産経新聞のコラムがパク・クネ大統領の名誉を傷つけたとして、ソウルの検察は加藤達也前産経新聞ソウル支局長を在宅起訴しました。
この起訴には政治的な意図が疑われます。報道に国家権力が政治的に介入することは決してあってはいけないことで、各方面から批判の声が上がっているのは当然です。
 
ただ、この出来事は、朝日新聞の慰安婦誤報問題と対照的な構造になっています。ですから、日本にとっては「人の振り見て我が振り直せ」という絶好の機会でもあります。
 
たとえば、菅官房長官は「きわめて遺憾」「国際社会の常識とは大きくかけ離れている」と韓国を批判しました。しかし、自分自身も朝日新聞を批判しているわけで、権力者の立場から報道機関を批判するというのは「国際社会の常識とは大きくかけ離れている」行為です。
 
また、安倍首相は国会答弁で朝日新聞に対して「この記事によって傷つけられた日本の名誉を回復するためにも今後、努力して頂きたい」と述べました。首相が報道機関に注文をつけるというのもとんでもない行為です。しかも、「日本の名誉を回復する」ということは報道機関の役割ではありません。もし朝日新聞が「日本の名誉を回復する」ために費用をかけて広報活動などすれば、経営者は会社に損害を与えたということで株主代表訴訟の対象にもなりかねません。
 
こうした無茶な論理が通っているのも、今の日本社会が、弱みを見せたものはとことんたたいてやれという風潮に染まっているからでしょう。
これは学校のイジメと同じことで、日本全体にイジメが蔓延しているわけです。自民党教育のすばらしい成果です。
 
韓国の検察が産経新聞の前ソウル支局長を起訴したのは許しがたいことですが、だからといって産経新聞が正しいということにはなりません。
 
産経新聞の問題のコラムはこちらです。
 
【追跡~ソウル発】朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?
 
読んでみると、根拠のない噂をなんの裏付けもとらずに紹介したお粗末な記事です。
これは産経新聞の本紙に載ったものではなく、ネットだけの配信です。ネトウヨレベルの記事です。
 
根拠のない噂を書いた朝鮮日報の記者を起訴せず、それを紹介した産経新聞の記者を起訴するという韓国検察の論理はへんですが、ただ、韓国検察の立場になって考えると、韓国内だけの記事ならいいが、日本語で日本人に向けて発信されると「韓国の恥」になるということでしょう。
つまり産経新聞は「韓国人をおとしめた」「韓国の誇りを傷つけた」ということで起訴されたのではないかと想像されます。
 
となると、この論理は産経新聞自身にも返ってきます。
産経新聞は朝日新聞に対して、「日本人をおとしめた」「日本の誇りを傷つけた」ということで批判しています。
そうすると、「韓国人をおとしめた」「韓国の誇りを傷つけた」と批判されたとき、「日本人をおとしめることはいけないが、韓国人をおとしめることはかまわない」という論理で開き直るのでしょうか。
 
おそらく産経新聞に限らず日本の右翼は、このような問題について考えたこともないのでしょう。
ですから、平気で、というかほとんど意識せずに韓国人をおとしめています。
これは安倍首相も同じですし、嫌韓本や嫌韓記事を喜んで読んでいる人たちも同じです。
 
これも自民党教育のすばらしい成果です。
改正教育基本法には、「我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し」と書かれています。「愛」と「尊重」はまったく別の概念です。
つまり自国と他国を分け隔てすることを教えているのです。
当然、「日本の誇りを傷つけた」といって朝日新聞を批判する一方で、「韓国の誇りを傷つけた」ことには平気という人間が生まれてしまいます。
 
こうした人間は国際社会で活躍することはできません。日本の国際的地位が低下し続けるのは当然です。
 
産経新聞はとりあえず、自社の記事が根拠のない噂を拡散させて「韓国の誇りを傷つけた」ことについてどう考えているか見解を表明する必要があります。
というか、「日本の誇りはたいせつだが、韓国の誇りなどどうでもいい」という右翼の本音をぶちまけてしまいなさいということです。
本音が言語化されたとき、世の中はどう反応するでしょうか。