森友学園に関する決裁文書改ざんがなぜ行われたかについて、麻生財務相は佐川氏の国会答弁と整合性をはかるためと言いました。
その後の政府側の答弁も同じようなものです。
 
整合性をはかるなら、佐川氏の虚偽答弁を修正して決裁文書に合わせるべきです。なぜ逆方向に合わせたのでしょうか。
それに、なぜ佐川氏が虚偽答弁をしたのかについての説明がありません。
そのため、安倍政権支持派のテレビコメンテーターなども「私もわかりません」を連発しています。
 
辻褄が合わないことなどおかまいなしに、佐川氏にすべての責任を負わせようというのが安倍政権の方針です。
佐川氏は、10年分割払いの契約なのに成約してすぐに交渉記録は全部廃棄したと言い、交渉記録もないのに価格交渉はしていないと言い、まったくありえない主張なのに、強引に言い張ることで安倍政権を守りました。
そのおかげで一時は国税庁長官に出世させてもらいましたが、結局お払い箱になり、さらには犯罪の主謀者にされようとしています。
佐川氏が開き直ったら、安倍政権の主張は崩壊します。
どうなるでしょうか。
 
 
この事件は、もともと国有地の不正払下げという犯罪があって、それを隠蔽するために佐川氏が虚偽答弁をし、さらに決裁文書改ざんをしたというものです(安倍首相が「私や妻が関係していれば総理も議員も辞める」と言ったために、証拠隠滅には首相を守るという理由も加わりました)
ただ、財務省がなぜ国有地の不正払下げという犯罪をしたかについては、少しわかりにくいかもしれません。
 
普通こうした不正は、森友学園側が担当の役人や有力政治家に賄賂を贈ったり接待したりすることで生じるものです。
しかし、今回そうした賄賂はなさそうです。安倍首相などは逆に学園に100万円を寄付しています。
 
この不正は、安倍首相が森友学園に思想的に共鳴して、資金のない学園にどうしても小学校をつくらせたくて指示したものと推測されます。
 
森友学園の籠池泰典理事長が目指したのは、軍国主義教育の小学校をつくることです。
すでにあった塚本幼稚園では、園児に軍歌を歌わせ、教育勅語を暗唱させ、鼓笛隊をつくって制服を着せて行進させていました。これが産経新聞などに取り上げられ、右翼勢力がこぞって森友学園を応援しました。
安倍首相夫妻もそうですし、稲田朋美議員も顧問弁護士をしていましたし、地元の松井大阪府知事、橋下徹氏も思想的に共鳴していたのは当然です。また、多数の右翼文化人が塚本幼稚園に講演にきていました。
 
財務省の現場の担当者は、そうした右翼勢力の圧力で不当値下げをさせられていると思って、昭恵夫人のほかに日本会議やいろいろな政治家の名前を決裁文書の中に書き残したのでしょう。
しかし、「右翼勢力の圧力」というような漠然としたもので財務省が不正をすることはないと思います。
これはやはり安倍首相が当時の理財局長であった迫田英典氏に直接指示したと見るべきでしょう。
 
安倍首相は、軍国主義教育をする小学校をひとつつくれば、それをモデルケースに全国に広げていくことができると考えて、どうしてもつくりたかったのです。
 
したがってこれは、贈収賄などの「利益」を求める犯罪ではなくて、軍国主義教育の小学校をつくりたいという「思想」の犯罪です。
そこのところがちょっとわかりにくいかもしれません。
また、メディアもほとんどそこに触れません。右翼思想と対決することに腰が引けているのでしょう。
 
この事件は、背任罪と同時に、軍国主義教育の学校をつくろうとした安倍首相の「思想」の犯罪としても断罪されないといけません。