「遊んでばかりいないで勉強しなさい」というのは親の子どもに対する常套句です。
なぜ勉強しないといけないのか――というのは誰もが感じる疑問でしょうが、それ以前に、なぜ遊びと勉強があって、両者は対立する関係にあるのでしょうか。
 
いうまでもなく勉強させられるのは人間の子どもだけです。
犬の子や猫の子を飼ったことのある人はわかるでしょうが、彼ら彼女らは遊んでばかりいます。
 
猫の遊びというと猫じゃらしです。猫じゃらしを動かすと、つかまえようと飛びかかります。
これはもちろん無意味な遊びではなく、明らかに狩りで獲物を捕まえる練習です。
 
複数の猫がいる場合は、しばしば家中を走り回って取っ組み合いをします。これはまるで喧嘩をしているようですが、よく見ると、追いかけたり追いかけられたりと役割を交代しているので、遊びとわかります。これももちろん獲物を追いかけて捕まえる練習です。
 
それから、物陰に隠れて、突然人間を襲撃するということもします。じっと身構えて、突然ダッシュするということもします。これらも狩りの練習であることは明らかです。
 
高いところに飛び乗ったり、飛び降りたり、そのほかさまざまな動きをするのも、運動能力を高めることに役立ちます。
 
つまり猫の遊びというのは、ほとんどが狩りに役立つことばかりです。
 
犬も同じようなものです。
犬の場合は猫じゃらしのようなものではなく、ボールやフリスビーなどを追いかける遊びを好みますが、これは犬の祖先の狼が草原で狩りをしていたからです。
犬はよく物をかんで、スリッパや靴をだめにしたりしますが、犬は爪の威力はあまりなくて、もっぱらかむ力で獲物を仕留めます。物をかむことでかむ力が鍛えられます。
 
もちろん犬も猫も目的意識を持ってやっているわけではありません。その行為が楽しくてやっているのです。ですから、遊びです。
遊んでいるうちに生きる能力が身につくわけですから、遊びと勉強が一致していることになります。
 
 
人間も狩りをするサルですから、狩猟採集社会では遊びと勉強が一致していたはずです。
子どもの遊びの代表的なものに鬼ごっこがあります。オニが子を追いかけてつかまえるというものですが、これも狩りの練習です。
 
ちなみに狩りというのは、探索・発見・追跡・格闘・捕獲という要素から成っています。
遊びにはこの要素のいくつかが必ず入っています。テレビゲームなども同じです。
 
文明が進むとともに、子どもは遊んでばかりいられず、読み書きをさせられ、兵士になる訓練をさせられるようになりました。
つまり遊びと勉強の分離です。
 
近代産業社会では勉強の量があまりにも増大し、そのため遊びが極端に迫害されています。
しかし、遊びが人間の基礎をつくるということは今も変わらないはずです。
 
それに、ビジネスというのは狩りときわめて似ています。
なにかもうかることはないかと探索し、もうかりそうなことを発見し、追いかけ、ライバルと格闘し、もうけを捕獲するというのがビジネスです。
ですから、遊びをすることはビジネスにも役立つはずです。
 
また、勉強を遊びすなわち狩りのようにするということも考えるべきです。
たとえばゲーム感覚で勉強ができるアプリというのもできています。
 
子どもに「勉強しろ」ばかり言っていればいいというものではありません。