「大阪都構想」についての住民投票の結果を見て、「シルバーデモクラシー」ということが言われています。「老害投票」とも言うそうですから、否定的な意味です。
マスコミの出口調査では70歳以上の人は「反対」の割合が多く、老人が改革をつぶしたとして批判されているわけです。
 
「リテラ」の記事を読むと、たくさんの有名人が「シルバーデモクラシー」という言葉で老人たたきをしています。そこから一部を引用します。
 
 
「情弱の高齢者が都構想をツブした」というデマをふりまく知識人達よ、情弱はお前らだ!
 たとえばツイッター上では、経済評論家の池田信夫氏が「これが日本の諸悪の根源。老人の老人による老人のための政治」といちゃもんをつけ、また、ブロガーのちきりん氏は「今日負けたのは、橋下さんじゃなくて、日本の若者だよね」「票の価値を平均余命とリンクさせるべきだよね」とあからさまに世代間の分断を煽るツイートを投稿。
 
 ホリエモンも自分の衆院選に出馬した際のことを示唆しながら「なんだかもっと大阪都構想本気で応援してりゃよかった」とつぶやいたし、KADOKAWADWANGO取締役の夏野剛氏も、「結果的にはシルバーデモクラシーだと思うが」と投稿。そして「敗因は生活保護受給者や貧困層を見捨てたことにある」とフォロワーにつっこまれると、「橋下さんっていう何と正しい感覚の持ち主なんだ!」と橋下擁護のリアクションをしている。
 
 若手論客の宇野常寛氏にいたっては「今に始まったことではないけど、選挙とは情弱高齢者をいかに騙すかで決まるゲームになってしまってるのだな、と改めて痛感した次第です。はい」と、“老人=情報に疎いバカ=反対派”とまで言い切っている。
 
 さらに政治家の小泉進次郎氏はトークイベントで「よく、シルバー民主主義って言われることもある。高齢者の意向に左右されているような日本の構造、そのことの象徴的なものだったのかも」と発言しており、あたかも今回の住民投票が“世代間格差”を浮き彫りにしたという分析が定説みたいになっているのだ。
 
 
老人が改革に否定的なのはいつの時代もそうです。
自民党長期政権はまさに「シルバーデモクラシー」の産物です。
自民党長期政権についてはなにも言わず、選挙の結果が自分の気に食わないときだけ「シルバーデモクラシー」という言葉を持ち出して批判する人の頭の中はどうなっているのでしょうか。
 
公正な選挙であれば、その結果を受け入れるというのは民主主義の基本です。
 
もっとも、今の選挙が公正かというとそんなことはありません。定数不均衡の問題があるからです。一般に都市部は1票の価値が低く、地方は1票の価値が高くなっています。都市部には若い人が多く、地方には高齢者が多いので、ここに「シルバーデモクラシー」の問題があるといえば、確かにその通りです。
しかし、大阪の住民投票では1票の価値に差はありません。
定数の不均衡がある選挙のときには「シルバーデモクラシー」とは言わず、定数の不均衡のない大阪の住民投票のときに「シルバーデモクラシー」を言うのはあべこべです。
 
「シルバーデモクラシー」という言葉で老人たたきをしている人は、橋下市長を支持している人だと思われます。橋下氏の政界引退を残念がり、都構想が実現しなかったことを残念がっているのでしょうが、大阪市民を平気でたたける神経がよくわかりません。
 
 
ところで、私は橋下市長を好きか嫌いかといえば嫌いですが、今回の住民投票については民主主義の前進として評価しています。
 
これまでの住民投票は、あまりパッとするものがありませんでした。
たとえば住民が首長のリコールを目指して運動し、投票の実施にこぎつけると、負けを予想した首長はたいてい自発的に辞任してしまいます。これでは住民は、自分たちの力で首を取ったという実感があまり持てません。
 
東京都小平市では2014年、都市計画を見直すか否かという住民投票が行われましたが、投票率50%未満だと不成立とする制限が加えられたため、投票率37%で不成立。投票された用紙は開票されず、そのまま封印されています。
 
そもそも住民投票は法的拘束力がなく政治的拘束力しかないとされているため、曖昧なところがあります。

ですから、1997年に名護市で米軍基地受け入れの是非を問う住民投票が行われ、反対が多数となりましたが、当時の名護市長はその結果を無視して米軍基地受け入れを決定するということがありました(市長はその直後に辞任)
 
しかし、今回は僅差であっても結果が絶対的に尊重されました。これはよい前例になったと思います。
 
規模も大きく、結果が尊重されたという点で、今回は日本で初めての本格的住民投票といってもいいのではないかと思います。
 
これをきっかけに直接民主主義である住民投票や国民投票がどんどん行われ、重要なことが投票で決定されるようになればすばらしいことです。
そういう方向を目指すのではなく、「シルバーデモクラシー」などといって投票結果をくさしている人たちは、ほんとうは民主主義が嫌いなのかもしれません。