オバマ大統領がサミットのついでに広島を訪問することが決まりましたが、原爆投下についての謝罪はしないということです。
これでは無意味というしかありません。安倍首相がアーリントン墓地やヴェルダンの墓地を訪問して献花することが無意味なのと同じです。
 
いや、無意味だけではすみません。アメリカではいまだに原爆投下は正しかったという考えが支配的です。日本政府が謝罪なしの広島訪問を受け入れたということは、原爆投下正当論を受け入れたと誤解されかねません。
 
ただ、日本政府が「謝罪」を要求すると、パールハーバーはどうなのだという議論になります。宣戦布告のあるなしに関わらず、先制攻撃はパリ不戦条約違反です。
日本は東京裁判で裁かれたので、法的には終わっているわけですが、「法的に裁かれたから謝罪しない」というのは傲慢な犯人の態度です。罪を認めるなら謝罪するのは当然です。
 
なにも首相がパールハーバーまで出向く必要はありません。安倍首相は米議会で演説したのですから、そのとき先制攻撃の非を認めて、謝罪しておけばよかったのです。
アメリカに対して一度も謝罪しなくて、日米の信頼関係を語る安倍首相の頭の中が不思議です。
 
 
多くの日本人は、謝罪なしでもオバマ大統領の広島訪問を歓迎しているようです。アメリカの大統領が犠牲者を追悼してくれるだけでうれしいのでしょうか。
 
朝日新聞などは、これを契機に「核なき世界」の理想へと向かっていこうということで評価しています。
しかし、私は核廃絶がいいことだとはとても思えません。「核廃絶」ということは裏を返せば「戦争温存」だからです。
 
それに、核廃絶を主張しているのがアメリカの大統領だという点で信用できません。
アメリカは核の先制使用を否定していません(北朝鮮ですら先制使用は否定しています)。オバマ大統領はまず核の先制使用を否定してから核廃絶を語るべきです。
 
もし「核なき世界」が実現したら、通常兵器でいちばん強いアメリカが断然有利になります。北朝鮮なんか簡単にやられてしまいますから、北朝鮮が核を手離すわけがありません。
 
私の考えでは、「核廃絶」のような中途半端なことをするより「戦争廃絶」を目指すほうが現実的です。
ただ、それはアメリカ主導ではなく国連主導でやらなければなりません。もともと国連はそのために設立されたのです。
 
アメリカは国連を軽視して、勝手に戦争をして、世界を混乱に陥れてきました。
日本がアメリカに原爆投下の謝罪を求めることは、世界を正しい方向に導く一歩でもあります。