8月半ばになって甲子園の高校野球も佳境に入ってきましたが、高校野球というのは考えてみると奇妙なものです。
まずユニフォームがすべて白ないし灰色ですし、ほとんどの学校が丸刈りです。それに、夏のいちばん暑い時期に行われます。
 
昔、多くの中学高校で丸刈りが校則で強制されていましたが、今ではほとんどないはずです。しかし、野球部だけはまだほとんどが丸刈りです。
スポーツのユニフォームは一般にカラフルなものです。柔道着もかなり前にカラー化されましたが、高校野球だけはカラー化されません。
真夏に屋外で長時間の試合をするのも、熱中症などの危険性があります。しかし、時期をずらそうという議論もないようです。
 
要するに高校野球は昔のままなのです。
 
なぜそうなのかというと、高校野球が戦争の記憶と結びついているからではないかと私は思っています。
 
戦時中につくられた「ハワイ・マレー沖海戦」という映画があります。主人公の少年が予科練でのきびしい訓練を経て一人前のパイロットとなり、真珠湾攻撃やマレー沖のイギリス艦隊攻撃に参加していくという物語ですが、この映画の大半は予科練の生活を描くのに当てられています。予科練の制服は白ですし、もちろん予科練生は坊主頭です。そして、炎天下でもきびしい訓練をします。
私は予科練の訓練を見て、高校野球を連想しました。おそらく多くの人が同じように思うでしょう。
 
甲子園の日程の中に必ず8月15日の終戦記念日があり、その正午にはサイレンが鳴って全員が黙祷します。このことも高校野球と戦争の記憶を結びつけます。
また、試合開始と試合終了のときには必ずサイレンが鳴らされますが、サイレンの音というのも、空襲警報など戦争と結びついています(サイレンは高校野球だけでなく社会人野球で一般的に使われているようですが)
 
そして、高校野球というのはきわめて精神主義的です。我慢、根性、自己犠牲が称揚されます。これもまた戦争当時の価値観です。
 
ちょうど「選択」8月号に「高校野球の『深い闇』」という記事が載っていたので、その一部を引用します。
 
高校野球の魅力とは、端的に言えば「滅びの美学」だ。ファンは疲れた体にムチを打ち、ボロボロになるまで戦う姿に感動する。前出トレーナーが言う。
「甲子園ほど体に悪いものはない。こんな暑い時期に、あんなに暑い地域で、もっとも暑い二時前後にも当たり前のように試合を組んでいる。ここ数年、足をつる選手が続出しているのですが、あれは完全に熱中症状。外に出ることさえ控えるべき環境の中で連投させて、しかも平気で百球以上投げさせるなんて、虐待以外の何物でもないでしょう。それを喜んで観ているファンも相当、悪趣味です。アメリカ人がクレイジーだというのも、もっともです」
 
 「滅びの美学」というのも、戦時中の価値観と同じような意味でしょう。
 
戦争当時の価値観を色濃く残す高校野球と、それを喜ぶファンが多数いるという現実を見ていると、日本人の平和主義は意外に底が浅く、また容易に戦争に熱狂するのかなと思ってしまいます。