146回芥川賞の発表があり、円城塔さんと田中慎弥さんが受賞しましたが、田中慎弥さんは高校卒業後一度も働いたことがないということで、“ニートの星”と言われているそうです。また、その記者会見の様子が不機嫌そうで物議をかもしています。
 
田中さんの記者会見のやりとりの全文はこちら。
 
ネットの掲示板では「中二病」ではないかなどと言われているそうですが、その批判は的外れでしょう。おかしなことは言っていません。やや傲慢と思われることは言っていますが、田中さんはすでに川端康成文学賞と三島由紀夫賞を受賞している実績があり、芥川賞は5回目の候補作での受賞です。「もっと早くよこせよ」という気持ちがあって不思議ではありません。
記者会見においてはある程度のサービス精神を発揮することが期待されますが、田中さんとしては出たくて出ているわけではないので、サービス精神がないといって批判するのも筋違いです。
 
ともかく、学校時代イジメにあい、高校卒業後は引きこもり生活になって、ひたすら小説を書いて、なんとか世の中の表舞台に出てきたというのは、今の時代のひとつの典型のような人です。
ちなみに第144回芥川賞を受賞した西村賢太さんは中卒フリーターということで話題になりました。キャラが立っているので、最近はテレビのバラエティ番組で見かけたりします。
こうしたニートやフリーターに光が当たり、その人たちの生活と意見を世の中に知らしめる役割を文学が果たしているというのは、文学の存在価値のひとつとはいえるでしょう。
 
もっとも、私は田中さんや西村さんの作品を読んではいません。受賞が決まるまで名前も知りませんでした。昔は芥川賞と直木賞は、候補作が決まったという小さな新聞記事に必ず目を通して、歴代受賞者もすべて頭に入っていましたが、最近は突然芥川賞・直木賞の発表をテレビで知ります。また、ここ数年の受賞者の名前もほとんど頭に入っていません。
これは自分が年を取ったからというしかありません。昔の作家は知っていますが、最近出てきた作家のことは知らないのです。
 
20代のころは、毎週の流行歌のヒットチャートは頭に入っていました。今はどんな曲がヒットしているのかぜんぜんわかりません。年を取るとはこういうことです。
 
ですから、小説のように感性の要素の強いものは、年寄りが若い人の作品を評価するときは慎重でなければなりません。
 
そこへ石原慎太郎氏が芥川賞選考委員を辞任するというニュースが飛び込んできました。石原氏もさすがにおのれを知ったかと思ったら、辞任の理由がなんだか違うようです。
 
 
石原知事、芥川賞選考委員を辞任の意向 「刺激がない」
東京都の石原慎太郎知事は18日、自身が務めている芥川賞の選考委員について「もう辞める。全然刺激にならないから」と記者団に語った。今回限りで辞任する考えだという。
 
 理由については「若い人に期待してきたけど、もうちょっと自分の人生、文学にとって刺激を受けたい。若い人に足をさらわれるな、と緊張感を覚えさせてくれている作品がない」などと述べた。石原知事は6日の記者会見でも、今の若い作家に欠けているものを問われ、「自分の人生を反映したリアリティーがない。馬鹿みたいな作品ばっかりだよ、今度は」などと話していた。
 
 芥川賞を主催する日本文学振興会によると、石原知事は1995年下半期から選考委員を務めてきた。同振興会は「選考会の中で辞意ともとれる発言があり、近日中に話し合いましょうということになった」としている。(asahi.com 20121181849)
 
 
自分の感性が鈍化したことを棚に上げて、言いたい放題です。
古代ギリシャのデルフォイの神殿には「汝自身を知れ」という言葉が刻まれていたそうですが、この言葉も石原氏には薬にもなりません。
 
とはいえ、あらゆるジャンルにおいて、老人が自分の感性を棚に上げて、新しい作品を否定するということは行われています。小説の世界においては、最終的に読者の支持を得る、本が売れるということで評価が決まりますから、老害といってもそれほど実害がないのは幸いです。
 
石原氏の「(若い作家の作品は)馬鹿みたいな作品ばっかりだよ」という発言を聞いて喜ぶ老人も世の中には多いと思われます。正しく年を取るのはむずかしいものです。