万引き被害にあったメガネ店が防犯カメラに映った犯人の写真をインターネットにアップしたことが議論を呼びましたが、それに影響されたのか、今度はマクドナルドでも同じようなことがありました。
 
 
「単品って何だ!」「バカにしてるのか」 マックに顔写真晒された男の暴言内容
コンビニやメガネ店で「万引き犯」の顔写真を店頭やネット上で貼り出す騒ぎが相次いでいるが、今度は、マクドナルドの店舗で写真貼り出しが分かった。
   その店舗は、千葉県市川市内のマクドナルド妙典駅店だ。
 
  千葉県警の行徳署がJ-CASTニュースの2017222日の取材に答えたところによると、妙典駅店では、客の男が2017218日午後10時半ごろ、レジに並んでビッグマックを注文した。
   「セットにしますか? 単品にしますか?」。アルバイトの男性店員が通常通り、こう男に聞くと、男は、急に怒り出した。「単品って何だ!」と店員を怒鳴り付け、店員と口論状態になった。店長も出てきて仲裁しようとしたが、男の怒りは、さらにエスカレートし、「バカにしてるのか!」と大きな声で店員らに暴言を浴びせたのだ。
   これに対し、店員が「お帰りいただけますか?」と言い、男の後ろに並んだ他の客に商品を渡そうと、カウンター越しに右手を伸ばしたときだ。男はいきなり、店員の手を払いのけるように右手ではたいた。そして、「外で待っている」と言って、男は、店の外に出た。
   その間、店側が警備会社に通報し、それを受けた警備会社が警察に110番した。このときの話では、男は酒に酔っていたという。警察が駆け付けたときは、男が立ち去った後だった。店員には、ケガはなかったという。男については、店では初めて見る顔だったそうだ。
   妙典駅店ではその後、防犯カメラに映った男の写真2枚をポスターにして、店内や入口のガラスに貼り出した。通行人も見えるような場所だ。
 
2枚とも男の顔がはっきり分かるようになっており、「犯罪者探しています!」と赤字でタイトルが付けられていた。このときは警察にまだ被害届を出していなかったが、「2/18()夜に店舗内で従業員への暴言、暴行で被害届を出しています!下の写真の人物に心当たりのある方、店舗までご連絡いただけますと助かります」とも書かれてあった。
(中略)
  男の写真貼り出しについて、ニュースのコメント欄などでは、「こんな店には怖くてゆけない」といった声もあるものの、総じて理解を示す向きが多く、「別にいいんじゃないの?」「店側の気持ち分かるよ」「こうでもしなければ警察は動いてくれないんだろ」などといった感想も書き込まれている。
 
 
こういうやり方にはかなり賛同の声があります。ネットではなおさらです。
しかし、これはよくないに決まっています。なぜならマクドナルド妙典駅店の言い分が正しいとは限らないからです。
 
客の男がビッグマックを注文したところ、店員が「は? 単品?」といかにもバカにしたように言い、客が口の利き方をたしなめたところ、「貧乏人のくせに人に説教か」などと暴言を吐き、言い争いとなって、客が帰ったあとも店員は腹立ちが収まらないために、防犯カメラの写真を嘘とともに張り出したということも考えられます。
つまりこの時点では、どちらが正しいかわからないのです。警察が捜査して、双方の言い分や目撃者の証言などを踏まえた上で判断し、それから情報公開という手順になるべきです。
 
実際のところは、たぶんマクドナルド 妙典駅店の言い分が正しいのでしょうが、こういうことが許されると、人を陥れようとして嘘の情報を流す人がでてくるものです。そして、そのときに「この情報は怪しいのではないか」という声は、「悪いやつをやっつけろ」という声にかき消されがちです。最終的にそれが嘘だとわかって、嘘の情報を流した人が罰されたとしても、ネットの嘘情報はなかなか消せないので、被害者はたまったものではありません。
 
今の犯罪報道は、ローマ時代のコロシアムみたいに大衆の娯楽になっています。今回のメガネ店やマクドナルド店のやり方はそれに便乗したものです。
 
便乗したといえば、芸能人の犯罪を大げさに騒ぎ立てる芸能マスコミもそうです。結果的に不起訴になる件を平気で有罪扱いしています。
 
そして、「共謀罪」だか「テロ等準備罪」だかをつくろうとしている政府も同じです。国民はそんな新しい罪をつくる必要は感じていないのに、警察の権限拡大のためにつくろうとしているのです。
 
個々の犯罪を罰するのはゴキブリをたたいているようなものです。
ゴキブリをたたき殺すと達成感があるかもしれませんが、それよりも家を清潔にしたほうがいいのは言うまでもありません。