ようやく稲田朋美防衛相が辞任しました。問題発言や問題行動を連発しても、そのことよりもファッションや化粧のほうに気が向いているような、おかしな人でした。
なぜこういう人が出世したかというと、ひとえに安倍首相の引きがあったからです。
 
安倍首相と稲田氏は思想的にきわめて近いとされます。
どういう思想かというと、次の記事が物語っています。
 
 
「東京裁判史観の克服のため」 稲田防衛相が雑誌に寄稿
 稲田朋美防衛相が4月に亡くなった保守派の論客・故渡部昇一氏の追悼文を月刊誌「月刊Hanada」(7月号)に寄稿。「(渡部)先生のおっしゃる『東京裁判史観の克服』のためにも固定概念にとらわれず、『客観的事実はなにか』を追求する姿勢を持つことが大切だ」と持論を展開した。
 渡部氏は、稲田氏の後援組織「ともみ組」の会長だった。月刊誌の追悼特集に寄せた文章で稲田氏は、会長就任の経緯を回顧。「どうしても会長になってもらいたいと言い出したのは、『ともみ組』の命名者である夫」と明かした。
 そのうえで渡部氏が「ともみ組」のパンフレットに寄せた「日本の政治家に今一番必要なのは東京裁判史観を破砕する知力を基礎にした勇気である」という一文を改めて詳述して紹介。稲田氏は渡部氏の言葉に応じる形で、「『東京裁判史観の克服』のためにも固定概念にとらわれず」などと記した。
 稲田氏は9日の閣議後会見で寄稿の内容について質問され、「防衛大臣として先の大戦の認識を問われると、昨年の8月14日の総理談話で述べられている通り」「(自分を)歴史修正主義者とは思っていない」などと釈明した。
 稲田氏は防衛相就任以前にも保守系雑誌などに頻繁に登場。「子ども手当分を防衛費にそっくり回せば、軍事費の国際水準に近づきます」「長期的には日本独自の核保有を国家戦略として検討すべきではないでしょうか」「文科省の方に『教育勅語のどこがいけないのか』と聞きました」などと持論を展開。これらの言動は政府見解から逸脱するとして、国会で野党の追及を受けている。
 
 
「東京裁判史観の克服」というのは、要するに「戦前回帰」であり、軍国日本を理想化する「歴史修正主義」でもあります。
 
しかし、東京裁判はアメリカ主導の連合国が行ったものですから、「アメリカへの挑戦」でもあります。
これは容易なことではないので、渡部昇一氏も「日本の政治家に今一番必要なのは東京裁判史観を破砕する知力を基礎にした勇気である」と言っているわけです。
 
では、稲田氏にその知力や勇気があるかというと、まったくありません。
稲田氏は防衛大臣になって、アメリカと交渉する機会も多く、アメリカで講演をしたこともあります。そうしたときに自分の政治信条を表明すれば、日本国民に訴えることにもなりますが、なにもやっていません。国内の保守系雑誌になにか書くぐらいです。
渡部先生も草葉の陰で嘆いておられることでしょう。
 
これは安倍首相も同じです。
安倍首相は稲田氏と思想が同じですが、新安保法制や共謀罪や沖縄基地問題などで対米従属政策を進めるばかりです。
 
稲田氏も安倍首相も、アメリカと戦っても勝ち目がないとわかっていて、その点では賢明であるかもしれません。
 
 
賢明でなかったのは、政権を取ったときの民主党でした。
鳩山政権は普天間基地問題で「最低でも県外」を目指して、アメリカと衝突しました。
 
これは渡部氏が求めたことと方向性が違いますが、実現するには知力と勇気が必要なことは同じです。
しかし、鳩山首相には知力も勇気もなくて、アメリカに完敗しました。
 
そして、民主党政権は失敗し、民主党には負け犬のイメージがついて、それは党名を変えても変わりません。
蓮舫代表が辞任したのも、根本原因はそこです。
 
稲田氏と蓮舫氏が続けて辞任したので、“ガラスの天井”ということも言われていますが、少なくとも稲田氏の辞任は個人の資質の問題でしょう。
 
ただ、“ガラスの天井”はともかく、“アメリカのガラスの壁”があるのは確かです。
 
民主党政権はこの壁にぶつかって失敗し、安倍政権は壁にぶつからないようにして、政権の長期化に成功しています。
というか、自民党は本質的にアメリカの壁にぶつからない政党です。
 
 
これから民進党の次期代表選びが行われますが、“アメリカのガラスの壁”にどう対応するかがいちばんのテーマになるべきです。
自民党的でない政治を目指すなら、この壁にぶつかるしかありません。