パリ同時多発テロ以降、フランスはIS(イスラム国)への空爆を強化しています。まさに“憎しみの連鎖”です。
そうした中、パリ同時多発テロで妻を亡くしたフランス人ジャーナリストのアントワーヌ・レリス氏がフェイスブックに書いた文章が世界中に共感の輪を広げたということで、日本でも各紙が取り上げています。
 
「君たちに憎しみという贈り物はあげない」――。パリ同時多発テロで妻を亡くした仏人ジャーナリストが、テロリストに向けてつづったフェイスブック上の文章に、共感が広がっている。
 
憎しみの連鎖を断ち切るには寛容の精神が必要です。そういうことを訴えているのかと思って読んでみると、どうも様子が違います。
 
 
テロで妻を失ったレリスさんのメッセージ和訳全文
 
金曜の夜、君たちは素晴らしい人の命を奪った。私の最愛の人であり、息子の母親だった。でも君たちを憎むつもりはない。君たちが誰かも知らないし、知りたくもない。君たちは死んだ魂だ。君たちは、神の名において無差別な殺戮(さつりく)をした。もし神が自らの姿に似せて我々人間をつくったのだとしたら、妻の体に撃ち込まれた銃弾の一つ一つは神の心の傷となっているだろう。
 
 だから、決して君たちに憎しみという贈り物はあげない。君たちの望み通りに怒りで応じることは、君たちと同じ無知に屈することになる。君たちは、私が恐れ、隣人を疑いの目で見つめ、安全のために自由を犠牲にすることを望んだ。だが君たちの負けだ。(私という)プレーヤーはまだここにいる。
 
 今朝、ついに妻と再会した。何日も待ち続けた末に。彼女は金曜の夜に出かけた時のまま、そして私が恋に落ちた12年以上前と同じように美しかった。もちろん悲しみに打ちのめされている。君たちの小さな勝利を認めよう。でもそれはごくわずかな時間だけだ。妻はいつも私たちとともにあり、再び巡り合うだろう。君たちが決してたどり着けない自由な魂たちの天国で。
 
 私と息子は2人になった。でも世界中の軍隊よりも強い。そして君たちのために割く時間はこれ以上ない。昼寝から目覚めたメルビルのところに行かなければいけない。彼は生後17カ月で、いつものようにおやつを食べ、私たちはいつものように遊ぶ。そして幼い彼の人生が幸せで自由であり続けることが君たちを辱めるだろう。彼の憎しみを勝ち取ることもないのだから。
 
 
レリス氏の言っていることは、空爆による報復とは一線を画していて、そういう点で共感されるのはわかります。
 
しかし、私が気になったのは「上から目線」です。
 
「君たちと同じ無知に屈することになる」という表現は、相手をきわめて下に見ています。
「君たちが決してたどり着けない自由な魂たちの天国」という表現も、妻と自分は天国に行けるが君たちは行けないという意味で、宗教的対立の宣言です。
 
それから、戦いを意味する表現がいくつもあります。
「君たちの負けだ」とか「君たちの小さな勝利を認めよう」とか「世界中の軍隊よりも強い」とか「君たちを辱めるだろう」とか「彼の憎しみを勝ち取ることもない」とかです。
つまりレリス氏は心理的には戦闘モードにあって、テロリストと戦っているのです。
 
ただ、その戦い方が、武力によるのではなく、精神的に優位に立とうとする戦い方なのです。
 
全体の印象をいえば、レリス氏は見下していた相手から一撃を受けて倒され、その屈辱感を解消するために、相手より精神的に優位に立とうとしてこの文章を書いたという感じです。
 
オランド大統領は屈辱感を空爆の強化によって解消しようとしています。手段は違いますが、それだけの違いでしかありません。
 
テロリストを自分と同じ人間と見なして許すというのが寛容の精神ですが、そういうものはまったくありません。
 
フランスはアルジェリアの独立運動を弾圧して残虐な拷問などを行いましたが、植民地支配についてはいまだに謝罪していません。
日本人にも植民地支配を謝罪しない人がいますが、フランス人はもっとひどいわけです。
やはりそこには人種差別とイスラム教差別が根強くあると思います。
 
ヨーロッパ人でレリス氏の文章に共感する人がいるのはわかりますが、日本人はこの文章にはあまり共感できないはずですし、好意的に紹介する日本のマスコミもどうかしています。