ちょっと驚いたニュースがあったので、このブログで取り上げようと思ったのですが、よく読むとニュースの信ぴょう性に疑問があるので、これまで寝かせてきました。しかし、それなりに価値のあるニュースだと思いますし、「疑問のあるニュース」にもおもしろみがあるかと思って、ここで紹介します。
 
駐留部隊:米女性兵士の3割、軍内部でレイプ被害 
毎日新聞 20130319日 0230
 米英軍主導の侵攻から20日で10年を迎えるイラクや国際部隊の駐留が続くアフガニスタンに派遣された米女性兵士延べ28万人の3割以上が、上官らから性的な暴行を受けていたことが分かり、米国内で「見えない戦争」と問題視されている。連邦上院の軍事委員会で13日、「軍内性的トラウマ(MST)」と呼ばれる心的ストレスに関する公聴会が初めて開かれた。新たな被害を恐れ沈黙を余儀なくされてきた被害者は「風穴が開いた」と歓迎している。
 
 カリフォルニア州図書館調査局が昨年9月に発表した実態調査によると、イラクとアフガニスタンに派遣された女性兵士の33.5%が米軍内でレイプされ、63.8%が性的いやがらせを受けたと回答した。国防総省も問題を認めている。軍内での性的暴力は2010年だけで、男性の被害も含め推計1万9000件にのぼる。
 
 上院公聴会で議長を務めたバーバラ・ボクサー議員は「被害申告が出ているのは17%にすぎない」と指摘。「この問題の公聴会を開くのに10年もかかった。変革の第一歩だ」と意義を強調した。
 
 イラク戦争中の03年にクウェートに派遣された前後に米国内基地で上官から性的暴力を受けたコーリン・ブッシュネルさん(39)は、公聴会をインターネットの生中継で見ながら「草の根運動で長年取り組んできたことがようやく公に明るみに出た」と興奮した。証言する予定だったが心的外傷後ストレス障害(PTSD)のため断念。議長の言葉に救われた思いがした。
 
 クウェート派遣前に男性上官からレイプされ、帰還後に女性上官から性的暴力を受けた。「上官を訴えても自分を助けてくれる人がいると思えなかった」。精神的なバランスを崩し、06年に退役。2人の子供がいる家には帰れず、5年近くホームレス生活を続けた。「自分が恥ずかしく、行く場所がなかった」
 
 05年のイラク派遣中に変死した女性米兵ラベナ・ジョンソンさんの両親が、自殺と断定した軍に「殺害された」と異議を唱えていることを知った。ジョンソンさんの遺体には、殴られ、レイプされたと見られる痕が残っていた。下士官時代のつらい記憶と重なり「彼女の無念を伝えるのが使命」と感じた。昨年夏から3カ月、全米12州の退役軍人組織を巡る行脚に出た。
 
退役軍人庁の11年の統計によると、ホームレスの女性退役軍人のうち39%が軍内性暴力の被害者だ。市民団体「女性兵士行動ネットワーク」によると、10年に退役軍人庁のPTSD認定基準が緩和されたが、MSTは申請の32%しか認められていない。全体平均は53%だ。
 
 米国防総省は1月、直接戦闘地域への女性派遣を禁ずる規定の撤廃を発表した。ブッシュネルさんは女性の戦闘任務参加を歓迎しつつ、「今ですら性暴力の告発は難しい。最前線で公正な判断ができるのだろうか」と不安を語った。【ロサンゼルス堀山明子】
 
イラクとアフガニスタンに派遣された女性兵士の33.5%が米軍内でレイプされたというのは驚くべき数字です。
よく反戦的なことを主張する人に対して、「外国の軍隊が攻めてきて妻や娘がレイプされてもいいのか」ということを言いますが、自国の軍隊の中でレイプされていては冗談にもなりません。
 
そもそも軍隊というのは非人間的な組織ですから、そういうことがあってもおかしくないとは思うのですが、33.5%はさすがに多すぎるのではないか、もしかしてセクハラもレイプのうちに数えているのではないかと思って記事を読み直してみると、いくつも疑問が出てきました。
こうした調査は、何人を対象に調査して、そのうち何割の回答を得たかが問題で、調査対象に偏りがなく、その数が多いほど調査結果に信頼性が持てることになりますが、この記事にはそれがまったく書かれていません。また、調査がアンケート形式によるのか面談形式によるのかも書いてありません。レイプ被害というのは人に知られたくないことですから、どういう形式の調査かは重要な問題です。調査の主体がカリフォルニア州図書館調査局だというのも不思議です。
とにかく何人に調査したかがわからないので、「33.5%が米軍内でレイプされ、63.8%が性的いやがらせを受けたと回答した」という数字にもあまり信ぴょう性がないことになります。
 
また、「軍内での性的暴力は2010年だけで、男性の被害も含め推計1万9000件にのぼる」というのは、誰による推計なのかはっきりしません。文脈からして国防総省による推計のような感じですが、カリフォルニア州図書館調査局による推計かもしれず、よくわからない文章です。
 
ほかの新聞が同じことを書いていれば、それと比較することができますが、どうやらこのことを記事にしたのは毎日新聞だけらしくて、そのこともこの記事を疑わしくしています。
 
とはいえ、上院で公聴会が開かれたと書いてあるのはその通りでしょうし、議長を務めたバーバラ・ボクサー議員が「被害申告が出ているのは17%にすぎない」と発言したというのも事実でしょう。
また、「イラク戦争中の03年にクウェートに派遣された前後に米国内基地で上官から性的暴力を受けたコーリン・ブッシュネルさん(39)」についてのことや、「05年のイラク派遣中に変死した女性米兵ラベナ・ジョンソンさんの両親」についてのことも事実でしょう(こういうことでデタラメを書くとは思えません)
とすると、カリフォルニア州図書館調査局による「33.5%が米軍内でレイプされ、63.8%が性的いやがらせを受けた」という発表だけが、調査対象の数や回収率が書いてないので疑わしいということになります。
 
なぜ調査対象の数や回収率が書いてないのでしょうか。紙面が限られているので省略したのかもしれませんが、書けない事情があったのかもしれません。というのは、この調査には軍の協力が得られなかった可能性が大きいと思います。そのため、そうした数字を発表できなかったということも考えられます。
 
ともかく、こうした軍内部の不都合な実態というのは隠されるのが当たり前で、めったに表面に出てきません。その意味でこの記事にはそれなりの価値があると思って紹介することにしました。