今年のノーベル文学賞は中国の小説家、莫言氏に授与されることに決まりました。期待された村上春樹氏は残念な結果となりました。
莫言氏は映画「赤いコーリャン」の原作者だということですが、私の認識の網にひっかかるのはそこだけで、あとはなにも知りません。
それにしても、中国人作家が受賞したとなると、村上氏の受賞は遠くのかもしれません。授賞する側は地域的な偏りを嫌うからです。
 
私は最初のころは村上氏の作品のよい読者でしたが、「ノルウェイの森」があれよあれよとミリオンセラーになっていくのを見ているうちに読みそこない、そこからあまり読まなくなりました。みんなが読むものは読まなくてもいいかという心理がありますし、私は「科学的倫理学」を理論づける作業をしなければならないので、楽しみのための読書をしている場合ではないということもあります。
 
もちろん村上氏はたいへん優れた作家です。力の入った長編だけでなく、いかにも力を抜いて書いたようなエッセイがおもしろいというところにその力量が表れています。
 
しかし、村上氏の思想的な側面はというと、正直あまり評価できません。
たとえば村上氏は2009年、エルサレム賞を受賞し、エルサレムでの授賞式の記念講演において、「高くて固い壁があり、それにぶつかって壊れる卵があるとしたら、私は常に卵側に立つ」と語りました。これは当時、イスラエル軍がパレスチナのガザ地区に侵攻して国際的な非難を浴びていたので、それを踏まえたものであることは明らかです。
しかし、私は「壁と卵」の比喩にひじょうな違和感を覚えました。今、ウィキペディアで調べてみると、いろいろな人が批判しています。文芸評論家の斎藤美奈子氏は「こういう場合に『自分は壁の側に立つ』と表明する人がいるだろうか」と書き、作家の田中康夫氏は「壁の側にだって一分の理はあるのでは」と語り、フランス現代思想の浅田彰氏は「壁と卵の比喩は曖昧すぎる」と語ったそうです。
ただ、ペレス大統領などイスラエルの政府要人が集まった場所での発言ということで評価できるという見方もあります。
 
私が「壁と卵」の比喩に違和感を覚えたのは、この比喩ではイスラエルとパレスチナの関係が永遠に変わらないことになってしまうからです。
確かに今はイスラエルの軍事力が圧倒的なので、「壁と卵」の比喩でいいですが、歴史を振り返ると、無敵の軍隊や無敵の国家というのはありません。いつかは必ず敗れるときがくるものです。
ですから、私なら、軍事力で保たれている国というのはいつかは滅びる、今は壁でもいずれ卵の側になることを忘れるな、というふうに言います。このほうがイスラエルの要人にもこたえるのではないでしょうか。
 
それから村上氏は9月28日、日中が尖閣問題で対立していることについて朝日新聞に寄稿しました。今や村上氏は大作家ですから、この文章は朝日新聞の一面(と三面)に掲載され、かなり注目されました。
 
村上春樹さん寄稿 「魂の道筋、塞いではならない」
(現在全文は読めなくなっているようです。読みたい人はどこかのサイトで探してください)
 
しかし、読んでもあまりピンときませんでした。ただひとつだけ印象に残ったのは、領土を巡る熱狂は「安酒の酔いに似ている」と表現したところだけです。
要するに愛国的熱狂は「安酒の酔い」だと言ったわけで、これは比喩としてはそんなに悪くありません。しかし、現在愛国的熱狂にとりつかれている人は、「なぜこれが安酒の酔いなのだ。高級酒の酔いとどこが違うのだ」と思うでしょう。そして、そう思う人を説得する論理がありません。
つまり「壁と卵」もそうなのですが、「安酒の酔い」も文学的表現なのです。
村上氏は文学者ですから、それでいいと言ってしまえばそれまでですが、やはり政治的問題について発言するときは、ある間違った考え方があるとして、その考え方がどう間違っているかを明らかにするものでなければならないのではないでしょうか。
 
尖閣問題で日中間が揺れるこの時期に村上氏が寄稿した文章だけに、多くの人がその内容に期待したのではないかと思われますが、正直期待外れと言わざるをえませんでした。
もっとも、このことが村上氏の作家としての評価を下げるようなことにはなりませんが。
 
 
ちなみに私は、ナショナリズムや愛国主義は「国家規模の利己主義」だと言っています。
領土を巡る愛国的熱狂は「国家的利己主義の熱狂」ということになります。
利己主義の熱狂は、自己満足ですから、必ずあとでむなしくなります。
これが「安酒の酔い」ということだと思います。
私流の表現だと「オナニーのあとのむなしさ」ということになります。
 
安倍晋三自民党総裁の著書の題名は「美しい国へ」で、麻生太郎元首相の著書の題名は「とてつもない日本」です。題名からしてオナニー臭が漂っています。
 
愛国主義が実は「国家規模の利己主義」だとわかれば、愛国主義に熱狂することのむなしさもわかるはずです。