人間は30歳ごろまでに音楽の好みが固まって、新しい音楽を探すのをやめるそうです。また、60%の人は普段聴いている同じ曲を何度も聴いているだけだそうです。フランス発のストリーミング・サービス「ディーザー」がイギリスのリスナー1000人を対象にした調査から明らかになりました。
https://shugix.hatenablog.com/entry/人は30歳で新しい音楽の探求をやめる…音楽的無気力
 
このことは自分自身を振り返っても納得がいきます。好奇心は年をとってもあまり変わりませんが、新しい音楽を聴いてもそれほど感動することはなくなります。ただ、懐かしい音楽を聴くと昔と変わらない感動が甦ってきます。
そして、イベントの感動も音楽の感動と似ているのかもしれません。
 
2025年の万博の開催地が大阪に決まりました。55年ぶりの大阪万博です。
2020年には56年ぶりの東京オリンピックが開催されます。
 
1回の東京オリンピックのとき、私は中学2年生でした。当時の日本人は、これを成功させれば日本は一流国の仲間入りができるのだということで大いに盛り上がりました。それは感動的な体験だったと思います。
大阪万博については、私自身は東京オリンピックの二番煎じだと思いましたが、ほとんどの日本人は盛り上がっていました。
「万博世代」という言葉があって、当時中学生ぐらいだった世代を指す言葉です。中学生のころにああした大きなイベントがあると、とりわけ鮮烈な体験になるようです。
東京オリンピックと大阪万博は、青年期であった戦後日本にとって、とりわけ感動的な成功体験でした。
 
現在の日本は明らかに老年期です。新聞には介護や認知症や安楽死などの記事が目立ち、若い世代は片隅に追いやられています。
そして、社会の中心にいる老人たちがかつての感動を再現しようとして企画したのが、2度目の東京オリンピックと大阪万博です。
これは年寄りにとっての“懐メロ”です。
 
問題は、若い世代が東京オリンピックと大阪万博に感動できるかということです。
今のオリンピックは完全に商業主義のイベントになっています。万博はなんのためにやるのかわからない時代遅れのイベントです。
 
いや、年寄り世代にとっても、思惑通りの“懐メロ”になるとは限りません。東京オリンピックも大阪万博も、成功するかどうかわからない初めてのことに挑戦したから感動があったのです。
2度目の東京オリンピックと大阪万博については、挑戦の要素はまったくありません。もはやルーティンワークの範疇です。
 
東京オリンピックも大阪万博も、企画する側のタテマエとしては、日本を盛り上げようということでしょう。
そのとき、新しいことに挑戦するのではなく、“懐メロ”のほうに行ってしまったわけです。
感動よりも利権が目的なので、それでいいのでしょう。
これが今の日本の限界です。