言葉だけ聞くと、まるでイジメられる子どもが悪いようです。
暴力団も、警察や一般人からイジメられています。警察や一般人にイジメる理由を聞けば、いろいろな理由を言うでしょう。その言葉だけ聞くと、まるで暴力団が悪いようです。
つまり暴力団は、クラスでイジメられる子どもと同じようなものです。
そして、現在の暴力団対策は、徹底的にイジメて無力化するか、クラスから追い出してしまおうというやり方です。こんなやり方のうまくいくはずがありません。
正しいやり方は、イジメをやめて、みんな仲良くすることです。
 
なんかすごく当たり前のことですね。
しかし、それでもイジメをやめたくない人もいるでしょう。そういう人は、「イジメるのはあいつが悪いからだ。あいつが改心すればイジメはやめる」というはずです。
改心するべきは自分なんですけどね。