安倍首相が5月3日に発表した「九条3項加憲論」が意外な波紋を広げています。
 
安倍首相の加憲論は、「九条1項、2項を残しつつ、自衛隊が違憲となる疑いをなくすように3項を追加する」というものですが、戦力不保持はそのままで自衛隊を合憲にするというのは、どう考えても不可能に思えます。
だいたい安倍首相は3項にどういう条文を追加するのかなにも言っていません。せいぜい1行か2行ですから、考えるのは簡単です。言うと不可能がバレてしまうからでしょう。
 
ところが、3項の条文は不明なまま「3項加憲論」についての議論が盛り上がり、各新聞社がそれについての世論調査をしていますが、その結果はバラバラです。肝心の条文が不明なので、調査の仕方が各社でバラバラだからです。
 
憲法九条を守りたいという人たちも、安倍首相の加憲論に過剰反応しています。安倍首相に具体的な3項の条文を示させて、それから反対すればいいのです。
 
調べてみると、「九条3項加憲論」というのは、日本会議常任理事で安倍首相のブレーンでもある伊藤哲夫氏が「明日への選択」169月号で“自衛隊条項の戦略的加憲”として発表したものがもとになっているようです。

伊藤氏はちゃんと3項の条文も具体的に示しています。それはこのようなものです。
 
 
九条
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
3.但し前項の規定確立された国際法に基づく自衛ための実力の保持を否定するものではない。
 
 
この3項によって自衛隊が合憲となるという理屈です。
しかし、「戦力」は保持しないが「実力」は保持するというのは、結局言葉の遊びです。
「確立された国際法に基づく」というフレーズもごまかしとしか思えず、憲法に書き込む言葉ではありません。
 
私は安倍首相のためにもうちょっとましな3項の条文を考えてみました。安倍首相は「自衛隊を明文で書き込む」ということを言っているので、それに配慮しています。
 
3.自衛のための軍備として自衛隊を保有する。自衛のための軍備は戦力に当たらない。
 
このほうがすっきりしています。
これはもっとシンプルにすることもできます。
 
3.国を守るために自衛隊を保有する。自衛隊は戦力に当たらない。
 
もっとも、これも結局言葉の定義を変更することによるごまかしです。
稲田防衛相が南スーダンでの「戦闘」を「武力衝突」と言い換えたのと変わりません。
 
 
ともかく、改憲論は、改憲する条文を具体的に示して議論することがたいせつです。
 
私の見るところ、改憲派は条文を具体的に示されると、夢から覚めて改憲の情熱を失うようです。
たとえば、自民党は改憲草案をつくっていますし、九条についても具体的に条文を示していますが、これはまったく顧みられません。
読売新聞は「憲法改正試案」を発表し、産経新聞も「国民の憲法」を発表していますが、誰からも無視されています。
 
ですから、安倍首相の今回の「九条3項加憲論」も、条文が明示されると、結局はごまかしにすぎないことが明らかになり、改憲派はやる気を失うはずです。
 
改憲派にとっての改正憲法は、永遠につかまえられない「青い鳥」です。