財務官僚は、頭はよくても想像力は足りないようです。
財務省は公文書改ざん問題についての調査結果を発表しましたが、嘘のつき方があまりにもへたくそです。
 
公文書改ざんは誰がやらせたのか――ということが問題になっています。
推理小説なら、公文書改ざんをする動機がある人間は誰かと考えて、犯人を絞り込みます。
この場合は簡単です。公文書改ざんで得をするのは安倍首相しかいません。安倍首相は国有地払下げに私や妻が関係していれば首相も議員も辞めると言いました。佐川氏の虚偽答弁と公文書改ざんのおかげで安倍首相は今も首相を続けていられるのです。
 
しかし、財務省は主犯は安倍首相であるという事実をなんとしても隠さなければなりません。
そこで、佐川氏を主犯に仕立て上げました。ところが、動機にまで考えが及んでいないのです。
名探偵が「犯人は佐川だ」と言ったものの、動機を示すことができないという推理小説があったら、読者は金返せと言いたくなります。財務省の調査結果はそういうものです。
 
もっとも、世の中には動機なき犯罪というのもあります。たとえば愉快犯といって、犯罪そのものを楽しむものです。殺人だと快楽殺人といいます。殺人そのものに快楽を感じるわけです。
しかし、佐川氏は虚偽答弁や公文書改ざんそのものを楽しんでやっていたのだという説明は、さすがにむりがあるでしょう。
 
ですから、財務省は佐川氏を犯人にするなら、動機もちゃんと考えておかなければなりません。
財務省が考えないので、私が代わりに考えてみました。
 
やはりきっかけは、安倍首相が自分や妻が関係していたら首相も議員も辞めると言ったことです。
佐川氏はきわめて小心で神経質な性格で、もし自分が答弁で言い間違いをしたために安倍首相が辞任することになったらたいへんだと思い、交渉記録をすべて捨てたことにして、具体的な答弁をしないことにしました。国会で野党に責められるうちに心理的に追い詰められ、決裁文書のなんでもない記述まで気になり、すべて改ざんするように指示しました。すべて佐川氏の異常心理のせいでした――。
 
別のやり方もあります。
佐川氏はきわめて野心的な性格でした。事務次官への出世がむずかしくなり、妻からも期待外れだと責められていたところ、安倍首相の発言がありました。佐川氏は安倍首相に忠誠を尽くす姿を見せれば事務次官への出世が叶うかもしれないと思い、必要もないのに虚偽答弁をし、決裁文書改ざんを指示して、自分の働きをアピールしました――。
 
あまり説得力はありませんが、動機を示さないよりましです。
財務省は佐川氏が主犯だという嘘を書いたのですから、動機も嘘を書くべきでした。
 
 
今後、佐川氏はまた証人喚問されるかもしれません。今度は刑事訴追の恐れを理由に証言拒否をするわけにいきません。改ざん指示の動機を問われたら、なにか言わないわけにいかないので、今から考えておいたほうがいいでしょう。
もっとも、嘘は具体的につけばつくほど、つじつまが合わなくなるものですが。