3月4日の夜のニュース番組を見ていた人はびっくりしたでしょう。安倍総理が突然アカペラでわけのわからない歌を歌う映像を目にしたからです。
この日、来日したIOC評価委員会のメンバーを前に安倍首相がスピーチをし、その中で東京オリンピックにまつわる思い出の歌を歌ったのです。
 
その歌とスピーチはここで見られます。
 
安倍首相IOCに熱唱アピール ノーカット
 
このところ安倍首相の政権運営は絶好調です。TPP交渉参加の方向は決まりましたが、反対派は沈黙しています。日銀総裁人事についても、麻生財務相は明らかに元財務次官の武藤敏郎氏を推す意向で、安倍首相と衝突するのではないかと思われましたが、すんなりと黒田東彦氏でまとまりました。なにしろ野党が弱体なので、党内がまとまれば怖いものはありません。
 
では、安倍首相はどんどん自信を深めているかというと、そうは見えませんでした。
私はテレビで安倍首相を見るたびにその表情に注目していましたが、いつも浮かない顔に見えました。おそらくお腹の調子がよくないのに違いないと私は推測していました。
安倍首相は常温の水が入った水筒を持ち歩き、国会の委員会の質疑中にも何度も席を外してトイレに行っていたということですから、その推測には十分根拠があります。
 
ところが、4日のスピーチで歌ったときは、明らかに浮かれた表情になっていました。いったい安倍首相になにがあったのでしょうか。
 
そう思って調べてみると、理由がわかりました。安倍首相は2日と3日は休暇を取っていたのです。
 
安倍首相:山梨の別荘で休息
 毎日新聞 20130303日 東京朝刊
 安倍晋三首相は2日、山梨県鳴沢村の別荘に入った。3日まで滞在し、公務は入れずに趣味のゴルフなどを楽しむ予定。妻の昭恵さんも現地で合流した。年明け以降、アルジェリア人質事件、国会審議、2回の海外出張などほぼ休みなく働いてきた首相にとって、つかの間の休息になる。
 
 週明けから国会で13年度予算案の審議が本格化し、中旬には次期日銀正副総裁人事案の採決も控える。周辺は「飛ばしにこだわるゴルフで気分転換したいのでは」と首相の気持ちを代弁した。【飼手勇介】
 
2日と3日、完全休暇を取ったことでお腹の調子がよくなり、それで4日にはしゃいでしまったというわけです。
実にわかりやすい人です。
 
逆に言えば、今の安倍首相にとって障害はお腹の調子だけということでもあります。
マスコミも安倍首相にはきわめてやさしいと言えます。
たとえば先の訪米も、アメリカとの絆を確かめたということになっていますし、森元首相が安倍首相の特使として訪露し、プーチン大統領と話し合ったことも外交の前進ということになっています。
しかし、プーチン大統領は領土問題について「引き分け」という言葉を使い、島の面積を二等分するという考えを持っているようです。かつて鈴木宗男氏が国会議員のときに二島返還論を述べたら大バッシングにあってしまいましたが、それと比べると大違いです。
また、中国や韓国との関係修復もまったく進んでいませんが、そのことも問題とされません。
 
なぜマスコミ(と国民)がこのように安倍政権に甘いかというと、やはりアベノミクスが一応うまくいっているからでしょう。
 
私はかつて「『アベノミクス』はバブルを生む」という記事を書いたことがあります。
 
今も考えは変わっていません。金融緩和や公共投資では実体経済はよくならず、株や土地が高くなる資産バブルを生むだけだと思います(アベノミクスの第三の矢である成長戦略はうまくいくわけないと思っています)
とはいえ、バブルがどのようにして生成するのかを見届けたいという思いもあります。
 
週刊誌の見出しには「安倍バブル」という言葉が踊っています。
しかし、みんなが「これはバブルだ」と思っている間はバブルではありません。
しかし、どんどん株価が上がり、景気もよくなってくると、どんどん警戒心が薄まり、みんなが「日本経済は完全に復活した」「これが日本経済の実力だ」と考えるようになります。これがバブルです。
果たしてそんなときがくるのか、どのようにしてくるのかを見てみたいものです。
 
私は一応株式投資をしているので、うまくやればその過程でもうけることができます。
同じことを考える人が多くて、今ネット証券は新規口座開設ラッシュだそうです。
 
おそらく日本人のほとんどがバブル期待に胸をふくらませているのではないでしょうか。
それまで安倍首相のお腹がもってほしいものです。