日本のネット言論には独特の傾向がありますが、これはほとんど2ちゃんねるの傾向からきているのではないかと私は考えています。
そして、2ちゃんねるの傾向は、ほとんどが2ちゃんねるの創始者で元管理人のひろゆきこと西村博之氏の思想傾向からきているのではないかと私は考えています。
ですから、2ちゃんねるとは「ひろゆきの脳内ワールド」だということを前に書いたことがあります。
では、西村氏の思想傾向とはどのようなものかというと、従来の右翼左翼というような単純な概念ではとらえられず、よくわからないというのが実情です。ただ、2ちゃんねるの傾向イコール西村氏の傾向と見なしておいて間違いはないはずです。
 
そして、その証拠となるようなことが西村氏から発信されました。西村氏からアグネス・チャンさんへの公開質問状です。
 
 
アグネス・チャンさんへの公開質問状
 こんにちは。西村と申します。
 
アグネスさんが、下記のページに書いていることに、どうしても理解出来ないことがあり、お答え頂きたく、公開質問状という形で書かせて頂きました。
 
 
「今一番大事なのは、子供達の為に私たちもできることを考える事です。」
 
と仰られていますが、アグネスさんが募金先にあげている日本ユニセフ協会は、2012年度、募金の81%しか、ユニセフ本部に送っていません。
 
一方、ユニセフ親善大使をされている黒柳徹子さんは、募金の100%をユニセフ本部に送っているそうです。
 
 
子供のためを思えば、100%をユニセフ本部に送っているユニセフ親善大使の黒柳徹子さんを薦めるべきではないでしょうか?
 
 
さて、私からの質問は、1点です。
・募金額の100%をユニセフ本部に送っている黒柳徹子さんの振込先口座を紹介しないのはなぜですか?
以上となります。
 
ご多忙だと思いますので、ご回答を頂けなくても構いませんが、子供のためを思えば、子供により多くのお金が送られる手段を、影響力のあるアグネスさんに御紹介頂けると信じております。
 
よろしくお願いします。
 
 
この公開質問状については、すでにいろいろな批判が出ています。
まず、日本ユニセフ協会という団体(公益財団法人)と黒柳徹子さんという個人を同列に並べるのはおかしいのではないかということです。
また、黒柳徹子さんはユニセフ本部に任命された親善大使ですが、アグネス・チャンさんは日本ユニセフ協会大使です。それぞれの募金口座が別であるのは当たり前です。
それに、アグネス・チャンさんが黒柳徹子さんの口座を募金先として紹介するには、アグネス・チャンさんが黒柳徹子さんを完全に信頼していなければなりませんが、2人の関係についてなにも知らないはずの西村氏が口を出すことではありません。
 
また、日本ユニセフ協会は国連からの財政支援を受けず募金と政府の拠出金によってまかなわれているので、募金から活動資金に回る分があって当然です。19%という額が妥当なのかどうかわかりませんが、かりにすべての募金が黒柳徹子さんに集中すれば、日本ユニセフ協会の活動資金が足りなくなってしまいます。
 
もちろん日本ユニセフ協会が完全にまっとうな団体であるかどうかわかりません。日本赤十字社についてもいろいろな噂があります。だいたい権力とか権威というのは腐敗するもので、ユニセフも十分に権威です。
 
もし日本ユニセフ協会に問題があるなら、ユニセフ本部にも問題のある可能性があります。国連の現地職員が援助物資と引き換えに難民の少女に性的虐待を行っていたとか、国連平和維持軍の兵士が現地の女性をレイプしたとかいうニュースもありました。西村氏が日本ユニセフ協会に募金することが問題だと思うなら、黒柳さん経由で100%ユニセフ本部に募金することも問題と思わなければいけないはずです。
 
このように西村氏はまったくよけいなところに首を突っ込み、論理的にも破綻しています。
 
では、なぜ西村氏はよけいなところに首を突っ込んだかというと、標的が「アグネス・チャンさんの募金活動」であったからでしょう。つまりこれを批判することは「偽善」をあばく「正義の行為」のように見えるのです。
 
もちろんアグネス・チャンさんの行為が「偽善」だといっているわけではありません。すべての慈善行為は「偽善」に見えるものです。
 
2ちゃんねるでは、子どもが難病になって手術に膨大な費用がかかるので親が子どものために募金を求めるといったケースについて、この親は金持ちなのに募金を求めるのはけしからんというスレが立てられて“祭り”になることがよくあります。2ちゃんねらーは募金だの慈善だのが嫌いなのです。
そして、それは西村氏と同じだということが今回の公開質問状でわかりました。
 
西村氏が2ちゃんねるを創始して長年運営しているうちに、西村氏と同じような人間が集まってきて、2ちゃんねるの独特の傾向が生まれたのです。
 
偽善を批判することは、偽善をなくして真の善を目指す行為のように見えますが、実は偽善をなくして真の悪を目指す行為であるかもしれません。
どちらであるかは、偽善を批判する人の日ごろの行動を見ればわかります。
 
西村氏は多くの民事訴訟で敗訴し、多額の賠償金を支払うよう裁判所から命令されていますが、まったく払っていません。
そうした人間がユニセフの募金がよりうまくいくようにと願って公開質問状を出したとは思えません。
となると、公開質問状はアグネス・チャンさん個人に対する攻撃ではないかと思われます。
巨悪を攻撃するのではなく弱い者を攻撃するというのも2ちゃんねるのひとつの特徴です。
 
そもそも裁判所の命令に従わないような人間が公的な発言をすることも問題です。
わが身のことは棚に上げて他人を攻撃するというのも2ちゃんねるのひとつの特徴です。
 
やっぱり2ちゃんねるは「ひろゆきの脳内ワールド」なのだなということを改めて思います。