海外旅行をして、改めて日本のよさを認識して、愛国心に目覚めたという人がいます。会ったことはありません。よくそういう文章を読みます。
そういう人もいるのかと、これまでスル―していましたが、よくよく考えるとへんです。日本は豊かで、治安がよくて、細かいところまで心遣いが行き届いた国ですが、そんなことは海外旅行をしなくてもわかっているはずです。
 
もちろん行って初めてわかることもあります。たとえばこの前、フジテレビの「世界行ってみたらホントはこんなトコだった」でベトナムでの道路の渡り方というのをやっていましたが、ベトナムは信号や横断歩道が少ないので、バイクと車が大河のように流れる道路を歩いて渡らなければならず、文字通り命がけです。ベトナムは極端としても、たいていの国は交通マナーが悪いです。赤信号でも歩行者はどんどん歩いていきます。また、その国の独特の交通ルールがあるので、それが飲み込めないうちは、かなり危険な思いをします。
ですから、交通マナーや交通ルールひとつとっても、日本のよさを再認識するということはありえます。
しかし、私は“日本のよさ”を再認識するよりも、その国の日本と違うあり方を認識することに夢中になってしまいます。
たとえば、ベトナムでの道路横断にしても、慣れてくるとコツがわかってきます。いくらバイクや車が走ってきても、ゆっくりと一定のスピードで歩いていけば、バイクや車のほうがよけてくれるのです。こちらが車をよけようとすると、逆に危険なことになります。それがわかると、けっこう平気で渡れるようになりました。
こうした経験ができることも海外旅行のおもしろさです。
そのおもしろさを味わっていれば、“日本のよさ”について思考をめぐらせるということはありません。
 
私が思うに、海外旅行にいって改めて日本のよさを認識したという人は、海外に行ったものの現地になじめず、心を閉ざして、なにも学ばなかった人なのではないでしょうか。
たとえばベトナムに行った人が「ベトナムはどうでしたか」と聞かれて、悪口しか言えないのでは格好が悪いですから、「ベトナムに行ったおかげで日本のよさを再認識しました」と言うわけです。
 
そもそもベトナムと日本とどちらがよいかなどという発想自体つまらないことです。
文化人類学者は未開社会を研究するとき、近代西洋文明とどちらがよいかという発想を排除します。これを文化相対主義といいます。そうでなければ対象を正しく研究できないからです。
海外旅行にいく人も、日本とその国とどちらがよいかなどという発想は排除して、その国のありのままの姿を見てきたいものです。
 
 
ところで、海外留学に行って外国で何年か生活した人でも、その国になじめない人がいます。これは日本人にありがちな欧米コンプレックスのせいと思われますが、こういう人も外国生活によって日本のよさを再認識し、愛国心に目覚めたりします。
このことは「ナショナリズムの克服」(姜尚中・森巣博共著)の中で森巣博氏が語っています。
たとえば江藤淳、西尾幹二、藤岡信勝、藤原正彦といった人たちです。この人たちが異様に“日本”にこだわるのも、留学生活で外国になじめなかったからでしょうか。
そうだとすると、この人たちの思想も薄っぺらなものだということになります。
 
私は、外国に行ったら誰もが外国になじむべきだと主張しているわけではありません。外国になじめない人がいてもしかたありません。“国際人”になれるのは日本人でもごく一部の人でしょう。
ただ、外国に行って、その国になじめなかったのを、「日本のよさを再認識した」などと言ってごまかすのはよくないことだと言いたいわけです。