女優の清水富美加さんが芸能界を引退して幸福の科学に出家すると表明したことで大騒動が起きています。
 
清水さんが所属していた芸能事務所レプロエンタテインメントは、のん(能年玲奈)さんが所属していた事務所でもあります。相次いで人気女優が逃げ出していくというのは、よっぽどブラックな体質なのでしょう。
のんさんは本名である「能年玲奈」の名前が使えなくなりました。本名を使うなというような不当な要求をする事務所がまともなわけありません。
 
清水さんの次のツイートにそれがうかがえます。
 
千眼美子 (本名・清水富美加) ‏@sengen777  212
力ある大人の怖い部分を見たら
夢ある若者はニコニコしながら
全てに頷くようになる。
そんな中ですり減って行く心を
守ってくれようとしたのは
事務所じゃなかった。
 
 
しかし、レプロエンタテインメントは大手バーニングの系列なので、芸能マスコミはまったくといっていいほど事務所の批判をせず、逆に個人批判をします。のんさんの場合は、のんさんが洗脳されたという報道がまかり通っていました。今回は、仕事を放りだすのは無責任とかわがままとかの批判があふれています。
芸能マスコミやテレビのコメンテーターも怖い大人の仲間と思えます。
 
清水さんはブラックな事務所から逃げ出しましたが、逃げ出した先が幸福の科学です。
幸福の科学は清水さんの芸能界引退を否定し、清水さんの告白本を出版しました。こんなに早く本が出るということは、計画的に仕組まれていたわけで、幸福の科学は清水さんを教団の広告塔に使うつもりと思われます。
 
となると、「清水富美加は幸福の科学に洗脳された」みたいな報道になりそうなものですが、今回は「洗脳」という言葉がまったくといっていいほど出てきません。
これはやはり幸福の科学が新興宗教の中でも大手で、メディアに広告費を多く出しているという事情があるようです。
 
それから、清水さんの両親も幸福の科学の信者であるということもあります。
清水さんが出家した背景には両親の意向もあるに違いありません。
親が子どもを自分の意のままにすることは、今の世の中では決して批判されません。親が子どもになにかして批判されるのは、幼児虐待と認定されたケースだけです。
ですから、「親が子どもを洗脳する」という表現はありえません。
そのため「幸福の科学が清水さんを洗脳した」という報道もないのではないかと思われます。
 
親が子どもになにをしても批判されないというのは、世の中を支配している大人たちのほとんどが子を持つ親だからです。
 
 
芸能事務所、教団、子を持つ親などの大人たちはみな自分の利益を考え、その結果、清水さんがいちばん批判されるという展開になっています。
私は清水さんがどんな人間かまったく知りませんが、22歳という若さですし、少なくとも自分の利益のために他人を批判したり陥れたりするという大人の悪知恵はまだつけていないと思います。自筆のコメントに「毎日がギリギリの状態でした」と書かれていたのもほんとうでしょう。
 
周りはろくでもない大人ばかりのようですが、それに染まらずに生きていってほしいものです。