日本が中国や韓国とうまくやっていけないのは、帝国主義や植民地主義に対する反省が中途半端であるからだと思います。逆にいうと、ちゃんと反省すれば、日本、中国、韓国は文化的にはきわめて近いのですから、東アジアにEUみたいなものができても不思議ではありません。
 
過去の反省については、橋下徹氏もまともな発言をしています。
 
過去の戦争「総括すべし」 尖閣、竹島めぐり橋下氏「恨み持たれてもしょうがないことも」
産経ニュース2012.9.19 12:59 
 新党「日本維新の会」の代表を務める橋下徹大阪市長は19日、尖閣諸島や竹島の問題に絡み「中国、韓国が何を怒っているのか、しっかり過去の戦争を総括すべきだ。恨みを持たれてもしょうがないこともある」と述べ、問題解決には過去の歴史の再検証が不可欠との認識を示した。
(後略)
 
橋下氏は従軍慰安婦問題について、「強制連行の証拠はない、あるなら韓国の皆さんにも出してもらいたい」と発言して、韓国民の怒りを買ったばかりですが、これについては安倍晋三氏へのエールだという説があります。むしろこちらのほうが橋下氏の本来の考えかもしれません。
 
日本が過去に中国、韓国にひどいことをしたのは当たり前のことで、これを自虐だなんだといって認識しないのは、よほど無知か自己中心的な人です。もっとも、こういう人は日本でも少数派です(ネットだけ見ているとけっこういるようですが)。歴代の政府がちゃんと謝罪して、多くの国民がそれを支持しているのが実際です。
 
しかし、日本人で反省する人も、日本軍が略奪、強姦、虐殺をしたことや、日韓併合で創氏改名の強制をしたことなど、非人道的な行為について反省している人が多いようです。日本がアジアに対して帝国主義的、植民地主義的政策をとったことについてはそれほど反省されていないように思われます。
というのは、帝国主義、植民地主義というのは西洋近代文明と切っても切り離せないもので、西洋近代文明を否定する人はほとんどいないからです。
 
しかし、文明だからといってすべてがいいわけではありません。むしろ文明には病理があります。
このことについて、私は精神分析家で「唯幻論」という独自の思想で知られる岸田秀氏の文章から、まさにコペルニクス的転回とも呼べる発想の転換を学びました。(「唯幻論」についてはいずれ取り上げたいと思っています)
 
記憶による引用ですが、岸田秀氏はこのようなことを書いていました。
「文明はがん細胞のようなものである。近代文明はとりわけ増殖力のつよいがん細胞である」
 
世界が近代文明でおおわれていくさまは、まさにがん細胞の増殖に似ています。
 
日本の場合は、最初は尊皇攘夷をスローガンに、がん細胞つまり近代文明を拒絶しようとしました。しかし、それをやると列強に植民地化されることが明らかだったので、やむをえずみずから近代化をはかりました。つまり決して近代文明をよいものとして受け入れたわけではないのです。
 
私は岸田秀氏の文章から、人類の歴史は「悪人が善人を駆逐する」歴史ではないかと考え、ここから私の思想がブレイクスルーしたともいえます(岸田秀氏は現実否定的な考えの人ですが、私は現実否定を通して人間性の回復をはかろうとする点で違いがあると思います)
 
もちろん近代文明にはすばらしいものがいっぱいあります。私たちは近代文明のおかげで物質的に豊かで、身体的に健康な生活が送れるようになりました。
また、芸術、文化、娯楽なども進歩し、私たちは精神的にも豊かな生活ができるようになりました。
つまり近代文明は物質面、精神面ではすばらしいのですが、倫理面は違います。倫理面はむしろ悪化、堕落しています。
 
たとえば、白人が黒人を奴隷化して、その逆ではなかったのは、単純にいえば白人が文明人だったからです。非文明人である黒人には白人を奴隷化してもうけようなどという邪悪な考えはありませんでした。
帝国主義、植民地主義も同じです。みずからの利益のために平気で人を虐げるというのが帝国主義、植民地主義です。
近代文明人は人を殺すことも平気でできるようになり、20世紀の戦争による死者の数は、それ以前のすべての戦争による死者の数よりも多いといわれます。
 
以上のことを踏まえれば、いち早く近代化して悪に染まった日本人が中国や韓国にひどいことをしたというのは当たり前のこととして認識できるはずです。
文明化をすべてよいことととらえていると、日本は韓国を植民地化することでインフラを整備して識字率も高めて文明化してやったなどと、逆に恩着せがましくなったりします。
しかし、文明は倫理面では堕落している(悪は進化している)と考えると、日本人は韓国人に人として悪いことをしたとして反省し、謝罪するは当然のこととなります。
 
今、中国、韓国に対して謝罪したくない日本人は、いまだに欧米列強のまねをするのが正しいことだと思っているのでしょう(すでに欧米からは梯子を外されているのですが)
 
文明を物質面、精神面、倫理面と分けて、近代文明の倫理面を否定的にとらえると、東アジアの一体化の道が見えてくると思います。