FIFAの幹部が汚職の疑いで逮捕されました。
FIFAといえば国際的な組織です。それをどこの国の法律で裁くのかということが気になりましたが、どうやら完全にアメリカが主体的に行っているようです。
 
 
FIFA副会長ら9人を収賄の罪で起訴
アメリカ司法省は、27日、FIFA=国際サッカー連盟の副会長2人を含む9人の関係者を、スポーツ関連会社から賄賂を受け取った罪などで起訴したと発表しました。9人がすでに受け取ったり、受け取ろうとした賄賂の金額は合わせて1億5000万ドル、日本円にして185億円を超えるとみられています。
 
アメリカ司法省の発表によりますと、起訴されたのは、FIFAのジェフリー・ウェブ副会長とエウヘニオ・フィゲレド副会長を含むFIFAの関係者9人です。
9人は1990年代はじめからこれまでの間に、スポーツ関連の企業から賄賂を受け取り、その見返りに、中南米で開かれたサッカーの試合を放送する権利やスポンサーの権利などの取得にあたって、便宜を図った罪などに問われています。
9人が24年にわたってすでに受け取ったり、受け取ろうとした金額は合わせて1億5000万ドル、日本円にして185億円を超えるとみられています。
賄賂の受け渡しは、アメリカの銀行を通じて行われたということで、現地時間の27日朝、アメリカの司法当局の要請に基づいて、スイスの司法当局が9人のうち、FIFAの会合のためにチューリヒに集まっていたウェブ副会長ら7人を逮捕したということです。
またサッカーの放映権などを取り次ぐアメリカとアルゼンチンのスポーツ関連企業の幹部ら5人も賄賂を贈った罪などで起訴されました。
一方、FIFAの広報責任者は27日に記者会見し、この事件とは別にワールドカップの2018年のロシア大会と2022年のカタール大会の開催地の選定を巡って、不正が行われた疑いがあるとして、FIFAが去年11月にスイスの司法当局に告訴していたことを明らかにしました。
この告訴についてスイスの司法当局は、27日に声明を出し、ことし3月から捜査を開始し、FIFAから関係資料を押収したほか、開催地の選定に関わった当時のFIFAの幹部10人から事情を聴く方針だとしています。
(後略)
 
 
FIFAの本部はスイスのチューリッヒにあります。なぜアメリカの法律で裁くことになるのか不思議です。
 
かつてIOC(国際オリンピック委員会)も招致活動にまつわる金銭スキャンダルに見舞われたことがありますが、このときは内部に調査委員会をつくって対処しました。どこかの国の法律で裁かれるということはなかったはずです。
 
マスコミの報道を見ても、アメリカの司法当局が裁くことの正当性についてはなんの説明もありません。
私は法律にうといので、説明するまでもない単純な理由があることに気づかないだけなのでしょうか。
 
ウィキリークス創始者であるジュリアン・アサンジ氏は、スウェーデンの司法当局から性的暴行容疑で逮捕状を出され、国際指名手配されています。アサンジ氏はイギリスのエクアドル大使館で保護されていますが、もしスウェーデンに逮捕されたら、身柄はアメリカに移送されるおそれがあると見られています。
 
スウェーデンといいスイスといい、中立的な国であるはずですが、司法当局は完全にアメリカに動かされているようです。
 
FIFAのような権威ある組織は腐敗しがちなもので、逮捕・起訴に値するようなことがきっとあるのでしょう。
しかし、FIFAは特定の国に偏るような運営はしてこなかったと思います。
 
一方、野球においては、国際野球連盟(IBAF)という組織はありますが、世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、アメリカのメジャーリーグベースボール機構と選手会が主催していて、アメリカ中心の運営になっています。
 
アメリカはFIFAを狙い撃ちにしたのではないかという疑問も残ります。
 
アメリカを「世界の警察官」ということがありますが、これはもちろん皮肉を込めた言い方です。
しかし、いつのまにかほんとうにアメリカは「世界の警察官」になっているのかもしれません。