強姦致傷の容疑で逮捕された高畑裕太容疑者ですが、その犯行がどれだけ悪質なものであったかについては疑問があります。
といって、ハニートラップにあったとかいうのではありません。警察がことを大げさにしている可能性があると思うのです。
 
みのもんたさんの次男が窃盗未遂容疑で逮捕されたときがそうです。あれだけ大騒ぎしたのに、結局不起訴(起訴猶予処分)になりました。もともと現行犯でもないのに窃盗未遂で逮捕したのが不自然でした。このごろの警察は有名人がターゲットだと妙に張り切るようです。
 
高畑容疑者の場合、被害女性は指をケガして全治1週間の診断書を提出し、これにより強姦致傷の容疑になりました。
高畑容疑者は8月23日の午前2時すぎにホテル従業員の女性に歯ブラシを持ってくるように言い、午前3時32分に女性の知人男性から警察に110番通報があり、午後1時40分に高畑裕太容疑者が逮捕されています。
 
診断書の提出が早すぎるのではないかということからハニートラップ説が出てきたようです。
確かにわずかのケガで病院の夜間救急外来に行って診断書を取ったとすれば不自然な感じがします。しかし、私が思うに、被害女性は警察の指示か助言で病院に行って診断書をもらったのではないでしょうか(実際にケガをしたのですから、警察は間違ったことをしているわけではありませんが)
テレビでコメンテーターが強姦致傷がいかに重い罪であるかを解説しているのを見ると、それは警察によって“かさ上げ”された部分かもしれないのになあと思ってしまいます。
 
 
ともかく、高畑容疑者を徹底的に批判するのはためらってしまいます。
しかし、芸能界の人は昨日までいっしょに仕事をしていた仲間を、警察が逮捕したとたんに手の平を返したように批判しています。
 
たとえば高畑容疑者と共演したことのある中尾彬氏は、「人の話は聞かない、あいさつはできない。私は50年仕事してきてるけど、初めて怒鳴ったね」と激怒したそうです。
坂上忍氏も、タメ口、下ネタを連発した高畑容疑者について、「オレ、親だったら絶対ブン殴ってる」「ガチで怒った」と語りました。
 
しかし、高畑容疑者がバラエティ番組で人気になったのは、そういうタメ口のキャラだったからではないかと思われます。そもそもバラエティ番組というのはそういうものです。先輩にきちんとした口を利いていたらおもしろくありません。ローラさんなんか黒柳徹子さんにもタメ口でしたが、逆に評判になりました。
中尾彬氏や坂上忍氏もそういうバラエティ番組の論理をわかっているはずなのに、逮捕されたとたんに批判するのはどうかと思われます。
 
それに、先輩にタメ口というのは、それほど悪いことではありません。ほんとうに悪いのは、弱い立場の者に偉そうにしたり、傷つけるようなことを言ったりすることです(礼儀正しいといい人間だと思われますが、いい人間になれるわけではありません。日本でいちばん礼儀にうるさいのはヤクザ社会で、その次が芸能界です)
 
 
松本人志氏は母親の高畑淳子さんについて、「もうちょっと息子に怒らないといといけないと思います」とコメントしています。
ほかにも、甘やかしたのがよくない、もっと叱るべきだという意見はよくあります。
高畑親子で共演したことが何度もあるようで、そのときにタメ口の息子を叱らなかったということを言っているのかもしれません。
 
しかし、テレビカメラがあってもなくても、人前で親が成人した子どもを叱れるものではありません。もし叱ったら、その場の雰囲気をぶち壊してしまいます。
 
高畑淳子さんの記者会見の言葉から判断すると、淳子さんは子どものころの裕太容疑者の素行にずっと悩んでいて、逆に叱りすぎていたのではないかと思われます。
 
「もっと叱るべきだ」というのは、実態に合わない無責任なコメントです。
 
 
ところで、いろいろ検索していると、高畑容疑者が今年6月に日本テレビの「24時間テレビ」の番組パーソナリティに決定したときの記事を見つけました。そのときから高畑容疑者のキャラはみんなわかっていたわけです。
 
 
キャラかぶった!?高畑裕太に小山慶一郎「手越が2人いる」
 
 俳優の高畑裕太(22)が8月27、28日に放送される日本テレビ「24時間テレビ39」で番組パーソナリティーとして初参加することになり、23日に東京・汐留の同局で行われた会見に、メーンパーソナリティーの「NEWS」、スペシャルサポーターのタレント今田耕司(50)らと出席。
 
 番組への初参加に高畑は「本当嬉しいんですよね、マジで。めちゃめちゃ光栄。純粋にパッションです」とハイテンション。会見では高畑に「生放送怖い」(今田)、「怖いなぁ。途中からいなくなっている可能性がある」(羽鳥アナ)、「発言だけ気をつけていただければ」と口々に心配の声が上がった。小山慶一郎(32)も「心配なやつが1人いる…発言だけ気をつけて」と続けた。高畑自身でもその自覚はあるようで「僕という存在が生の公共の電波に映っていい存在なのかという葛藤(はある)。やっぱ緊張する」と本音をもらし、「マジで心配です。母親(高畑淳子)に話したら『やめさない』って言われた」と母から止められたことを告白した。
 
 そんな高畑の姿に小山は「手越が2人いる、ジャンルは一緒」とハイテンションキャラのメンバー、手越祐也(28)と重ね合わせしみじみ。「オレ、あんな感じ?」と首をひねる手越をよそに、高畑は「ちょっとだけ下宿した感じ」と独特の表現で受け、笑わせた。番組パーソナリティーはお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」とともに務めることになる。  
 

[2016623 14:21 ]

 
 
どういうキャラかわかっていたのに、いざ警察に逮捕されるとみんな手の平返しです。
マスコミや世間が警察の判断に完全依存しているのも情けないですが、芸能界ぐらいは仲間をかばうところがあってもいいのではないでしょうか。