3月27日、佐川宣寿氏は証人喚問に出るために黒塗りのハイヤーで国会に乗りつけました。ついている熊田彰英弁護士は、小渕優子議員や甘利明議員の事件でも弁護を担当した人です。
佐川氏は財務省を退職して退職金と年金が頼りの一般人になったのかと思ったら、安倍政権とがっちり手を組んでいたのでした。
 
佐川氏は「刑事訴追の恐れがあるので」を連発して証言拒否を繰り返しました。
しかし、決裁文書改ざんについて安倍総理、麻生財務相、官邸の指示はなかったと明言しました。それを言うと、刑事訴追の恐れが高まるはずです。
また、「理財局の中で行った」とも述べました。これも自分の罪を重くする話です。
 
要するに自分が罪をかぶって安倍政権を守るという姿勢を貫いたのです。
 
とばっちりをこうむったのが、理財局の人たちです。
佐川氏は自分の同僚や後輩を後ろ脚で踏みつけて出ていった格好です。
 
理財局に全部の責任を押しつけるというシナリオは、官邸が財務省の上層部を完全に掌握しているから書けたものです。
しかし、このシナリオは、大阪地検特捜部がまともな捜査をすれば、すぐに崩れるものです。
ということは、官邸は検察まで掌握しているということなのでしょうか。気になるところです。
 
 
佐川氏の証人喚問を見て思ったのですが、この人は嘘つきの天才です。
普通の人は、嘘をつくとき、うしろめたさが態度に出てしまいます。しかし、佐川氏は嘘をつくとき、きっぱりと言い切るのです。
そのため、聞いているほうはなんとなく納得させられてしまいます。
 
昨年の2月3月ころ、佐川氏は「交渉記録はすべて廃棄した」「規則により保存は1年未満。適正に処理した」「価格交渉はしていない」と言い張りました。
どう考えてもおかしな話なのですが、あまりにもきっぱりと言い切るので、そのまま通ってしまいました。
 
おそらくこのとき、官邸や財務省はこのやり方にあまり自信はなかったはずです。思いのほかうまくいったというところでしょう。
しかし、あいまいにごまかすという嘘のつき方ではなくて、断言するという嘘のつき方であったために、あわててその嘘に合わせて決裁文書の改ざんをしたわけです。
 
佐川氏がなまじ嘘つきの天才であったために、事態が悪いほうに拡大してしまいました。
 
そして、今回の証人喚問での佐川氏も、何度も断言をしました。それは各方面から徹底的に検討されて、すでにほころびがいっぱい見えています。
 
 
一方、安倍首相は下手な嘘つきです。
安倍首相が嘘をつくときは、やたら感情的になったり攻撃的になったりします。
「私や妻が関係していれば総理大臣も国会議員も辞める」と言ったのがその典型です。

菅官房長官は反対に、まったく感情をまじえずに嘘をつく人です。
 
悪事をしても嘘をつき通せばいいというのが安倍政権のやり方です。
しかし、財務省の人たちは悪者にされて黙っているでしょうか。
嘘の戦線を拡大しすぎて、破たんの日が近づいていると思えます。