4月14日、熊本県で震度7の地震がありました。被災者の皆様にお見舞い申し上げます。
 
地震があるととっさに思うのは、原発は大丈夫かということです。九州では川内原発が稼働中です。
ニュースでは原発に異常はないということです。そして、今も稼働しています。
しかし、私がこれを書いている15日深夜1時すぎにも、テレビは熊本で震度6強、続いて震度6弱の余震が起きたことを伝えています。
こんな中で稼働を続けるという判断はまともとは思えません。
 
ところで、原発賛成派の人たちはこういうときどういう心境なのでしょうか。
日本の原発は絶対安全だからなんの心配もない――なんていうことはないでしょう。
実際は心配なはずです。
 
しかし、心配するということは、原発稼働に賛成したことと矛盾します。
そういう矛盾に直面した人間はどうするのかというと、こんなことをしていたのでした。
 
 
地震直後、首相官邸へ「川内原発停止」と電話 「反原発派」の陳情がネットで「場違い」と物議に
 
 最大震度7を記録した地震から一夜明けた2016415日朝、益城町や熊本市で計9人の死亡が確認され、けが人も多数出ている。現地では自衛隊や警察、消防が救助活動に当たっている。
 
   一方、ネット上では「反原発」「脱原発」を主張する人々の「はしゃぎっぷり」が物議を醸している。
 
   「首都圏反原発連合」に所属しているとプロフィール欄に書くツイッターユーザーは、地震発生直後の1422時頃、こうツイートした。
 
“「今首相官邸に電話した。誰がでたか相手はわからないが、名前を名乗って川内原発を停めてくれと話したら『その件については改めて連絡ください』と言い残し一方的に電話をガチャっと切られた」
 
   また同じ頃、今夏の参院選に立候補予定の女性が
 
“「熊本、九州の皆様地震は大丈夫でしょうか。被害が最小限になるように祈っています。 原発はもういらない。地震のたびにこんな風に心配しなければならない原発はもう廃炉にしなければならない」
 
とツイッターに投稿。合わせて、九州電力に川内原発停止を陳情したと明かしている。
 
   16414日の22時前と言えば、今回の地震を受けて、九州電力が全国で唯一稼働する川内原発(鹿児島県薩摩川内市)や玄海原発(佐賀県東松浦郡玄海町)について、「異常なし」と発表された直後だ。安倍首相や菅官房長官、河野防災担当大臣が首相官邸に危機管理センターを設け、情報収集や被害状況の把握に努めていた頃だ。
 
   そうした事情もあったためか、時と場合を考慮しない「陳情」と映ったようで、これらのツイートには
 
“「いい加減にしろ」
 「黙って寝てろ」
 
などという批判が相次いだ。
 
   このため、首相官邸に電話した先のユーザーは深夜になって
 
“「運動のために便乗しているのではない」
 「事故が起こった時の近隣の人たちの被害を心配して言っている」
 
などと弁明したものの、さらに批判を浴びる結果になっている。
 
 
原発を停止してくれと官邸や九州電力に訴えることは普通のことです。それを「はしゃぎっぷり」と表現するこの記事が異常です。
原発停止を訴える人に対して「いい加減にしろ」「黙って寝てろ」と言う人のほうこそはしゃいでいるというべきです。
 
 
また、共産党の池内沙織衆院議員はツイッターで「川内原発今すぐ止めよ」と訴えたのち、その投稿を削除したということです。
 
共産・池内氏、地震直後に「川内原発止めよ。正気の沙汰か!」とツイッター投稿、後に削除?
 
また、民進党の公式ツイッターが「一部の自民党の有力議員が原発対応についてデマを流して政権の足を引っ張った」と書き込んで、これも削除する騒ぎになりました。
 
熊本震度7 民進党、「自民議員がデマ」ツイートを削除 枝野幹事長ぶら下がり詳報「個人の見解を職員が書き込んだ」
 
ツイートを削除したのは、よほど非難の声が多かったからでしょう。
まだ事態が収束していない中で反・反原発の活動に精を出す人たちの「はしゃぎっぷり」が想像できます。
 
そういう人は、要するに自分自身の矛盾を、他者を非難することでごまかそうとしているのです。
もちろんそれは間違った対応です。
この機会に自分の中にある不安心理に気づけば、“災い転じて福となす”ことができます。
もちろんそれは原発賛成派をやめて原発反対派になるということです。
日本のような地震国で原発を稼働していることが異常なのです。