北海道七飯町で両親に置き去りにされて行方不明になっていた7歳の田野岡大和君が6日ぶりに無事発見され、とりあえずよい結末となりました。
 
発見が遅れたのは、発見場所が行方不明になった場所から直線で約6キロ離れたところで、7歳の子どもの脚力を見誤っていたことに加え、車が去ったのとは逆方向に大和君が歩いていったこともあるようです。
 
父親は一度大和君を降ろして車を走らせ、大和君が泣きながら追ってきたために車に乗せましたが、約500メートル走って再び大和君を降ろして車を走らせ、そして、5分ほどして降ろした地点に歩いて戻ったところ大和君の姿はなく、約30分周辺を探しても見つからなかったため警察に通報したということです。
 
大和君の心情を推察するに、親から捨てられたかと思って、必死に泣きながら車を追いかけ、車に乗せてもらってホッとしたところで再び降ろされたため、今度こそほんとうに捨てられたと思ったのでしょう。そのため車を追いかけることはやめ、その場で待つこともやめて、1人で生きていこうと思ったのかどうかわかりませんが、反対方向に歩き出したのでしょう。
おとなは軽い脅しのつもりでも、子どもは真に受けます。2度も繰り返したのではなおさらです
 
ここまで書いたところで最新の報道を見たら、病室の大和君の説明では、泣きじゃくったために方向がわからなくなったということです。私の推測とは違いますが、よほどのパニックになったということです。
 
大和君の受けた精神的苦痛は計り知れないものがあり、そのことを理解すれば、父親の行為の罪深さがわかります。

そもそもこの父親は、取材に対して語ったところによると、「しつけのために、ちょっと怖い思いをさせようと思った」「父親としての威厳を示さなければ」と思ったために車から降ろしたということです。
 
「父親としての威厳を示さなければ」というのは、自分の体面を保ちたいということで、子どものためではなく自分のためです。
この父親は最初、山菜取りにきてはぐれたと嘘をついていましたが、これも自分の体面のためです。
うわべばかりを見て、子どもの心が見えない人なのかなという気がします。
 
 
そもそも「しつけ」というのは、うわべを保つためにすることです。
「しつけ」は「躾」という字を書きます。「身を美しく」ということでつくられた国字です。
「身を美しく」であって、「心を美しく」ではありません。
 
父親は「子どもが公園で人や車に石を投げつけた」と主張し、それをしつけの理由としていました。
しかし、最新の報道によると、子どもが土手に向かって石を投げていたので「土手の向こうに車が走り人もいるかもしれないから、投げてはいけない」と注意したということで、これもかなり説明が違っています。
 
いずれにせよ、置き去りにされる恐怖でその行動をやめさせようとしたことは間違っています。これでは、その行動をやめたとしても、なぜその行動が悪いのかということがわかっていません。親に見つからなければいいのかということになります。
 
「躾」は「身を美しく」することであっても「心を美しく」することではないということが常識になってほしいものです。