日馬富士による貴ノ岩暴行事件が妙にこじれています。
 
こうした上から下への暴力、いわゆる体罰は、秩序維持に役立つので、体制側の人間は肯定的です。相撲協会にもそういう人が多いでしょう。その思いが言葉の端々に出るので、問題がこじれます。
それに、子どものころの体罰で心と脳に傷を負った人も多くいて、そういう人も感情的になって問題をこじらせます。たとえば、ボクサーのトレーニングと暴力の区別もつかない松本人志氏もそうです。
 
そして、貴乃花親方もまたそうであるようです。
母親の藤田紀子さんが語っています。
 
 

藤田紀子貴乃花親方が受けていた体罰を明かす「かわいそうでした」

5日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、藤田紀子が、息子である貴乃花親方が受けていた体罰について明かした。
(中略)
続けて藤田は、貴乃花の現役時代について、横綱であっても過ちを犯せば、若い衆の前で親方に殴られていたことを明かした。藤田は「あんまり体罰がすごいので」と語っており、横綱という体裁を配慮してほかの力士から見えない所に連れて行くように親方に注文づけた程だったとか。藤田は「かわいそうでした」と振り返っている。
 
また、力士は外出時に着物の着用が決まりになっているそうだが、貴乃花は、まげを結ったまま洋服で出歩き、しかも写真週刊誌にも撮られてしまった過去があるとのこと。藤田は「それ(週刊誌)を見た親方の怒りがすごかった」「横綱であろうが、殴り飛ばしていました」と語り、共演者から驚きの声が漏れていた。
 
 
これは貴乃花親方が横綱時代のことを語っていますが、「横綱であっても」という表現から、体罰は横綱になる前からあったと考えられます。
貴乃花親方は、小学校のときから父親のもとで相撲をしていますから、幼いころから体罰を受けていた可能性があります。
そうだとすれば、心と脳にそうとうなダメージを受けているはずです。
学校の運動部で体罰を受けた場合は、家庭で救われるということがあります。しかし、実の父親からの体罰ですし、稽古場と家庭が一体ですから、救われる場所がありません。
 
 
現在、貴乃花親方は相撲協会や世間に対してほとんどなにも語らず、ひじょうに不可解な態度をとっています。
貴乃花親方は相撲界の改革を目指しているとされますが、改革について具体的に語るわけではありません。
週刊誌などは、「ガチンコ」という言葉を使って、暗に貴乃花親方は相撲界の八百長を告発しようとしているのだという記事を書いています。しかし、ほんとうに八百長を告発しようとするなら、動かぬ証拠をにぎらないとうまくいきません。貴乃花親方の態度を見ると、そういう戦略もなさそうです。
 
また、貴乃花親方が極右思想を持っているという一部報道もあります。
 
週刊朝日が全文を掲載したメールの中で、貴乃花親方は相撲協会のことを「陛下のお言葉をこの胸に国体を担う団体」と表現。また、「角道、報道、日本を取り戻すことのみ私の大義であり大道であります」との一文もあった。
 
 
貴乃花親方は父親に虐待されたことから相撲界に対して複雑な感情を持っていて、それで貴乃花親方自身が問題をこじらせているのではないかと思われます。
 
われわれはなにかの対立を見ると、どちらが正しいのだろうと考えます。しかし、暴力団同士の抗争を見ればわかるように、実際はどちらも正しくないことが多いものです。
 
今回の貴ノ岩暴行事件を巡る騒動も同じです。
相撲界やその取り巻きに正しい方針を示す人が一人もいません。
「アウトレイジ」のキャッチコピーと同じく「全員悪人」です。
この問題にかかわるのは時間のむだと思います。