森友学園の籠池泰典理事長の証人喚問は、安倍政権にとってはとんだ藪蛇でした。これで安倍政権が崩壊するかもしれません。
 
振り返ると、私は最初のうち森友学園問題の深刻さを理解していませんでした。そのため、安倍政権の対応が不可解に思えたものです。
 
たとえば、安倍首相は国会答弁で「私や妻が関係していたということになれば、私は間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」と語りました。唐突な感じでしたし、そこまで言わなくてもいいんじゃないかと思いました。
しかし、その後も安倍首相は森友学園問題になると、やたらに感情的になり、恫喝的な発言を繰り返しました。
つまり、安倍首相はこの問題の深刻さを理解していて、なんとしても拡大を抑えたかったのです。
 
それは稲田防衛相も同じです。稲田防衛相は「森友学園の顧問弁護士だったこともないし、裁判に出たこともない」と断言したため、裁判記録が出てきて、謝罪に追い込まれました。「裁判に出た記憶はない」と言っておけばいいものを断言したのは、どうしても自分は無関係だと主張したかったのでしょう。
 
一方、麻生財務相は、森友学園問題の審議中にニヤニヤすることが多くなりました。安倍政権が崩壊すれば自分にお鉢が回ってくるとでも思っていたのでしょう。
 
つまり政権中枢は、森友学園問題は政権崩壊につながるほどの深刻なことだとわかっていたのです。
財務省が書類を廃棄したと主張し、与党が参考人招致を拒否し続けたのも、問題が深刻なゆえです。
 
つまり政権は必死で問題の封じ込めをはかってきたのですが、籠池氏を追い詰めすぎて、窮鼠猫を噛むで反撃してきたのが誤算でした。
 
 
今は完全に堤防が決壊した状態です。
昭恵夫人の付き人の谷査恵子氏からのフアックスが決定的な証拠です。政権は「谷氏と籠池氏が直接やりとりして昭恵夫人は無関係」という理屈で乗り切ろうとしていますが、そんなことはあるはずがなく、しかも籠池氏の証言とも矛盾します。
 
100万円の寄付金については、昭恵夫人が証人喚問のあった日にFacebookにコメントを発表し、否定していますが、このコメントは嘘っぽいということを弁護士の渡辺輝人氏が指摘していて、なかなか説得力があります。
 
安倍昭恵氏のフェイスブックでの釈明文の分析と証拠価値
 
政権は昭恵夫人と籠池諄子夫人がやりとりしたメールを公表しました。谷氏のフアックスから関心をそらせるためと思われますが、昭恵夫人と諄子夫人が深いレベルでつながっていることがわかり、またワイドショーに燃料を投下するようなものですから、逆効果でしょう。
 
 
問題はこれだけで終わるとは思えません。
というのは、谷氏のフアックス程度のことなら、昭恵夫人個人の問題として、安倍政権と切り離すことが可能だからです。安倍首相が「私や妻が関係していたということになれば、私は間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」と言ったのは、もっと大きい問題があるからに違いありません。
 
そういえば、籠池氏と面談した直後の菅野完氏が「籠池さんが持っている物が全部出てきたら、内閣が2つ分ぐらい飛ぶと思うんです」と言っていました。
今後の展開が楽しみです。