【肥田美佐子のNYリポート】反ウォール街デモ・ロビー案発覚―賞与シーズンを前に「怒れるポピュリズム」爆発を恐れて2011年 11月 25日 15:34 JST
 
犯罪歴や個人破産歴を調べ、運動の信用失堕をねらえ
 
 「『敵対陣営調査』について――。『ウォール街を占拠せよ(OWS)』デモの後援者の身元をつかみ、その動機が、政敵(民主党)同様の冷笑的なものであることを示せれば、OWSの信用は大いに傷つく。運動の指導者たちの犯罪・租税情報、訴訟・個人破産歴などの調査を提案する。しめて85万ドル(約6550万円)なり」
 
 先日、ワシントンDCの有力ロビー会社、クラーク・ライトル・ゲダルディグ・アンド・クランフォード(CLGC)が、クライアントの米国銀行協会(ABA)に、上記の内容を含む反OWSロビー計画案を送ったことが判明した。
 
 「提案――『ウォール街を占拠せよ』への対応」と題された文書は、1124日付だが、19日、米メディアのスクープで、ABAがすでに文書を受け取ったことが明らかになった。15日未明には、ニューヨーク市警(NYPD)が、デモの拠点であるズコッティ公園からテントを撤去するなど、運動への締め付け強化が目立つ。
 
 15日午前2時過ぎ、筆者も現場に駆けつけたが、周辺道路は閉鎖され、地下鉄も運休。記者や議員も含めた200人が逮捕され、青い蛍光色で「NYPD」と車体に大書きされた大型バスが、何台も目の前を走り抜けた。運動開始2カ月目の17日には、大規模デモが行われ、デモ隊と警官の間で流血事件も発生している。
 
 上記文書について、ABAの広報担当者は、一方的に送りつけられたものであり、採用するつもりはないと米メディアに語った。だが、当局の対応強化に加え、米金融界寄りとされる有名ロビー会社がこうした提案をしたことで、長期化し、拡大するデモ活動に危機感を募らせる権力層が増えていることが分かる。
 
 文書によれば、民主党の主要ストラテジストは、OWS支援が大統領選のメリットとなる可能性を検討し始めているという。つまり、ウォール街にとって、デモは単なる「短期間の政治的不快感」にとどまらず、金融機関に長期的な政治・財政上の影響を及ぼしかねないというのだ。 (後略)
 
 
 
やっぱり頭のいいやつはこうやって世の中を操作しているんだろうなと思わせる記事です。要するに政敵をつぶしたい場合、正面から議論するのではなくて、相手のスキャンダル探しをやるわけです。アメリカの大統領選挙のときは、水面下でこうしたことが大いに行われているのでしょう。
日本の政界でも基本的には同じです。政策論争よりも、たとえば外国人や不正企業から政治献金を受けていたとか、女性関係とか、失言とかを追及するわけです。
いささか古い話ですが、沖縄返還の密約をあばいた毎日新聞記者が機密漏洩で起訴されたとき、起訴状に「ひそかに情を通じ」と外務省女性職員との関係を書かれ、世の中の関心は全面的に密約よりも男女関係と機密漏洩のほうにいってしまったということがありました。
 
本筋よりも脇道のスキャンダルのほうに関心がいってしまうのは人間の本能みたいなものです。誰でも政策や外交のことよりも、男女関係やカネのほうが身近ですし、興味があります。
こうした人間の性質を知り尽くした頭のいい連中は、犬に餌を与えるように大衆にスキャンダルを与え、大衆は食いついてしまうわけです。
 
こうした頭のいい連中の罠にはまらないようにするには、まずこういう罠が仕掛けられているのだということを理解する必要があります。
そしてもうひとつ、道徳というものを頭から追い出す必要があります。
 
政治家の男女関係やカネや失言を追及する人というのは、自分が正しいことをしていると思っているのです。そのため、本筋から離れた方向に突っ走ってしまいます。
要するに「正義」に酔っているのです。
「自分が正しいことをしている」という意識がなければ、なにが本筋かを見極めようとするはずです。
頭のいい人から操られないようにするには、「脱道徳」ということも心がけねばなりません。