9月1日は「子どもの自殺の特異日」です。
夏休み明けの最初の登校日に自殺が多いというわけです。
これはある意味当然ではありますが、もちろん自殺はなくしたほうがいいに決まっています。
菅官房長官も記者会見で異例の呼びかけをしました。
 
 
菅官房長官、悩みを持つ子どもに自殺を思いとどまるよう呼び掛け
 
自殺を思いとどまるよう呼び掛けた。
菅官房長官は、「大切なことは、決して1人でなく、そうした悩みや苦しみを、誰でもいいから打ち明けてほしいと思いますし、そうすることによって、きっと誰かが助けてくれる」と語った。
菅官房長官は1日、夏休み明けに、児童・生徒の自殺が増える傾向にあることに関し、悩みを持つ子どもに対し、誰かに相談するよう呼び掛けた。
政府の自殺対策白書によると、18歳以下の子どもの自殺は、91日が突出している。
菅長官は、「休み明けは、児童・生徒にとって生活環境が大きく変わり、プレッシャーが生じやすい」と指摘し、「学校、地域、家庭が連携して、児童・生徒の変化を適切に把握していくことが重要」との認識を示した。
 
 
呼びかける対象が違います。
親に対して、新学期が始まるに際して子どもの様子をよく見るように呼びかけるべきです。
 
菅官房長官は、悩みを打ち明ければ「きっと誰かが助けてくれる」と言いましたが、なんの根拠もない無責任な言葉です。
助けてくれる人がいたら、きっとすでに相談して助かっています。誰も助けてくれない状況にいる子が自殺するのです。
 
 
ロンブーの淳さんも自殺特異日に合わせて、次のようなツイートをして、話題になりました。
 
 
  田村淳
 ‎@atsushilonboo 
気持ちが乗らないなら
学校なんて
無理して行くことない
その代わり
他の場所を探す努力を
学校以外にも
学ぶ場所は沢山ある。
 
201691 00:44
 
 
これも子どもに呼びかけています。
「学校なんて無理して行くことない」と言いますが、子どもが学校に行きたくないと言えば、ほとんどの親は必死で子どもを学校に行かせようとしますから、親子で深刻なバトルが生じます。
ですから、むしろ親に「子どもを無理して学校に行かせないでください」と言うべきです。
 
子どもはほとんど自己決定権のない状況に置かれているのですから、子どもに呼びかけて問題が解決するはずありません。
 
とくに菅官房長官は、子どもや親に呼びかけるよりも、その立場からして学校に呼びかけるべきでしょう(一応「学校、地域、家庭が連携して、児童・生徒の変化を適切に把握して」とは言っていますが、具体性がありません)
 
イジメ問題についても、「イジメはよくないことだとわからせる」とか「命のたいせつさを教える」など、もっぱら子どもへの働きかけが行われています。
これは、学校や家庭はそのままで、子どもを変えることでイジメを解決しようという横着な発想です。
 
おとながみんなこうした発想でいる限り、子どもの自殺もイジメもなくせるわけがありません。