光市母子殺害事件の被害者遺族である本村洋氏が再婚していたことについて、いろいろ議論があります。自分だけ幸せになるのはけしからんとか、幸せになるのは当然だとか、結婚するのはいいが隠していたのはけしからんとか。
これは明らかに議論が迷走しています。人の結婚をよいとか悪いとか言うほうが間違っています。とはいえ、なにか言いたくなる気持ちもわからないではありません。私もひと言いいたいことがあります。
 
とりあえずニュースソースを張っておきます。
 
光市母子殺害事件の遺族・本村さん 再婚相手は7才年上同僚
 220日、光市母子殺害事件の大月孝行被告(30才)の死刑が確定した。惨劇から13年──遺族の本村洋さん(35才)は会見で、こう思いを語った。
「死刑判決が下されたことに大変満足していますが、喜びの感情は一切ありません」
 そんな本村さんは、2年ほど前に再婚して、光市から少し離れたところに新居を構えて新たな生活をスタートさせているという。
「奥さんは7才年上の同じ会社の同僚だそうです。趣味のテニスを通じて仲良くなったそうですよ」(本村さんの知人)
 犯罪被害者学専攻で、本村さんと交流のある常磐大学大学院の諸澤英道教授が祝福の言葉を寄せる。
 「本当に長い裁判でした。本村さんは妻と娘を思いながら、つらく苦しい日々と闘ってきました。ぶつけようのない怒り、そして寂しさのなかで、彼の気持ちを理解し、ずっと支えてきたパートナーの存在は実に大きなものだったことでしょう。再婚され、共に生きていく人を見つけられたことを祝福したいと思います」
 殺害された弥生さんと夕夏ちゃんの命日には、再婚した妻とともにふたりの墓前を訪れ、手を合わせるという本村さん。会見の終了間際にこう語った。
 「被害者がいつまでも事件のことを引きずって下を向いて生きるんではなく、事件のことを考えながらも前を向いて笑って、自分の人生をしっかりと歩んでいくことが大事だと思います」
 死刑確定翌日、本村さんは本誌の取材に電話で一言だけ答えてくれた。
 「昨日の共同会見でお話しさせていただいた通りです。妻の支え? それはもう普通にしてくれているだけですよ」
※女性セブン201238日号
 
 
人が結婚するのはけしからんという主張は明らかに間違っています。結婚して幸せになるのはたいへんけっこうなことです。
ただ、本村さんの場合においては、ひとつ問題があると思います。自分が結婚して幸せになる一方で、元少年の被告を死刑にするべきだという主張を一貫して行っていたからです。
 
愛する妻子を殺されたときは、激しい喪失感や悲哀に見舞われたでしょう。そして、そこから犯人に対する復讐心が芽生えたとしても不思議ではありません。
そして、本村さんは犯人を死刑にするべきだという主張をマスコミにおいてきわめて強力に展開しました。犯人を死刑にするべきだと主張した被害者遺族はほかにもいますが、これほど強力に、長期に主張した人はいません。
 
私は本村さんの姿をテレビで見るたびに、いつこの人は事件のことを過去のこととして片付け、前を向いて生きていくのだろうと思っていました。
人間は誰でも、忘却という能力を持っているからです。
現に、本村さんは再婚しました。ということは、事件による精神的痛手はかなり癒され、前向きになったのでしょう。
本村さんは「被害者がいつまでも事件のことを引きずって下を向いて生きるんではなく、事件のことを考えながらも前を向いて笑って、自分の人生をしっかりと歩んでいくことが大事だと思います」と語っています。
当然のことでしょう。
 
問題は、それを死刑判決が確定してから語ったことです。なぜリアルタイムで語らなかったのでしょう。本村さんのような被害者遺族が時とともに傷ついた心を癒し、前向きに生きられるようになっていく姿を見せるのは、ほかの被害者遺族にも勇気を与えたに違いありません。
私が本村さんに言いたかったのはそのことです。
 
もっとも、世論は圧倒的に死刑賛成に傾いていて、そうした世論にとって本村さんは一種のヒーローでした。もし本村さんが心境の変化を語れば、少なからぬ人たちが梯子を外されたと思って本村さんを非難したでしょう(現に本村さんの再婚をけしからんと言っている人たちがいます)
本村さんは最初は世論を引っ張っていましたが、いつのまにか世論に引っ張られる人になっていたのかもしれません。