総選挙は予想通り自民党の圧勝ということになりました。
これを前向きにとらえると、政権交代を繰り返すことで少しずつ政治がよくなっていくのだと考えることもできますが、今回の政権交代は前進ではなく後退だと思います。
というのは、自民党が前よりよくなったとはまったく思えないからです。
 
では、なぜ国民が今回は民主党ではなく自民党を選んだのかというと、民主党は“負け犬”のイメージになってしまったからです。“負け犬”に期待しようという人はまずいません。
なぜ民主党が“負け犬”のイメージになってしまったかというと、対米依存と官僚依存を克服しようと戦って、負けてしまったからです。
 
その象徴が普天間基地の国外県外移設と八ツ場ダム建設中止でしょう。どちらも失敗してしまいました。
 
野田首相はむしろ官僚と一体となる作戦で、“負け犬”イメージの払拭に努めましたが、うまくいきませんでした。いくら「決められる政治」をアピールしても、その背後に官僚のいることが読まれてしまったからでしょう。
 
あと、既得権益勢力との情報戦に負けたという面もあります。
たとえば原発事故は、東電と経産省と原子力安全保安院に大いに責任があるわけですが、東電や官僚を守りたい勢力は官邸の失策を追及することで、東電や官僚組織を防衛しようとしました。それにしてやられたといえます。
それが菅直人元首相の選挙区での落選、枝野幸男経産大臣の苦戦という形で現れています。
 
私自身は、民主党は負けたとはいえ、対米依存と官僚依存と戦っただけましだと思っています。自民党を復活させるより、むしろ民主党に再チャレンジさせる方向が正しいと思います。
 
自民党は対米依存と官僚依存と戦う気はまったくなさそうです。
となると、なんの改革もできないことになります。
そのうちまた自民党政権は行き詰まるでしょう。
 
ところで、安倍晋三自民党総裁は、選挙で大勝利したにもかかわらず、笑顔がまったくありませんでした。勝利に浮かれず気を引き締めているのだという解釈もあるでしょうが、いくら気を引き締めても、少しは表情に出るものです。石破茂幹事長はときどき笑顔になっていました。
私は安倍総裁の浮かない顔を見て、お腹の調子が悪いに違いないと解釈しました。
 
これからなにか難局があるたびに、国民は安倍首相の顔を見て、体調を心配しなければならないのでしょうか。