SMAPの5人は1月21日、公開謝罪後初めての全員そろっての仕事として「SMAP×SMAP」の収録を行い、翌日のスポーツ紙各紙はその様子を「笑顔が戻る」などの見出しで大きく報じました。
私は22日の午後のワイドショーをチャンネルを変えながら見ましたが、どの局も「SMAP存続が決まってよかった」といったムード一色でした。キャスターもコメンテーターも、キムタク以外の4人が明らかに傷ついていることへの言及もなければ、もちろんジャニーズ事務所に対する批判もありません。
日本伝統の「翼賛報道」とはこのことかと思いました。
 
もっとも、「いろいろ納得いかないことはあるが、SMAPの分裂や解散が回避されて存続が決まったのはよかった」と思っている人は多いかもしれません。
しかし、かりにキムタクがジャニーズ事務所に残り、4人が独立していったとしても、SMAPがそのまま存続することは可能です。
 
たとえばAKB48やその姉妹グループの場合、各メンバーの所属事務所はバラバラです。
AKB48の現在の主要なメンバーの所属事務所はこうなっています。
 
小嶋陽菜 プロダクション尾木
島崎遥香 ビッグアップル
山本彩  KYORAKU吉本.ホールディングス
柏木由紀 ワタナベエンターテインメント
横山由依 太田プロダクション
 
ですから、SMAPの場合も、各メンバーの所属事務所が違ってもSMAPとして活動していくことは可能です。
ただ、ジャニーズ事務所は「SMAP」を商標登録しているということなので、ジャニーズ事務所がそれを許可しなければなりません。
SMAPの今回の騒ぎは中国や欧米でも報道され、SMAPは今や国民的のみならず国際的な存在ですから、「SMAP」の名前の使用を許さないとすれば、ジャニーズ事務所はあまりにも狭量です。それにSMAPの活動から利益を得ることもできます(5人全員を事務所にかかえているよりは少なくなりますが)
 
しかし、「メンバーがジャニーズ事務所を抜けても、ジャニーズ事務所はSMAPの存続を認めるべきだ」という意見を聞いたことがありません。
マスコミはジャニーズ事務所批判をしないだけではなく、ジャニーズ事務所に意見を言うことすらできないようです。
 
 
SMAPの生放送における公開謝罪についてはいろいろ意見がありますが、いちばんの問題は、そのあと記者会見が行われなかったことでしょう。
 
よく企業が不祥事を起こした場合、経営陣がそろって頭を下げる映像がニュースで流れますが、実際はあのあと記者との質疑応答が行われるわけです。
マスコミはつね日ごろ「説明責任を果たせ」と言っているのに、今回はなぜ言わないのでしょうか。
各メンバーがどういう思いでいるのかということと、経営陣からの説明を聞きたいところです
 
フジテレビ内における「SMAP×SMAP」の収録のときは、多数の警備員による厳戒態勢がとられ、「日刊スポーツ」によると、「メンバーが局内を移動する際は警備員がピタリと付くなど、ピリピリムードだった」「トイレに行く時もスーツ姿の警備員が付いた」ということです。
あるワイドショーでは「なにから厳戒しているのか」という声が上がっていました。
フジテレビ内ですから、あやしい人物がいるとは思えません。
ですから、どこかの記者が現れて、「中居さん、今の心境は?」などと声をかけてくることを警戒しているのでしょう。
 
そこまでシャットアウトされながら、ジャニーズ「翼賛報道」を続けるマスコミはつくづく情けない存在です。