八方ふさがりの安倍外交ですが、突破口を見つけたのでしょうか。
安倍首相は1114日、訪問先のシンガポールでロシアのプーチン大統領と会談したあとの記者会見で、 1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速させることで合意したと述べました。
「日ソ共同宣言を基礎に」とは二島返還という意味です。日本が二島で納得するなら現実味のある話になります。
 
しかし、二島返還にせよ実現するにはハードルが高そうです。
 
まずロシア側の問題があります。
プーチン大統領はさっそく「日ソ共同宣言には日本に島を引き渡すとは書かれているが、どの国の主権になるかは書かれていない」「歯舞と色丹の二島を日本に引き渡したとしても、必ずしも日本の領土とはならない」などとおかしなことを言っています。
二島を高く日本に売りつけるつもりなのでしょう。
これからの交渉がたいへんです。
 
 
それから、アメリカ側の問題があります。
プーチン大統領は北方領土返還ができない理由として、返還するとそこに米軍基地ができる可能性があるからだと前から述べていました。今回安倍首相は、返還されても米軍基地を置くことはないとプーチン大統領に伝えたということです。
ということは、安倍首相はアメリカと交渉して内諾を得ているのかと思いましたが、その後の報道を見ていると、そういうことではなさそうです。
 
「アメリカが基地をつくりたいと言っても、日本が拒否すればいいだけの話ではないか」と思われるかもしれませんが、属国である日本に拒否権はありません。もしあったら、プーチン大統領もそんなことは言いません。
 
このへんことは次のサイトに詳しく書かれています。
 
なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟
 
安倍首相はトランプ大統領との個人的なつながりで話をつけられると見たのかもしれません。
しかし、そうするとトランプ大統領は得意のディールで見返りを求めてくるでしょうから、こちらでも高くつきそうです。
 
 
それから、日本国民を二島で納得させるという問題があります。
 
これまで政府は「北方領土は国後、択捉、歯舞、色丹」と繰り返し、「北方四島」という言い方もしてきました。
安倍首相も「日ソ共同宣言を基礎に」と言いながら「二島」とは明言していません。ここにごまかしがあります。
「二島先行返還」という言葉もあります。これだと「先行」のあとがあるのかと思わされますが、これもごまかしです。
鈴木宗男氏は「二島+α」という言い方をしますが、これも同じです。
四島を二島と二島に分けて返還するなどはありえません。二島返還は二島だけで終わるに決まっています。
 
そもそも日ソ共同宣言では「歯舞、色丹」の二島だったのに、なぜ政府は「北方領土は国後、択捉、歯舞、色丹」というようになったのかというと、これには「ダレスの恫喝」があったからだとされています。
アメリカは日本がソ連と平和条約を締結するのを阻止したかったのです。
日本は恫喝に屈して、平和条約締結を六十年余りも棚上げにしてきました。
棚上げにする理由が領土問題です。
 
サンフランシスコ講和条約で日本は千島列島を放棄しました。このことを否定する人はいません。
グーグルマップで見るとわかりますが、千島列島はひとつの列になっていて、「国後、択捉」はその列の中にあり、南千島と呼ばれてきました。
「歯舞、色丹」は根室岬の先にあって、別の列をなしています。
ですから、「歯舞、色丹」は千島列島ではないという主張はそれなりに妥当と思われます。
しかし、「国後、択捉」が千島列島ではないという主張は、どう考えてもむりがあります。
 
ところが、日本政府は「国後、択捉」は千島列島には含まれない「固有の領土」であるとして、四島返還を主張してきたのです。
これは詭弁である上に日ソ共同宣言にも反するので、日ソ関係がうまくいかなくなるのは当然です。
 
しかし、冷戦も終わり、安倍首相は「戦後レジームからの脱却」を目指しているのですから、四島返還などという不当な要求を取り下げるのは当然です。
ただ、その場合、安倍首相は「これまで日本政府が国後、択捉は千島列島に含まれないと主張してきたのは間違いでした」と言って、国民に謝罪しないといけません。
そうすると国民も二島返還で納得するはずです。
 
ところが、今のところ安倍首相は「二島先行返還」といった言葉を使ってごまかすつもりのようです。
嘘に嘘を重ねる「戦後レジーム」はまだまだ続きそうです。