3月27日の報道ステーションは、コメンテーターの古賀茂明氏が最後の出演となる日で、なにかが起こるのではないかと見ていたら、案の定起こりました。
 
古舘報道ステを元官僚古賀氏が“ジャック”
 元経済産業省官僚の古賀茂明氏(59)が27日、テレビ朝日系「報道ステーション」に生出演し、古舘伊知郎キャスター(60)と自身の番組降板を巡って、バトルを繰り広げた。
 
 番組中盤、緊迫する中東情勢を伝える場面で、古舘が古賀氏に解説を求めると、この日が最後の出演になった古賀氏が切り出した。
 
  古賀氏 ちょっとその話をする前に。テレビ朝日の早河(洋)会長と、古舘プロジェクトの佐藤(孝)会長の意向で今日が最後ということに(なりました)。
 
  これまで古賀氏は同番組で、「I am not Abe」などと安倍政権に批判的な発言を繰り返していた。
 
  古賀氏 これまで本当に多くの方に激励していただいた。一方で菅官房長官をはじめとして、官邸のみなさんからバッシングを受けてきた。それを上回る応援で楽しくやらせていただきまして、本当にありがとうございました。
 
  降板した理由を話すと、古舘も「ちょっと待ってください。今の話は承伏できません」と対抗したが、古賀氏は「古舘さんもその時におっしゃいました。『この件に関してはお役に立てなかった。本当に申し訳ない』と。全部録音させていただきましたので、そこまで言われるなら全て(データを)出させていただきます」と引かない姿勢で、いったん束した。
 
  しかし、その後も「I am not Abe」と書かれた手製の紙を広げ、マハトマ・ガンジーの言葉をフリップで出し、「言いたいことはそのまま言いましょう。裏で圧力をかけたり、陰で言うのはやめていただきたい」と話した。
 
古賀氏が官邸の圧力によって降板させられるという噂は、以前から週刊誌や一部のサイトで報じられていました。古賀氏の言葉によると、実際に官邸の圧力があったことになります。
 
「リテラ」というサイトが前からこのことを報じていたので、いちばん詳しくわかると思います。
 

続報!古賀茂明『報ステ』爆弾発言は菅官房長官の圧力が動機だった! 古賀批判は的外れ

 
官邸の圧力でコメンテーターやプロデューサーが降ろされたとすれば、国家権力による「報道の自由」の侵害であり、大問題です。
ところが、世の中は逆に古賀氏を批判する声のほうが大きいようです。
 
古賀氏の発言は、明らかに番組の進行で予定されたものではなく、そういう意味ではコメンテーターの役割を逸脱して番組の秩序を乱したことになります。しかし、古賀氏があらかじめ番組側と打ち合わせすれば、そういう発言はしないでくれと言われたでしょう。つまり、これは番組についての一種の内部告発なのですから、イレギュラーの発言になるのは当然です。

官邸が番組内容について電話で文句を言ってきて、テレビ局の上層部と官邸が意を通じ合っているとすれば、それは大問題ですから、古賀氏の告発はむしろ賞賛されることです。
 
ただ問題は、官邸がテレビ朝日に圧力をかけたという証拠が今のところないことです。
これはテレ朝内の人間が証言しなければなりませんが(これこそほんとうの内部告発)、そういう人間が出てくる可能性は少なそうです。
というのは、もし出てきたら、今のご時世では、その人間がバッシングされかねないからです。
 
官邸に屈するテレ朝上層部も問題ですが、古賀氏のように内部告発する人間をバッシングする風潮はもっと問題です。
これでは国民がみずから「報道の自由」をドブに捨てているようなものです。