女性教師が勤務先の高校の入学式を欠席して自分の息子の高校の入学式に出席したことが議論を呼んでいます。
教え子の入学式に出れば息子の入学式に出られず、息子の入学式に出れば教え子の入学式に出られない――「ジレンマ」という言葉の用例に使いたいような事態です。
 
もとになったのはこの記事です。
 
担任、息子の入学式へ…高校教諭勤務先を欠席、教育長が異例の注意
  県西部の県立高校で50代の女性教諭が長男が通う別の高校の入学式に出席するため、担任を務める1年生の入学式(8日)を欠席していたことが分かった。新入生の保護者らは「今の教員は教え子より息子の入学式が大切なのか」と困惑している。
 
 県教育局によると、県内の県立高校では、ほかに男女3人の担任教諭が子息の入学式出席を理由に休暇届を提出し、勤務先の入学式を欠席した。
 
 関根郁夫県教育長は11日に開いた県立高校の校長会で「担任がいないことに気付いた新入生や保護者から心配、不安の声が上がった」と、この事実を報告した上で「生徒が安心して高校生活をスタートできる体制づくりと心配りに努めてほしい」と異例の“注意”を促した。
 
 関係者によると、入学式の担任紹介の中で校長が女性教諭の欠席理由を説明。女性教諭は「入学式という大切な日に担任として皆さんに会うことができないことをおわびします」という文章を事前に作成し、当日、別の教諭が生徒らに配ったという。
 
 来賓として入学式に出席した江野幸一県議(刷新の会)は「担任の自覚、教師の倫理観が欠如している。欠席理由を聞いた新入生たちの気持ちを考えないのか。校長の管理責任も問われる」と憤慨。
 
 県教育局は「教員としての優先順位を考え行動するよう指導する」としている。
 
これがヤフーニュースに取り上げられたことで広く話題になったようです。
 
最近「なぜ僕は『炎上』を恐れないのか」という本を出したブロガーのイケダハヤト氏も、欠勤した教師を擁護する立場から記事を書いています。
 
「教員が、教え子より息子の入学式を大切にする」のは当たり前
 
もちろん教師の行動を批判する意見もいっぱいあります。というか、そちらのほうが多いでしょう。
 
では、私はどう考えるかというと、問題のとらえ方がまったく違います。
 
「教え子の卒業式を優先する教師」
「わが子の卒業式を優先する教師」
のどちらが正しいか、という発想から、ぐるりと認識のコペルニクス的転回をはかって、
 
「わが子の卒業式を優先する教師を批判する人」
「わが子の卒業式を優先する教師を批判しない人」
のどちらが正しいか、というふうに考えるのです。
 
そもそも教師の行動には“家庭の事情”が関わってくるので、外から見ただけでよし悪しは判断できません。あるブログに書いてあった例え話ですが、この女性教師がシングルマザーで、息子が長年の不登校からようやく立ち直って入学式に出たために付き添ったというケースも考えられます(実際は週刊文春の記事によると「夫と長男の3人家族」ということです)
 
ですから、教師の行動のよし悪しを考えてもあまり意味はなく、それよりも、この教師の行動を批判する人と擁護する人がいるのはなぜだろう、どちらが正しいのだろうというふうに考えるのです。
 
これはもちろん教育観の問題です。
もし普通の会社員が会社を休んで子どもの入学式に出たということであれば、誰も批判しません。むしろ子ども思いの親ということで賞賛されるぐらいでしょう。
この場合は教師なので問題になっています。
「普通の会社員」と「教師」とどこが違うのでしょう。
 
ここで思い出されるのが、「教師聖職者論」です。
1951年、日教組が教師倫理要綱において教師を「労働者」と規定しました。それに反対する右派勢力が教師は「聖職者」だと主張して、論争が起きました。
この論争は80年代ごろまで続いていたと思います。
 
しかし、「教師聖職者論」は今も生きています。安倍政権が道徳教育の強化をはかるのも、その根底には「教師聖職者論」があります。
 
左翼は「教師労働者論」で、道徳教育には反対ですが、人間教育や全人教育には賛成です。
人間教育と道徳教育のどこが違うかというと、たいした違いはありません。
そういう意味では左翼も「教師聖職者論」に近いものがあります。
 
つまり右翼も左翼もいまだに「教師聖職者論」を引きずっていますし、国民の多くもそうです。
そのため、教師は人目をはばかってパチンコや風俗に行くこともできません(その分、旅先でハメを外すので旅館関係者からいちばんいやがられる職業です)
 
「教師は聖職者のようであってほしい」というのはあくまで願望であって、願望と現実は違います。
教師もただの人間です。
 
ですから今回の論争では、教師もただの人間だと思う人は、教師が息子の入学式に出席したからといって、そういうこともあるだろうなと思うだけですが、「教師聖職者論」を引きずった人は、こんな教師はけしからんといって批判するという図式になっているわけです(また、「教師聖職者論」の人は入学式にも特別な価値を見出しています)。
 
ともかく、教師もただの人間であるということを踏まえない教育論や教育改革論はうまくいきません。
 
今回の論争は、世の人々がどういう教育観や教師観を持っているかを明らかにしたという点で意味があったといえます。