総選挙が公示されました。原発、TPP、消費税、公共事業、憲法などが争点になっていますが、各党の公約が入り組んでいて、わけがわかりません。そこで、私なりに争点を整理してみたいと思います(かえって複雑になるかもしれませんが)
 
外交・安全保障については、尖閣問題への対応が注目されていますが、尖閣問題というのは実は小さな問題です。小さな問題を中心に考えると全体が見えなくなります。
では、全体を見るとどうなるのかというと、スーパーパワーであるアメリカを中心に世界は回っているので、対米依存でいくか、対米自立を志すかという問題がいちばんたいせつになります。
鳩山首相は普天間基地の国外県外移設を目指し、東アジア共同体を唱えて対米自立を目指しましたが、ドン・キホーテよろしく散ってしまいました。そのあと、菅首相はもともと左翼ですから対米自立派のはずですが、それはいっさい封印しました。野田首相も同じ路線です。前原氏はもともと対米依存派ですし、岡田氏も似たようなものでしょう。つまり民主党は対米依存です。
 
では、対米自立派は誰かというと、暴走老人の石原慎太郎日本維新の会代表です。石原代表は、「シナになめられ、アメリカの妾(めかけ)で甘んじてきたこの日本を、もうちょっと美しい、したたかな国に仕立て直さなかったら私は死んでも死にきれない。だから老人ながら暴走すると決めた」と語りました。また、「日本は核兵器に関するシミュレーションぐらいやったらいい」「核を持っていないと発言権が圧倒的にない。北朝鮮は核開発しているから、米国もハラハラする」という発言も当然、対米自立を意識したものです。
 
ところが、同じ日本維新の会の橋下徹代表代行は、むしろ対米依存派です。これは集団的自衛権行使を認めるべきだという発言からわかります。日本で語られる集団的自衛権というのは、アメリカがどこかから侵略されたときに日本が助けるという話ではなくて、アメリカがどこかの国に対して軍事行動をするときに日本が助けるという話ですから、対米依存を強める方向になります。
そういう意味では、自民党の安倍晋三総裁も同じです。自主憲法や国防軍を言いながらも、自衛隊を米軍のパシリに差し出すつもりです。
 
あと、対米自立派といえば、もちろん共産党と社民党です。
 
昔は左翼も右翼も基本的には対米自立派でした。左翼は非武装中立、右翼は自主憲法・自主防衛を目指していました。
今、左翼は縮小し、右翼は拡大しましたが、右翼のほとんどが自主防衛を捨てて対米依存に宗旨替えしました。
石原慎太郎代表は暴走ついでにオールド右翼に返ったのでしょう。
とはいえ、一人の暴走老人にできることは限られています。今や対米自立派は絶滅危惧種です。
しかし、対米依存のままいくら中国や韓国とやり合っても、日本は誇りの持てる国になりません。日本の右翼は右翼として機能していません。
 
 
内政については、官僚主導か政治主導かという問題があります。言い換えると行政改革をやれるかどうかです。
民主党政権は政治主導を目指して、玉砕してしまいました。
今、官僚主導打破を明確に目標にしているのはみんなの党です。
日本維新の会も「統治機構を変える」と言っていますが、太陽の党と合併したことで本気度がかなり疑われるようになっています。
安倍晋三自民党総裁は、首相時代に渡辺喜美氏を特命担当大臣に起用して公務員制度改革をやったので、意外と政治主導をやる意志はありますが、これが安倍内閣を短命にしたという説もあります。今、安倍総裁は政治主導や行政改革をあまり主張しませんし、自民党全体の体質として政治主導を目指すということはないでしょう。
小沢一郎氏は官僚と戦う力があると思われますが、日本未来の党の方針はよくわかりません。
 
ということで、一応対米関係と政治主導の観点から自分なりに整理してみましたが、あまり投票の参考にはならなかったようです。
 
脱原発を基準にして投票先を決めるという人は、判断しやすいでしょう。
私自身は、権力を解体する方向を考えて投票先を決めます。
 
強大な権力が存在する社会というのは人間的ではありません。
強力なリーダーシップを求める人がいますが、強力なリーダーシップがいいことをしてくれるとは限りません。「権力は腐敗する。絶対権力は絶対的に腐敗する」という言葉がありますが、強力なリーダーシップも同じです。
反権力の人もいますが、反権力の人が権力を握ると、もっと強大な権力をつくってしまうことがよくあります。これではかえって事態が悪くなります。
権力を次第に解体していく――というのが正しい方向性です。
 
ですから、スーパーパワーであるアメリカの力を減殺していくというのが日本の外交の第一の目的であるべきです(その目的は隠しておいていいのです)
 
自公が過半数になると、安定政権ができますが、これは政官業が癒着した「悪い安定」です。
日本が官僚主導の国であるのは、国民が官僚に対して“お上”意識を持っているからではないかと思われますが、自民党が政権に復帰すると、これまでずっとそうだったように国民は自民党に対しても“お上”意識を持ってしまうでしょう。こうなるとなにも改革ができなくなります。
 
ということで、今のところ私は、自公過半数を阻止するにはどこに投票すればいいかということを基準に考えて投票したいと思っています。