佐川宣寿前国税庁長官が3月27日に証人喚問されることになりましたが、これが不発に終われば、次は昭恵夫人の招致が問題になりそうです。
 
改ざんされる前の決裁文書には、「いい土地ですから、前に進めてください」と昭恵夫人が言ったという籠池理事長の言葉が記されています。これに対して安倍首相は国会で、「妻に確認した。『そのようなことは申し上げていない』とのことだった」と答弁しました。
安倍首相のこの答弁に対して誰も疑問をはさまないのは不思議です。
 
夫婦といえども別人格ですから、なぜ安倍首相が代弁するのかという問題がありますし、その代弁の信ぴょう性という問題もあります。
安倍首相が嘘をついている可能性は否定できないので、昭恵夫人本人の口から語ってもらわなければなりません。
代弁が許されるのは、本人が病床にあって公の場で語れないというような事情のあるときだけです。
 
ただ、昭恵夫人は一般人とは違うところがあります。
昭恵夫人は公人か私人かという議論がありましたが、公務員の秘書が何人もついていれば公人でしょう。
いや、ただの公人ではありません。
 
アメリカのまねをして日本でも首相夫人のことをファーストレディということがあります。
これについて菅直人首相夫人だった菅伸子さんは、「日本には皇后陛下がいらっしゃるので、首相夫人をファーストレディというのはおかしい」と言ったことがあって、なるほどと思いました。
ただ、ファーストレディでなくてもセカンドレディぐらいのステータスはあるのではないでしょうか。
首相夫人は外国訪問にも同行し、相手国の元首と晩餐会などで同席します。
これはいわば“貴人”の役割です。
そういうことから、国民もマスメディアも昭恵夫人には敬意を払い、遠慮もしてきました。
 
しかし、貴人というのは御簾の奥に隠れているものです。
ところが、昭恵夫人は居酒屋を経営し、大麻解禁論者と交際したり、沖縄のヘリパッド建設工事現場を訪問したり、さらにはミュージシャンの布袋寅泰氏とキスをしている写真を週刊誌に報じられたりと、首相夫人にはふさわしくない行動もいっぱいしています。
つまり貴人と俗人のふたつの顔を持っているのです。
証人喚問にせよ参考人招致にせよ、国会に引き出して質問を浴びせかけるというのは、貴人に対してはふさわしくありません。そのためこれまで昭恵夫人を招致しろという声はそれほど大きくならなかったと思います。
 
しかし最近、昭恵夫人がフェイスブックで「野党のバカげた質問ばかりで、旦那さんは毎日大変ですね」という投稿に「いいね」を押したということがニュースになり、俗人の面がクローズアップされました。
こうしたことが続くと昭恵夫人を招致しろという声が高まります。
 
先日、産経新聞が昭恵夫人に行動の自粛を求める記事を載せて、安倍応援団だった産経新聞が“昭恵夫人切り”に動いたのではないかと話題になりました。
 
ついに産経新聞が... 昭恵夫人に「今は行動自粛されては」
 
しかし、これは昭恵夫人は御簾の奥に隠れていろという忠告と見るべきでしょう。なにしろ安倍首相は国有地不正払下げに妻が関係していれば自分は首相も議員も辞めると言っているのですから、昭恵夫人が開き直ったら安倍首相はおしまいです。“昭恵夫人切り”ができるはずありません。
 
今後、昭恵夫人を国会招致するか否かが議論になるとき、夫人はファーストレディという貴人か、ただの俗人かという認識が議論を左右するでしょう。
 
 
しかし、ほんとうのところは、昭恵夫人を国会招致する必要などありません。夫人が記者会見を開いて質問に答えればいいだけの話です。
昭恵夫人は講演会に出たり、雑誌のインタビューに応えたりしていますから、記者会見で記者の質問に答えることなどなんでもないはずです。

昭恵夫人はこれまで森友関係についてはなにもしゃべりません。森友学園への100万円の寄付金についても、フェイスブックで否定したきりです。そういうことだから昭恵夫人を国会招致しろという声が出るのです。
 
安倍首相は、昭恵夫人が国会で質問責めにあうところを見たくないなら、昭恵夫人の記者会見をセッティングすればいいのです。
それをしないなら、昭恵夫人も安倍首相も“有罪”と見なされて当然です。