大阪市立桜宮高校で全運動部が活動を停止していて、生徒と保護者が活動再開を望んでいるというニュースを見て、ふと考えました。教育委員会に高校生の部活動を停止させる権限があるのだろうかと。
 
最初、1月15日に大阪市教委が桜宮高校で体罰のあったバスケットボール部とバレーボール部の活動を無期限に停止するというニュースがありました。その後、それが全運動部に拡大されたようです。
体罰を行った顧問の教師を大阪市教委が活動停止にするというのはわかります。しかし、高校生の部活動は本来、高校生が自発的自主的にやるものです。それを停止させる権限が教育委員会にあるのでしょうか。
 
教育基本法には部活動についての記述はありません。学習指導要領にはあります。
 
新学習指導要領・生きる力
1章 総則
4 指導計画の作成等に当たって配慮すべき事項
13) 生徒の自主的,自発的な参加により行われる部活動については,スポーツや文化及び科学等に親しませ,学習意欲の向上や責任感,連帯感の涵養等に資するものであり,学校教育の一環として,教育課程との関連が図られるよう留意すること。その際,地域や学校の実態に応じ,地域の人々の協力,社会教育施設や社会教育関係団体等の各種団体との連携などの運営上の工夫を行うようにすること。
 
「生徒の自主的、自発的な参加により行われる部活動」と明確に書いてあります。命令によってやらせることではないし、同様に命令によってやめさせることでもないと思われます。
早い話が、放課後に生徒がグランドでサッカーをするのは自由です(グランドが空いていればですが)。部活動というのはその延長上にあるものでしょう。たいていはサッカー好きが集まってサッカー同好会をつくり、それがサッカー部に昇格するという形になります。それがある理由からサッカー部に所属する生徒だけサッカーをしてはいけなくなるというのはへんです。
 
教育委員会というのは当然教職員に対して命令することはできますが、まさか保護者に対して命令することはできません。
生徒に対しても同じはずです。教委は学校や教職員を通して指導することになります。
では、校長が部に命令することができるかというと、これもできないはずです。部活動は生徒自治の範疇だからです。
 
もっとも、部活動というのは学校によって違います。
私が通っていた京都の公立高校では、部は生徒会の傘下にありました。生徒会の会長と執行委員は選挙で選ばれます。そして、生徒会が各部に分配する予算を決めていました。私の高校では、野球部はきわめて弱小だったのですが、予算だけはほかの部の数倍あったので、いつも議論になっていました。
部長はもちろん生徒です。教師は顧問という立場です。
 
桜宮高校でも教師は顧問という立場でしたから、部長は生徒だったのでしょう。公立高校というのはだいたいそういう形ではないでしょうか。
 
もっとも、高校野球などを見ていると、たいていおとなが部長を名乗っています。生徒のトップはキャプテン、主将です。
高校野球や私立高校では事情が違うかもしれませんが、桜宮高校では生徒会があり、部活動はその下で行われているはずです。
 
ですから、教委や校長が部活動の停止を命令しても、生徒会なりその部なりはどうしても従わなければならないということはありません。不当だと思えば拒否すればいいのです。
 
今では、このように生徒自治を重視する発想はあまり世の中にないかもしれません。
筑波大学は文部省がもっとも力を入れて設立した大学ですが、ここには学生自治会がありません。文部科学省は学生自治というのはないほうがいいと思っているのでしょう。
また、内申書重視や推薦入学制度の拡充によって教師の生徒に対する力が強まり、それによっても生徒自治は弱体化したように思われます。
 
しかし、桜宮高校の生徒たちには、部活動停止命令が不当だと思えば拒否するという選択肢があるはずです(大会参加などは主催者側が拒否するかもしれませんし、スポーツ推薦なども得られませんが、生徒だけでやれる範囲のことはできます)
 
自分が不当に扱われたと思ったときには拒否するのが当然です。年齢や立場は関係ありません。
それができないから体罰も起こるのです。
 
もっとも、世の中がそうした人間を求めているとは限りません。むしろ体罰を受け入れる子ども、不当に扱われても黙っている人間を求めている面があります。だからブラック企業などがはびこります。
 
今後、おとなは体罰問題の解決策を出してくるでしょうが、どうせくだらない策しか出てきません。
それよりも、生徒自身が体罰を拒否する心の強さを持ち、それでも体罰があった場合は親や校長や教委やそのほかの人に訴え出て戦うという社会的スキルを身につけることがいちばんの解決策です。
こうした心の強さや社会的スキルは人生のあらゆる場面で役立ちます。
 
 
 
【追記】
これを書いたあとで、桜宮高校の全運動部が活動を再開したというニュースがありました。
 
全運動部の再開を承認 バスケ部などは複数指導体制に
大阪市立桜宮高校の男子バスケットボール部主将だった2年の男子生徒=当時(17)=が体罰後に自殺した問題で、大阪市教委は5日、活動停止中の同校の14の運動部の再開を承認した。(後略)
 
「大阪市教委は――承認した」と書かれていますが、大阪市教委にそんな権限があるのかという根本的な疑問が残ります。