麻生太郎財務相が「ある日気づいたら、ワイマール憲法がナチス憲法に変わっていたんですよ。あの手口学んだらどうかね」と発言しました。
問題になったために発言を撤回しましたが、撤回すればいいというものではありません。
 
それにしても、突っ込みどころが多すぎて、どこをどう批判すればいいのか困ります。麻生大臣の頭の中をのぞいてみたい気分です。
橋下徹大阪市長は「ナチスドイツを正当化した発言では決してない。国語力があれば、すぐ分かる」と擁護しましたが、これは国語力で理解できる種類の問題ではありません。政治と心理学(と脳科学?)の問題でしょう。
 
詳しい発言内容はこちらで読めます。
 
麻生副総理の憲法改正めぐる発言の詳細
 
全体として麻生大臣が、憲法改正は静かな中で行うべきだということを述べているのは明らかです。
そして、進歩的なワイマール憲法下でヒトラーが出てきたといいます。これは麻生大臣に限らず改憲派が好んで口にすることです。ヒトラーが出てきたのは、ワイマール憲法のせいではなく、第一次大戦の戦後処理がドイツにとって屈辱的なものであったことが最大の要因ですが。
ただ、ここでワイマール憲法とヒトラーに言及したことがあとにつながってくるのでしょう。
 
ちなみにこの発言があったのは、公益財団法人「国家基本問題研究所」(桜井よしこ理事長)が主催する討論会においてです。会場の聴衆もおそらくはタカ派色の濃い人たちで、麻生大臣にとっては“ホーム”という意識があったかもしれません。
 
麻生大臣は、靖国参拝についてわーわー騒ぐ日本のマスコミを批判します。マスコミが騒ぐから中国や韓国も騒ぐのだというわけです。「あの手口を学んだらどうかね」という発言はその流れで出てきます。
ですから、麻生大臣に好意的に解釈すると、この発言はわーわー騒ぐマスコミに対する皮肉ともとれます。騒ぐマスコミは静かなナチス以下だということをいいたかったのかもしれません。
しかし、国語のテストでそう答えると、間違いなくバツです。
なぜなら「手口」という言葉を使っているからです。これはもちろんナチスが改憲した「手口」のことです。マスコミは改憲するつもりはないのですから、その「手口」を学ぶはずがありません。これはやはり改憲勢力に向けていった言葉と解釈するしかありません。
 
ナチスを正当化するのもひどいことですが、日本の改憲勢力にナチスの真似をしろといっているのですから、もっとひどいことかもしれません。
 
事実誤認もあります。靖国参拝についてマスコミが騒ぐから中国や韓国も騒ぐのだということは、かつて安倍首相もいったことがありますが、事実は、1978年に靖国神社がA級戦犯を合祀し、1980年に自民党が参院選の公約に「公式参拝」「国家護持」を掲げたことで政治の争点となり、1985年8月15日、中曽根康弘首相が「公式参拝」を公言して玉串料を公費から支出して参拝したことでさらに騒ぎが拡大したのです。つまり自民党が仕掛けて騒ぎを起こし、静かに参拝する環境をみずからなくしているのです。
 
「ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった」というのも変ですが、これも好意的に解釈すれば、憲法そのものは変えなかったということをいいたかったのかもしれません(ナチスは全権委任法というのをつくって憲法を骨抜きにした)
 
ここで冷静になって考えると、戦後日本がやってきたことは、憲法そのものは変えずに解釈改憲を積み重ねて自衛隊を強化するという手法です。これはまさにナチスの「手口」に似ています。
つまり戦後の自民党政府はずっと静かに憲法の骨抜きをはかって成功してきたのですが、ここにきて路線転換して改憲を目指すことにしたために騒ぎが起きているのです。マスコミが騒ぎを起こしているのではなく自民党が起こしているのです。
 
そして、今回の麻生大臣の発言によって、さらに騒ぎが拡大してしまいました。「ナチスの手口に学べ」という発言は、世界中から警戒されるものです。もちろんアメリカからもさらに警戒されるでしょう。
これで改憲は事実上不可能になったのではないかと私は思います。
 
国内の政治では野党が弱体化してしまいましたが、その代わりを“ガイアツ”がしてくれるという皮肉な展開です。
 
 
ところで、改憲派の多くは軍国日本を正当化したいという思いを持っています。
そのため、当時の侵略を侵略と認めず、外国から歴史修正主義として批判されたりします。
慰安婦問題にしても、謝るしかないものですが、軍国日本がやったことですからむりやり正当化しようとして、ドツボにはまってしまいます。
 
東京裁判は正当性が疑われるものですが、軍国日本を批判するのは、東京裁判とは無関係です。当時の軍は満州事変も支那事変も勝手に起こし、暴走を続けた挙句に大敗北して、日本人に塗炭の苦しみを味わわせたのです。これを批判しないなど日本人としてありえないことです。
 
軍国日本を正当化する人は、当然同盟国であったナチスドイツも正当化しようとします。麻生大臣の発言は、そういう意味で必然的に出てきたものだといえます。
 
今回の麻生大臣の発言をきっかけに、改憲派もナチス批判の立場は確認したことと思います。
改憲派が次にするべきことは、軍国日本を批判するのか正当化するのか、立場をはっきりさせることです。