4月29日、群馬県の関越自動車道で大型バスが側壁に衝突し、7名が死亡するという事故がありました。30日のニュース番組はどれも、この事故のことを大々的に取り上げています。
「どれも」といいましたが、もちろんすべてのニュース番組を見たわけではありません。それでも、すべてのニュース番組が大々的に取り上げていることは間違いないと思います。というのは、30日は休日で官庁や企業からのニュースはありませんから、必然的にこの事故を大々的に取り上げざるをえないわけです。
その結果、バス会社は過当競争で、運転手に過酷な労働条件を強いているという、まったく同じ内容のニュースばかりになってしまいます。
もちろん、事実がそうなのだから、同じ内容になるわけですが。
 
私は夜型の生活をしているので、少し寝るのが遅くなると、テレビで朝の情報番組が始まってしまいます。内容は前日のニュースのおさらいで、それがどの番組もあきれるほど同じです。4時から始まる番組を見て、次に4時25分、4時30分、4時45分から始まる番組を見ると、まったく同じ番組を見ているようです。ニュースの順番もほぼ同じで、ということはニュースバリューの判断も各局同じだということです。結局、女子アナの顔が違うだけなので、女子アナの好みで番組を選ぶしかありません。
 
普通、番組のつくり手は、他局と同じ内容の番組はつくりたくないので、なんとかして独自性を出そうとすると思うのですが、どうやらそうではないようです。むしろ他局と同じ内容だと安心するのかもしれません。そういえば、なにか大きな出来事があったとき、ひとつの局が中継の特番を始めると、他局も追随し、テレビ東京以外みんな同じ場面を中継しているということがよくあります。
 
朝8時からのワイドショーや午後のワイドショーにはコメンテーターが出てきますが、コメンテーターの言うこともみな同じです。事故が起これば、悲惨だ、深刻だと言い、事故の責任者を非難します。よい成績を上げたスポーツ選手がいると、みな同じように絶賛します。
普通、人はほかの人と同じことは言いたくないものですし、とくにみなが同じことを言う場合はバランス感覚が働いて逆のことを言ったりしそうなものですが、そういうことはありません。
 
テレビや新聞はこうして同じような内容になっていますが、ネットの中の意見はどうかというと、やはり同じようなものです。事件や事故、政治に関することは、もう判で押したように同じです。
 
もちろんそれが正しければいいのですが、現実はそうではありません。
正しい意見というのは現実を変える力があります。みんなが正しい意見を持てば現実は変わるはずです。みんながずっと同じことを言い続けているというのは、それはきっと正しい意見ではないのです。
 
みんなが同じことを言う。しかも、ずっと同じことを言い続けている。そんなときはうんざりするという普通の感情を持ちたいものです。