堀江貴文氏がヒトラーの絵が描かれたTシャツを着てNHKの番組「ごごナマ」に出演し、騒ぎになっています。
 
その日、たまたま私はめったに見ない「ごごナマ」にチャンネルを合わせ、ホリエモンが出ているなと思い、それよりも船越英一郎氏がなにごともなさそうな顔で司会をしているのに驚きました。そして、ホリエモンが着ているTシャツに、どう見てもヒトラーとしか思えない絵が描かれているのが気になりました。
ただ、その絵の横になにやら文字が見えます。しかし、Tシャツがよじれて、ホリエモンの腹も出ているので、なんと書かれているのか読めません。ヒトラーの顔が描かれただけのTシャツなら、さすがにNHKのスタッフが止めるはずです。なんという文字が書かれているのか気になりましたが、そのときは確かめる前にチャンネルを変えてしまいました。
 
その後、このTシャツのことが騒ぎになり、ヒトラーが「NO WAR」と叫んでいる絵だということがわかりました。
 
そのTシャツの写真入りの記事はこちら。
 
ホリエモンがヒトラーTシャツ着用でNHKが謝罪⇒堀江氏は「頭悪いな」 船越英一郎司会の「ごごナマ」出演
 
NHKは謝罪しましたが、ホリエモンは謝罪していません。
ホリエモンは、このTシャツは反戦のメッセージだと主張しています。この主張は正当でしょうか。
 
 
まず言えるのは、絵と文字では、絵のほうがメッセージ性が強いということです。誰でも「NO WAR」の文字よりもヒトラーの顔のほうが印象づけられます。
 
それから、ヒトラーは実際に「平和」や「戦争は望まない」ということを叫んでいました。
そもそもどんな国の指導者も「戦争を望む」とは言いません。
そのことは、このサイトにも書いてあります。
 
戦争において、国家は必ず国民に嘘を付く
ヒトラーの演説でも「平和」を連呼していた
 
ですから、「NO WARと叫ぶヒトラー」の絵は、実際のヒトラーを描いているだけなので、反戦メッセージにはなりません。
 
その絵にメッセージ性を持たせようとしたら、「NO WARと叫ぶやつを信用するな」といった言葉をつけなければなりません。
あるいは、「NO WARと叫ぶヒトラー」の絵と「積極的平和主義と叫ぶ安倍首相」の絵を並べるという手もあります。
 
ホリエモンはツイッターで「どっからどう見ても平和を祈念しているメッセージTシャツにしか見えないだろこれ笑」と書いていますが、平和を祈念する人はヒトラーの絵は使いません。
ガンジーがNO WARと叫んでいる絵なら平和のメッセージになりますが、ヒトラーの言葉では信用できません(ホリエモンは信用できるのでしょうか)。
このTシャツを着たホリエモンは、「ヒトラーは平和を望むよい人間だった」と訴えようとしているヒトラー崇拝者だと思われるでしょう。
 
実際のところはどうかというと、ホリエモンは新自由主義的で、弱肉強食を肯定するような発言を繰り返しています。
それに、2015年に「我が闘争」(幻冬舎刊)という本を出しています。
やっぱりホリエモンはヒトラー崇拝者でした。